ローン金利

住宅ローンについてです。 金利が低い今、35年固定で5500万円の住宅ロ...ローン金利

住宅ローン変動金利から固定金利について現在地方銀行にて変動金利の借り入れ事前審査通過し、建物の契約が終了しました。
これから本審査になる状態です。
これから夢のマイホームという事で希望でいっぱいな訳ですが変動金利という不安が色々と残っています。
現在年収500万、借り入れ3500万で借り入れをお願いしており、自分単独での住宅ローンです。
既婚、子供有り。
世帯年収は700万ちょっとです。
金利0.775保証料内枠方式で0.975で毎月99500円ほどになります。
もともと頑張っても10万という区切りが自分自身強かったので契約時に返済額をみて納得した面もありますが、変動ということで内心かなりビクビクしております。
最初の自己資金の現金は、これから子供の事や自分の仕事の事である程度お金を手元に残したかったので、100万円ほど+外構工事代、引っ越しや揃えなきゃいけない家具等の分しか考えておりませんでした。
深く考えていないのか、嫁はそれほどビクビクしておらずもし何かあって家計が苦しくなってもお互い今以上に働けばいいって感じです。
今の賃貸家賃から2万ほど上がるしそれから固定資産税、その他色々と出費がかかると思っています。
考えすぎかもしれないですが今後の金利の変動によっては不安がかなり自分の中であります。
今後の話になりますがまだ引き渡しも終わってないですが変動金利で契約後すぐにフラット?固定に変える事ってできるんでしょうか?また同じような状況だった方や詳しい方、アドバイスください。
前回フラットにて否決になり、今回変動にて事前通過したため営業マンの方にはかなりゴリ押しされ契約の流れになりました。
物件については自分も気に入っているので是非購入したいのですが、ご意見アドバイスもらえたら助かります。
許容範囲の10万以内で収まっていますが、今後あがって破産するくらいなら固定にして月1万円くらいあがって安心できたほうがマシと考えてしまいます。
よろしくお願い申し上げます。
補足すみません、情報不足でした。
現在夫婦30歳、子供3人男の子1人。
上の子は小学校高学年。
特に学歴とかはこだわってないです、普通の公立予定、大学等は本人次第と考えてます。
自分らはお互い正社員で、これからも何もなければ働き続ける予定です。
子供ももう増やす予定は一切無しです自分は手に職の専門技術職なんですが今は正社員で近々収入の不満で独立または転職予定です。
サラリーマンのように安定安心はないので確実ではないですが上げられる見込みはあります。

ハッキリ申し上げて、まず前提として将来の金利の事は誰にも分かりませんし、責任もとれません。
その上で個人的な意見として書かせていだきます。
まず、金利が上がるかも、という事についてですが、随分楽観的な考え方をする方だなぁ、と思います。
どういう事かと言うと、金利が上がる局面って世の中の経済状態がどうなっている時でしょうか?分かりやすく言うと景気が良い時です。
モノが売れ、モノが売れるから企業が潤い株価も安定、給料も上がるので購買意欲も高まりさらにまたモノが売れる・・つまり、世の中をサラサラ血液のようにお金がグルングルン流通してる状態です。
ちょうど高度成長期の時のような状態でする。
その時、日本一安い住宅金融公庫が5.5%でした。
ちょっと何年か定期にして転がしておくと解約時に倍になってた時代です。
現在はどうでしょうか?アベノミクスとやらで多少株価は安定し企業の成長もありますが、ほとんどの人達は余剰金を預金に回します。
子供の教育費や先行き不安だからです。
特にあなた方の祖父母の世代は貯め込んだままです。
つまり、世界一預金を持っている日本の国民性を健康診断でいうと、ドロドロ血液の生活習慣病です。
いいですか、景気が悪いままで金利だけが上るなどという矛盾は起きません。
逆もまた然りです。
だから、冒頭で楽観的だと申し上げました。
ではこれから景気は良くなっていくんでしょうか?じいちゃんやばあちゃんが孫のために貯金を使い・・晩婚化、未婚化で出生率は下がり続け、人口の自然減で内閣府の予測だと約10年後には3人に1人が65歳以上になり、50年後には人口は韓国並の8000万人台になるんだそうです。
金利が自由化になり、日銀がゼロ金利政策をして尚営業マンはこう言います。
「今金利が安いのですよ!借りるなら今です!今は底打ちしてます」と毎年毎年言い続けた何年経ったんだ?10年?20年?バブルよ、再び!ってか?さて、変動金利は、皆さん「上がったらどうしよう(汗)」というような危険性を心配されます。
でも何故か「上がらないかもという危険性」については怖がりません。
どういう事かと言うと、上がると嫌なので最初から固定金利で借りました。
さて安い水準とは言え変動金利よりは高い金利で支払う事になります。
やがて5年が過ぎ、10年経っても相変わらず低水準のままで、自分は固定金利を選んでいたために、変動金利で借りてた人に比べかなり多めに支払う羽目になった・・という危険性です。
(まぁフラットも固定金利といっても安いのは最初だけで、途中から上がるというのを知らない人がいて呆れた事ありますが)私には、10年前にフラットから銀行に借り換えた同僚が何人かいますが、「危険性は両方にある」と心得て下さい。
とは言え、仮に11年目から上がっていき15年後にはついに変動金利が固定金利を追越したとします。
やったーっ?いえいえ、いままで多めに払ってるわけですから「今迄の金利差損を取り戻し始めた」に過ぎません。
そうこうしてたら早20年経ちました。
・・私なら?もうその頃には間違いなく繰上げ完済しています。
私にはこの先、高度成長期とはいかないまでも、政府の成長戦略とやらが奏功してくれる(金利が上がる)などとノーテンキにはどうしても思えないので。
責任?そりゃとれません。
ローンはあくまで自己責任ですから。

2017/7/9 20:04:37

オマケ、一つだけいい話し(^ ^)2万上ると書いていましたが、家を建てるとそれ以上にあなたの給料の手取りは増えます。何故か?ローン控除がありますので少なくとも10年間はこれまで払わされていた所得税(&住民税)が減額されるからです。じゃあ、11年目以降は?さすがに10年も経ってりゃホントに給料があがってるでしょう。もし太陽光を載せてる家なら光熱費だって下がるのでは?木を見て森を見ず、という諺がありますが、電卓片手にローンの多寡だけに一喜一憂するのではなく、家を買った結果の「家計の収支」で考えないと落とし穴にはまります。>

住宅ローンの金利について、変動金利か固定金利か…どう思われますか?一戸建ての購入を検討しており 住宅ローンの借り入れになるのですが、変動金利にするか固定金利にするか悩んでいます。
元々、固定金利(35年)にするつもりでした。
ちなみに フラットではなく銀行のものです。
理由は、今は金利が安い。
変動の安さに目が行きがちだが、変動金利が上昇すると固定金利も上昇する、そうなるともうこの金利では固定金利を組めないから…です。
しかし、「今は変動金利で良いのでは?変動から固定には変更出来るため、少し変動金利で様子を見ては…」と言われています。
変動金利が0.6、固定金利が1.1です。
(上記書きました、固定はフラットではないので団信なども含まれます)確かに、今の比率を見ると、変動と固定 倍違います。
また変動金利があがっても、緩やかにあがっていくだろうからその時に切り替えなども出来ると言われ、確かに倍違う金利に悩み始めました。
金利が低い変動は やはり 魅力です。
変動金利で様子を見ながらいずれ固定にする(もしくは変動のままかその時次第)か固定金利どちらが良いと思われますか。

まず、「変動金利で様子を見ながらいずれ固定にする」は非現実的です。
変動が上がるときには固定も上がっています。
今ですら少しでも低い変動を選んでいるのに、もっと条件が悪くなってから固定を選び直すのは、方向性が不一致。
これはリスク回避ではなく、リスクの先送りに過ぎません。
後から乗り換えるなら最初から固定、変動を今選ぶなら最後まで変動で走り抜ける算段でいくべきです。
フラフラと軸足が定まらないことが最も危険でしょうまた、「緩やかに上がる」確証はありませんし、「不景気の間は上がらない」も間違い。
一例として、低金利で有名な住信SBIの10年固定は、たった一年ちょっとで0.4%から0.7%に上がっています。
今の低金利は、銀行が設定している優遇幅の影響も大きいので、ビジネス判断で変わってしまいます北朝鮮のような不安要素も上昇要因になります。
もし北朝鮮と開戦したなら、金利は上がるでしょう。
上げないと、国債を買ってもらえなくなりますから。
「上がるかどうか」とか「月々の支払い」だけを考えていると答えは出ません。
もっと生活全体で考えましょう。
変動で借りた場合、どういう返済計画をたて、どんな生き方になるか。
固定だったらどうなるか。
変動だと、確定拠出や積立NISA、学資や貯蓄性保険は使いづらいですよね。
ではその変わりにどうやって資産を増やすか。
それらを考えていけば、自ずと答えは出るはずです

2017/10/3 12:48:41

住宅ローンの金利について教えてください。
直近10年、2.6パーセントの固定金利でローンを払い続け、10年経過した9月より変動金利に変更になると銀行から連絡がありました。
残りの返済額は400万です。
変動金利になると、かなり金利が下がるのではと予測していましたが、銀行から変動でも2.57%だと言われがっかりしました。
もう少し金利を下げるよう交渉しましたが、できないの一点張りで他の銀行で有利に借り換えできるならやってみろ的な返事でした。
残額が少ないので、諸経費を考えると借り換えなどできるはずもありません。
人の足元を見た銀行の対応に非常にがっかりしました。
何か銀行に対抗できることはないでしょうか。

残りの返済期間は、8年位でしょうか?今の銀行の金利が2.57%固定として比較するならば、他にもあるでしょうが、三菱東京UFJ銀行の借り換えなら、得します。
ネットで見ると、10年固定で0.6%です。
今の銀行が2.57%固定なら、支払総額は 4429498。
MUFJ 0.6%なら、支払総額は 4097721。
シミュレーションすると、借換諸費用が以下と表示されます。
保証会社保証料:28124円保証会社事務手数料(消費税込):32400円ローン契約書等の印紙税:2000円司法書士報酬:約55050円抵当権設定にかかる登録免許税:16000円--------------------------------------計:133574諸費用を含めた総合計で 4231295。
198203の得です。
これは8年間で完済した場合です。
が、早期に繰り上げて完済すると、損します。
3年と3ヶ月以上かけて返済すれば、借換諸費用以上に得するので、メリットが出ます。
残高が低いため、得する金額は高くありませんが、毎月の返済額も3500程安くなります。
他の銀行もあると思いますが、残高が低いため、借換の諸費用が高いと損する可能性が有ります。
あと、今の銀行の金利は、今後 上がると想定されます。

2016/9/26 22:06:10

住宅ローン金利で以下のことをご教示下さい。
①2016年9月現在、固定金利が少し上がりました。
このまま、じわじわと上がるのだと予想していますが、急激にガツンと上がることもあるのでしょうか。
急にあがるとしたら、地震や政変、金融政策や動向などが原因と考えてよろしいですか。
②フルローンや10年固定がぴったりという人もいるでしょうが、どうも日本版サブプライムローンのようにも見えますが、いかがでしょうか。
これらのローンを借りた人が、やむなく住宅を手放す、なんてことが遠くない将来、たくさんおこるような気がします。
その時を狙って設計されたローンでしょうか。
③変動金利の5年ルールと125%ルールは、支払者よりも金融機関が得する「目くらまし」ルールのように見えますが、実際どうでしょうか。
こんなルールを作っていることで、金融機関は破産者を増やす意図があるのでしょうか(金融機関も損すると思いますが、買いたたくつもりとか?)。
④変動金利から固定に変えることを考えている人は多いと思います。
実際、固定金利の方が先に高くなっていて借り換えられない、涙を飲んで借り換える人もいるはず。
借り換えられない人は、変動のままいて、最後は破産でしょうか?⑤変動から固定に変えたいと考えたとき、金融機関が「今混んでいるから時間がかかる→(その間に金利が上がってしまうケース)」「あなたが最近、病気になっているから借り換え許可できない」、新規の客を優先した方が儲かるから、変動から固定の借り換え希望者を後回しにする」など、考えられますか。
金融機関は、変動から固定へ借り換えする客を恣意的に妨害?するようなことはありますか?(さまざまな金利プランの客が他にもいるため、わざわざ変動の人ばかりを妨害しないとは思いますが、変動を使っている人が多いし、契約のときも変動をすすめることが多いと聞いています。
変動に罠があるのかなと思っています)

銀行によって金利プランにはさまざまの形態がある。
同じく10年固定でも固定期間時の金利も違えば、満了後の変動利率の標準金利そのまま、割引ありなど。
繰上げ返済手数料の有無も固定期間設定・満了時の手数料もしかり。
今があるものが有利に見えても10年後は逆転しているかもしれない。
すべての項目を充分に研究して各人が自分のライフプランに適したものを選べるようになっているわけだ。
125%ルールは実際に125%以上に毎月の元利金が上がってしまっては払えない人のために設けられた。
しかし実際にこれ以上になるのに125%で抑えたということは、その分未払いが出る。
こんなのは考えればすぐわかることで、それ以上に上げないから助かったと思うのはその人が理解が足りないだけだ。
だから、125%以上になってもいいから正常の返済にしたければ、賦金見直し方法(期間そのまま)で1回分でも繰上げすればいいのだ。
その1回分もないのならその人は125%ルールの恩恵に当面あずかっていることになる。
変動から固定(特約期間)に入るのは随時にできる。
その時点で固定の方が高いのはそういうものなのだから仕方がない。
それ以降に変動がもっと高くなる可能性にかけて本人の責任で選択するものだ。
固定にしてしまったら、変動には簡単にはできない。
これもそのように契約書に書いてある。
だからこれも繰り返しになるが本人の責任において選択する。
将来の金利予想など誰でもできるが、正確な予想など誰もできない。
だからいろいろなコースを用意して本人が選択できるようになっている。

2016/9/11 22:12:09

住宅ローンの金利について。
借入3900万円、固定金利1.025%。
33年ローン。
不動産が紹介してくれた地方銀行の薦めてくれたローンです。
私の年収は700万円弱、借入金なし。
質問:この金利は妥当ですか? 変動で考えていたので、0.6%位かな?と思っていたので、困惑しています。
※週明けに複数の銀行(口座開設している銀行など)に当たってみます。

33年の長期固定なら妥当なところかと思います。
変動なら確かに0.6とかもありますが金利上昇のリスクが常にあります。
どちらが良いかは人それぞれですが長期固定で1%未満って難しいと思いますよ。
(10年固定ならあるかもしれません)いろいろ回ってみてください。
その際に保証料なども確認しましょう。
金利が低いところは別の名目で取るところは取ってくる場合があります。
金利の数字だけ見ていると後悔することもあります。

2017/10/7 09:35:26

住宅ローンの金利についての質問です。
現在は、低金利と聞いたのですが、今後1年は、上昇することが間違いないのでしょうか?私は、住宅の建設を検討しています。
ただ、現在は工務店選びの段階で、話はゆっくりとしか進んでいません。
妻の仕事の都合、両親の説得、住宅に求める要望の検討などで時間がかかっています。
ただ、「今は低金利なので買い時」という情報が、知人やネット、書籍からよく得ています。
私としては、今すぐに建てるのではなく、時間をかけたいです。
(具体的には、今後1~2年後に建てたいと思っています)ただ、金利のことはたいへん気になります。
金利のわずかな差が、膨大な金額の差につながりますからね。
そこでお聞きしたいのが、今後の金利の動向です。
もちろん、「そんなものはわからない」「あくまで予想でしかない」というのがあると思います。
しかし、見通しだけでも持ちたいので、ご教授いただけませんか。
※自分なりにも調べましたが、「このサイトを見るといいよ」というようなご助言でも結構です。
補足みなさま、様々な角度からの回答ありがとうございます。
ちなみに、私はフラット35を利用する予定です。
したがって、現在の金利が35年間続くものだと考えています。

私も家を建てるため、住宅ローンについて調べました。
あくまで自分の見解ですが、直近1年以内は大丈夫だと思います。
ただ日銀の金融緩和がいつ終了するかが問題です。
終了した場合、上がることが予想されます。
(たぶん?)住宅ローンの場合、変動金利→短期プライムレート固定金利→長期プライムレート後は、日銀金融政策決定会合の結果とアメリカの金利の動向のチェックはした方がよいと思います。

2017/8/20 15:08:25

ローンの金利についてのご質問です。
A社借入約120万 金利15%B社借入約55万円 金利15%毎月1万ずつのリボ払いで返し続けている状態だそうです。
今回銀行でのフリーローンにまとめようと考えているそうなのですが、200万の借入で金利が8-10%ほどの予定。
まとめず、毎月同じように返していくか、銀行フリーローンで200万円を借りて、AB社を一括返済、銀行フリーローンを120回払いで払っていくか、どちらが金利手数料は安くなりますか?友人に相談されましたが、リボ払いについて詳しく知らないもので・・・いかがなものでしょうか?ご返答頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

細かい計算なんてしなくてもいい。
おまとめで金利が下がるのなら、あとは今と同じ返済額を毎月返せばいいだけだw

2017/10/23 17:17:49

住宅ローンの金利についてご相談です。
ハウスメーカーの人に聞くと大半は変動金利とのことでした。
現在金利ってほぼ底だと思いますし、今後下がることはなくても上がることはあるんじゃ…?と思ってしまいますがどうなのでしょうか?皆様なら現時点なら固定、変動どちらを選びますか?ちなみに、私が借りようと思っている地方銀行はパンフレットを見る限り固定は最長10年のようです。
補足個人的にはフラット35は考慮していません。
20年くらいで返済したいと考えています。
パンフレットにはないけど20年固定取り扱ってます!とかってあればいいですが…

銀行員をしています。
住宅ローンを組むときに一番悩まれるのは金利選択です。
ただ、重要なことは「皆さんがこうだから」は全く理由にはなりません。
※ハウスメーカーが変動金利をというのは、[返済額が低いのでたくさん借りてもらえる⇒自分たちが儲かる]ので、そういう風にいうだけで、実際には彼らが言うよりも多くの方が固定にしています。
金利を選ぶうえで重要なことは・貴方がどの程度の金利に対する知識があるのか?・金利上昇に備えた耐力がどの程度あるか?・ライフプラン上、金利リスクをどの程度とれるか?です。
金利が上昇したら固定にすれば・・・なんて甘いことを言われる方もいますが、固定が先に上昇して変動金利が最後に上昇します。
つまり、金利上昇傾向を事前に捉えられないと、固定金利への変更タイミングをとらえることはできません。
一般的に、20年固定とかもありますので、そのあたりは銀行に相談してみましょう。
(HMに聞くのは全く無意味です。
彼らは素人の第三者なので役に立ちません)金利については思惑でも動きますので、相場を読む能力がなければ固定が絶対に安全です。
また、すぐには国が金利をあげるはずがないなんて言う人もいますが、金利はマーケットが決めるもので、政府のレポートのなかにはオリンピックまでに2~3%は上昇するというものもあります。
つまり、国は今の金利を維持させるという考えはありません。
むしろ、金利を正常化することを重視しているので間違いなく上がります。
私個人は自分が金利をみる仕事にいるので、変動にしています。
(それが仕事だから)一方、普通の人は金利の相場観を的確にとらえることは難しいので固定をお勧めします。

2018/1/6 23:11:44

住宅ローンの金利引き下げを現在借りてるりそな銀行に依頼しました。
返事は10日前後。
残金3000万、金利は0.975です。
現在35年ローンの5年目です。
あまりにも現在の借り換え金利の、安さに驚いてます。
0.475なら団信の保険も手厚くなり手数料60万近く払っても100万以上のメリットがあります。
その60万が今は痛いのですが。

なので金利引き下げをお願いした次第です。
0.975からの引き下げは可能なのでしょうか?補足返事は0.05の引き下げでした。
0.00単位で刻まれるとは思っておりませんでした。
せめて0.1でも下げてくれたらそのままお願いしようと思っていましたが、、、借り換えようと思います。
ありがとうございました。

銀行にとって金利引き下げに応じる義務はないんですよ。
それどころか特定の顧客だけ金利引き下げで優遇することは平等でないし、預金者や株主に対して利益の減額をする(銀行の価値低下)につながるから、本来やるべきことでないんです。
それでも引き下げに応じていたのは、引き下げても経営としてはプラスという考えがあったからです。
今の銀行の置かれている状況は無理に引き下げに応じるよりも、出ていくならそっちがいいという考えです。
なぜなら、ローンは持っているだけでも管理コストがかかります。
そして、銀行は今無駄なコストをかけるだけの余裕はありません。
儲からない住宅ローンのために、コストをかけてまで守る必要はない。
ということです。

2018/3/17 21:55:18

住宅ローンについてです。
金利が低い今、35年固定で5500万円の住宅ローンを考えています。
ポイントとしては・土地は来月頃に契約予定、建物は来年4月着工→12月完成予定 と土地契約から建物完成まで時間が空いてしまいます・フラット35か銀行の35年固定か、組合員なので労金もありか・ボーナス払いは無しで、その分月額の支払いを多めにする予定です・土地も建物も、諸経費+頭金少し になるのでつなぎ融資?をしなくてはいけないと思います不動産屋、工務店は組合員だから労金だと何かと優遇(保証料・団信保険料・繰上返済手数料 すべて0円等)があっていいんじゃない?と言い、ファイナンシャルプランナーは35年固定なら銀行が良いのではと言っていました。
同じ5500万円を35年固定で借りた場合、金利だけでなくトータルで見た場合、どこで借りるのがオススメですか?

5500万円、35年ローンで借りるとすると(頭金は無しとして計算)、例えば、1%固定なら支払い総額は6520万円になり、利息は1020万円になります。
利息が1.1%になると、支払総額は6630万円となり、利息は1130万円。
1.0%から0.1%アップしただけで支払総額は110万円アップします。
ちなみに今、現在の平均は1.4%位なので、それで計算をすると、支払総額は6960万円になり、利息は1460万円になります。
そう考えると銀行って大儲けですよね(>_<)本題ですが、このように0.1%違うだけで、支払総額は全然違ったものになりますので、小手先の融資手数料とかに惑わされず、金利に着目すべきだと思います。
早い話、金利1.1%固定、融資手数料10万円の銀行Aと、金利1.0%固定、融資手数料50万円の銀行Bは選択の余地は無く断然Bのほうが良いでしょう。
何故なら総額で50万円Bのほうが安いからです。
ですから、一見してこちらのほうが得という選択方法ではなく、融資手数料、保証料、団新、利息の全てを計算し、支払総額を計算して比較してみてください。
それでも決めかねたら、繰り上げ手数料やその金融機関とのこれまでの取引実績等を考慮してください。
それで、ここまでで一番重要なのは利息ということがわかったと思いますが、この利息というのは利息引き下げ交渉ができます。
店頭表示利息は1.4%ですが、引き下げ交渉をすると、1.2%にしてくれたり、保証料を無料にしてくれたり、3大疾病補償を8大に変更してくれたりと。
ですから、何軒か回り、利息引き下げ交渉を限界までした上で見積りを取り、支払総額をそれぞれ計算してみてください。
私は5社で比較検討して1社に絞りました。
結果、一番高い金融機関と最後に決めた金融機関の支払総額は250万円くらい違ってました。
頑張ってください。

2017/3/30 08:10:31

-ローン金利

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない