ローン金利

住宅ローンの金利について。これから景気が良くなり金利が上昇してい...ローン金利

住宅ローンを長期固定金利で2000万円借りていて、年の金利が3%で(60万円)とします。
ここで繰り上げ返済可能な資金が溜まったとします。
国家債務膨張により、今後金利が暴騰することがあった場合、この2000万円は返済せずに置いておくと、お宝ローン(運用金利との差額が儲かる)となる可能性があるかと思います。
とはいえ、いつ金利高騰が起こるかわらかず、それまで高い金利を払い続けるのも結構なコストです(年約60万円)。
そこで、以下アイデアを思いつきました。
(橘玲氏著の「資産防衛マニュアル」を読んで)1)ローンは全て繰り上げ返済(以降年約60万円の金利を払わなくて済む)2)その代わり、以降支払っていたはずの金利(約60万円)分の「国債ベア」を毎年買っていく。
「国債ベア」は金利高騰がなければ、時間とともに価値が通常減っていきますがゼロにはなりません。
一方で、金利暴騰した場合は、数倍から数十倍に値上がりすることがありえます。
つまり、金利暴騰に備えた保険(または宝くじ)として、「固定金利長期ローン」はやめて「国債ベア」に乗り換えたほうが、コストもリターンともに条件が確実に良くなるはず。
という発想ですが、何か見落としている気もします。
(両者を金融商品として考えた場合、「確実に良くなる」ということは理論上有りえない気もするという点で)皆様のご意見をお聞かせ下さい。
※なお、金利暴騰など起こらないというご回答は固くお断りします。
起こるかどうかを議論するつもりはりませんので、宜しくです。

質問者様の住宅ローンを固定金利にて返済という点は、これからの金融乱世においては正解だと思います。
2000万円とはいいませんが、ある程度のまとまった金額を手元に置いておいて、市場金利がローン金利より上がったら運用で返済したほうが確かにお得感は出ると思います。
現在のアベノミクスの終末がどうなるかにもよりますが、いずれ金利が高騰することは避けられないと思います。
それは日銀が出口のない国債買い入れ政策に巻き込まれ、売るに売れない、売れば金利上昇という八方ふさがりの状態になるのは目に見えています。
ということで今後長期金利が上昇するという質問者様の予想には私も同感です。
では次に手元にある資産を国債ベアにて運用したらどうかという点ですが、質問者様は1点だけ大きなリスクを見逃していると思います。
つまり国債の金利がベアで大幅な利益が出るほど上昇したときに、日本の財政において何が起こるかという点です。
世の中には日銀が国債を100%引き受けるから財政破綻はないという意見もあります。
仮に金利が3%あたりまで上昇したとすると、37兆円ほどの税収しかない日本が金利だけで毎年30兆円近い負担を強いられるのです。
日銀が国債を100%引き受けて金利上昇分まで政府の財政の穴埋めをするようになったとき=日銀による政府の財政ファイナンスとして世界中の投資家から円の信用を失う事態になると思われます。
おそらく1ドル200円程度ではすまされないと思います。
そうなったとき日本政府の財政、貿易、国内経済は破綻すると思われます。
日本の外貨準備金などは数ヶ月で無くなり、IMFなどから援助を受けないとエネルギーの輸入すらできない状態になるかもしれません。
上記のような財政悪化は放置されるわけはなく、いずれ国家破綻という形で、国債などの債券はすべて紙くずにされる可能性が高いと思われます。
そのときには国債ペアとて高見の見物で無傷というわけにはいかないでしょう。
政府が非常事態なわけですから徳政令(財産税)なども十分考えられるので、現金、証券、債券などの金融商品は根こそぎ没収されると思ったほうがいいでしょう。
資産防衛として国債ベアは、非常に危険な金融商品であると同時に、国債の金利暴騰=国家破綻の可能性が高いという認識で選ばれたほうがよろしいと思います。
もちろん金利上昇過程で売り抜き、別な形の資産に置き換えるのであれば一角千金は狙えるバクチ商品だと思います。

2013/6/6 18:14:55

住宅ローンの金利について。
借入3800万円、変動金利0.825%。
33年ローン。
不動産が紹介してくれた地方銀行の薦めてくれたローンです。
※他に事務手数料が掛かり100万円弱だそうです。
私の年収は700万円弱、借入金なし。
質問:この金利は妥当ですか?

住んでる場所によりますけど、少し高い気がします。
事務手数料は妥当なので、自身でメガバンクにも行ってみては??

2017/10/9 14:21:45

住宅ローンの金利等のご教授宜しくお願い致します。
この度横の土地購入にあたり住宅ローンの借り換えをしようと思っておりますが、住宅ローン期間33年-借入金額約4300万円を予定しております。
変動金利型0.675%又は全期間固定金利型1.11%どちらの方が良いのでしょうか?今後は30年程度の金利はこのまま低い状態の予想になりますか?出来れば参考に今お借りしている住宅ローンの金利を教えて頂けましたら参考になります。
住み替えで2年前に完済した住宅ローンの場合は変動金利で1.25%ぐらいで銀行より借りてたので、今は35年固定金利も安くなったんだなぁって思っています。
宜しくお願い致します。

今のような低金利の時代は長期の固定金利が基本です。
預金と逆の考え方になります。
預金はお金を銀行などに貸す側になるので金利を長期で固定するとインフレリスクを抱えることになり危険です。
預金であれば市場金利が上昇したら、運用金利が上昇する変動金利が基本になります。
住宅ローンは借りる側ですので、できるだけ金利を長期で固定するのが基本になってきます。
ただ、実際には今後の完済目標により変わってきます。
完済目標が20年、30年で考えているのであれば長期の固定金利のほうが金利上昇リスクがないため安全でしょう。
完済目標が10年ぐらいを考えているのであれば10年固定金利の商品が今月の金利ですが0.5%ぐらいであるのでおすすめです。
今後の家計の収支状況を考え検討してみてください。

2017/3/27 17:09:11

住宅ローン金利についてです。
頭金なしで2500万円借り入れる予定で銀行を探しています。
10年後に繰り上げ返済1000万円を予定しています。
できれば近くに店舗があるところがよいので、三菱UFJ信託銀行の当初15年固定0.86%が第一候補です。
地銀は変動金利でこれくらいでした、、、そして金融情勢に詳しくないので変動金利はこわいという印象があります。
20年固定だと三井住友信託銀行などがまだ金利が低かったようです。
このような選択ですすめていってよいものでしょうか。
アドバイスお願いします。

金利動向は、神のみぞ知る世界と思っています。
15年固定、または、20年固定でOKと思います。
10年後に繰り上げ返済1000万円とのことですが、何年ローンのおつもりですか?また、一般論として、固定金利期間中は、繰り上げ返済の手数料がかかります。
また、制限もあるかもしれませんので、調査をお忘れなく。

2017/4/30 17:05:30

35年ローンでくんで、可能であれば10年後に繰り上げ返済1000万予定、その後、毎年100万ずつ繰り上げ返済していけたらと思っています。
それですとシミュレーションでは15~20年の間には返済できると出ていました。
ただ、20年払いで組むと、毎月の支払が12万弱となり厳しいです。子供の教育費なども必要になりますし、、、
繰り上げ返済手数料についても確認しておかないといけないですね。ありがとうございました。>

住宅ローンの金利見直しを銀行と交渉しています。
本部決裁のになるためお時間をいただきますと言われ、その際に本人確認書類として健康保険証の写しを出したのですが、銀行は何の目的で健康保険証を使用するのでしょうか。
本人確認だけの目的だけでなく、病院の通院歴を調べるのでしょうか。
健康保険組合は金融機関から照会されても通院歴など明かさないはずですし、団信の保険支払い時点で保険会社か保険会社依頼の弁護士を通じで調べるしかできないと思っていますが、不安になったので質問しました。
よろしくお願いします。

当初の勤務先と変更がないかの確認です。

2017/8/15 20:31:52

住宅ローンの金利について。
よく分からなくなったのでお伺いします。
今現在自宅を建設中です。
住宅ローンは、すでにスタートしています。
地方銀行に10年固定で借りています。
そこで質問です。
10年後は、他社の銀行に借り換えは、できますか?その際変動も選ぶことできますか?さらに10年たつ前に、他社の銀行に借り換えは、できますか?これらを銀行に聞くの忘れてしまい、わかるかた教えてください。

>10年後は、他社の銀行に借り換えは、できますか?>その際変動も選ぶことできますか?借り換えはその時ご質問者さまの信用次第だと思います。
銀行の審査が通れば可能でしょうね。
変動金利、固定金利は10年先のことですので、分かりません。
10年後、借り換え予定の銀行でお聞き下さい。
少しでも参考になれば幸いです。

2016/10/13 09:36:36

住宅ローンの変動金利を選択することについて住宅ローンをこのたび組むことになりました。
不動産会社を数件見学に行った際に、「今は圧倒的に変動金利が多い」とお聞きしました。
ただ、僕は低金利の時代だからこそメガバンクの全期間固定を選択しようと思っています。
展示場や不動産会社に行くと「それだけ賃貸で払っているならば買った方が安いですよ」と言われますが、それは変動金利でローンを組んだ場合で意図的に安く見せているような気がします。
ちょっと前は固定金利が主流で変動金利の方が少数派とお聞きしましたが、何か政財界等の力が働いて変動金利が主流になったのでしょうか?

リスクを銀行が取るから金利が高い方を選ぶか、リスクを個人で取るから金利が安い方を選ぶかです。
不動産会社の話の通りで、実際には今の変動金利の返済じゃないと返済が回らないのに買ってる人も多数います。
金利が上がらないと読んで変動を選ぶ選択肢も無くは無いですが、リスクを取る場合、ヘッジする必要が在るので、変動で借りる場合は少なくとも125%ルール適用して、繰り上げ返済で今と同条件の返済に出来る事が条件になります。
ヘッジ無しで変動を選んだ場合、金利が上がったら高確率で破綻します。
先の金利は読めないので読まない方が良いです。
マイナス金利のお陰で長期金利は底なので、主さんの考えは悪くない選択だと思います。

2017/2/15 23:02:39

住宅ローンの金利について相談です。
現在新築で2600万の借入を希望しています。
ある金融機関さん(A)では仮審査が通っています。
固定金利10年が1.1%と破格です。
(本当は1.35くらいだがキャンペーンで低いみたいです)もうひとつ検討している金融機関さん(B)は変動が0.7%くらいでこちらもとても魅かれる数字です。
ただこちらの融資手数料は100万くらいかかります・・。
(うちは大体ほかのところだと50万くらいでした。
要は担保がこちらは建物の2600万しか見てくれない)ここで固定(A)と変動(B)で迷っています。
正直お金も余裕がある家庭ではないので(笑)、固定のほうがいいのかなとは思うのですが、10年の固定ですし、10年で変動金利が1.1%以上上がるほど、日本は景気がよくなるとは思えません。
ただ未来のことは誰にもわかりませんから、決断に迷っています・・。
(オリンピックもあることですし)何かアドバイスを頂ければありがたいです。
ちなみに元金・元利の選択についても悩んでおります。
とりあえず初めは元利均等返済にして、1000万近く払い終えてタイミングが良いときに、借り換えして元金均等返済にしようかと思っているのですが、こちらの意見はどう思われますか?住宅ローンなんて一生に一度のことですし、本当にわかりません。
勉強もこれだけでは足りていないとわかっていますが、どうにも難しくて・・。

固定です。
理由は、日銀のいわゆる異次元の金融緩和政策により、住宅ローン金利も過去最低水準で推移している今のうちに、金利上昇リスクは金融機関に「 丸投げ」しておきたいからです。
もちろん、今現在は変動の方が低金利なのですが、現行の金融政策は目的を達成できても、失敗に終わっても、いずれは終わらせなければなりません。
その際、どちらのパターンでも金利は上昇局面を迎えると思われ、若干高い返済にはなりますけど、支払能力があるのなら固定にしておいた方が憂いは少なくて済みますよね。

2015/7/29 16:56:33

住宅ローンの金利は、変動金利型なら「短期プライムレート」、固定金利型なら「長期金利」が指標とされています。
日銀の超金融緩和、マイナス金利政策によって長期金利が低下した際は、固定型の金利は下がりました。
しかし、変動型の金利は、下がっていません。
短期プライムレートはそもそも銀行が優良企業に貸し出したり、銀行間で資金を融通する際の短期資金(返済期限1年内)の最優遇金利です。
日銀の金融緩和によって資金が市中にあふれているなら、短期プライムレートを下げても良いはずだと理解しているのですが、銀行がなぜ短期プライムレートを下げないのか、理由を教えてもらえないでしょうか?日銀が逆に金融引き締めをすれば、長期金利は上がるし、短期プライムレートも上がるはず。
なのに、短期プライムレートが下がるの条件がそろっているのに銀行がそれを下げないのは、単に銀行がもうけを減らしたくないからなのでしょうか?結果、庶民の住宅ローンの変動型の金利が下がらず、家計は楽にはなりません。

もはや意味がわかりませんが、変動も下がってます。
当たり前ですが、店頭金利は変えずに優遇金利を変えることで下げてます。
変動は、契約後に金利が下がる可能性はないというのが常識ですが、もしかして知らずに契約しましたか?

2017/5/19 12:25:15

住宅ローンの金利について。
これから景気が良くなり金利が上昇していく可能性があるそうですが、基準金利もあがるのはもちろん、銀行で出している優遇金利はどうなっていくのでしょうか?

基準金利から銀行との取引内容にて優遇幅が決まり優遇金利が決定します。
固定金利は固定期間が終わるまでは金利の変更もありませんが、その後は基準金利上昇幅は優遇金利も上昇すると考えられます。
変動は基準金利上昇すれば、即優遇金利も上昇でしょう。

2017/1/6 09:14:58

-ローン金利

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない