債権

こんなメールが届きました。 ARE債権回収株式会社 大量メールが来...債権

債権者代位訴訟の原告である債権者が、被告である第三債務者が提出した抗弁に対して提出することのできる再抗弁事由は、債務者自身が主張することのできるものに限られず、その再抗弁が信義則に反し権利の濫用として許されないと解されるものを除き、債権者独自の事情に基づくものも提出することができる。
これはどういう意味ですか?例えを使ってかんたんに説明してください

最初に言っておくが,法律を学んでいるらしい人からの質問に対しては,カネにもならないのに,「かんたんに」,「わかりやすく」説明などしない。
さて,「債権者代位訴訟の原告である債権者が、被告である第三債務者が提出した抗弁に対して提出することのできる再抗弁事由は、債務者自身が主張することのできるものに限られず、その再抗弁が信義則に反し権利の濫用として許されないと解されるものを除き、債権者独自の事情に基づくものも提出することができる」とする見解は,最高裁昭和54年3月16日判決の原審である東京高裁昭和50年10月8日判決の見解である。
債権者Aが債務者Bに代位して,第三債務者Cを被告として,BのCに対する甲債権を代位行使する債権者代位訴訟を提訴したところ,Cが,「Bに対する反対債権を以て相殺する」という抗弁を提出した。
本件において,AB間の取引きにおいて,Aは,Bに対する債権をBのCに対する債権の代位行使により回収できると信用してBと取引きしていたところ,原審は,Cによる相殺は,Bとの関係では権利濫用にはならない(よって,相殺は許される)が,Aとの関係では権利濫用になる(よって相殺は許されない)として,AのCに対する再抗弁を認めたもの。
しかし,最高裁は,「債権者代位訴訟における原告は、その債務者に対する自己の債権を保全するため債務者の第三債務者に対する権利について管理権を取得し、その管理権の行使として債務者に代り自己の名において債務者に属する権利を行使するものであるから、その地位はあたかも債務者になり代るものであつて、債務者自身が原告になつた場合と同様の地位を有するに至るものというべく、したがつて、被告となつた第三債務者は、債務者がみずから原告になつた場合に比べて、より不利益な地位に立たされることがないとともに、原告となつた債権者もまた、その債務者が現に有する法律上の地位に比べて、より有利な地位を享受しうるものではないといわなければならない。
そうであるとするならば、第三債務者である被告の提出した債務者に対する債権を自働債権とする相殺の抗弁に対し、代位債権者たる原告の提出することのできる再抗弁は、債務者自身が主張することのできる再抗弁事由に限定されるべきであつて、債務者と関係のない、原告の独自の事情に基づく抗弁を提出することはできないものと解さざるをえない。
債権者代位訴訟における当事者の地位に関する前記説示に照らすと、本訴債権が相殺により消滅したと本件訴訟において主張することが訴外会社にとつては信義則に反し権利の濫用とならないため相殺による本訴債権の消滅を肯定すべき場合においても、なお被上告人との関係においては右相殺の主張が取引の信義則に反し権利の濫用となるものとして相殺の主張が容れられないものとすることは、債権者代位訴訟である本件訴訟の性質からみて、債権者たる原告の地位を債務者が訴訟を追行する場合に比して有利にするものとして、許されないものといわなければならない。
」として,原審の判断をひっくり返した。
●最高裁昭和54年3月16日判決www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=53276

2016/12/20 19:51:09

債権の問題です!力を貸してください。
Aは不動産業者であるBから、木造建物を代金200万円で買い付け、代金を支払ったが、その引渡しを受けないでいたところ、Bの従業員Cのタバコの火の不始末で生じた火災のため、同建物が焼失してしまった。
同建物はの時価相当額は、一時3000万円になったが、その後1800万円に値下がりし、現在は2200万円になっている。
AはBに対し、どのような請求をすることができるか。
理由を挙げて答えなさい。
です。
宜しくお願い致します!

引き渡しを受けてないと言う事は前払いの取引であり、その取引が完了する前に消失したと言うことですよね。
Aには、過失責任はありません。
後は自分で考えてください。

2017/7/24 21:22:17

債権法改正について中間試案の、契約の解除の効果(民法545条関係)部分について分からないことがあるので質問させていただきます。
545条関係における改正について中間試案では、(4)で給付を受けた金銭以外のものを返還するときは、その給付を受けたもの及びそれから生じた果実を返還しなければならないとしており、また、果実を返還することができない場合はその価額を償還しなければならないとしています。
問題は(5)なのですが、(5) 上記(4)により償還の義務を負う者が相手方の債務不履行により契約の解除をした者であるときは、給付を受けたものの価額の償還義務は、自己が当該契約に基づいて給付し若しくは給付すべきであった価額又は現に受けている利益の額のいずれか多い額を限度とする。
この(5)が想定する状況が全くイメージ出来ず、理解出来なくて困っています。
中間試案では「償還義務者が相手方の債務不履行により契約の解除をした者である場合に限り、本文(4)による給付それ自体の価額が自己の負担する反対給付の価額又は現に受けている利益の額のいずれか多い方を上回るときは、自己の負担する反対給付の価額又は現に受けている利益の額のいずれか多い方を上限として償還すれば足りうる旨の規律を設けるものである」と説明されているのですが、これを具体例を用いて、初心者でも分かるように説明して頂けませんでしょうか。
よろしくお願いします。

自動車をローンで売った販売者が、購入者の債務不履行(ローンの支払いができない)のために契約を解除して自動車を差し押さえた場合、その自動車の中古車としての価値とローンの残額とを比較して、中古車の価格(現に受けている利益の額)の方が高ければローン残額はゼロ、ローン残額(自己の負担する反対給付の価額)の方が高ければ、その差額を債務者が支払わなくてはいけない、ということになります。

2017/7/15 08:00:34

債権なんかの重要な事柄についてなら、申請すれば、市役所は、その人の住所を教えてくれるって、本当ですか?それは他県、他の市でも、可能ですか?

住民票について、正当な理由がありそれを証明する書類等があれば取得できます。
「第三者請求」と言います。
しかし、氏名、住所など特定しなければ無理です。
住所を調べたいと言っても無理です。

2018/3/2 22:39:40

債権の準占有者に対してお金を支払った場合銀行の過失としては何が考えられますか?*普通預金と定期預金両方から引き出されたとします。

たしか女性名の口座なのに男性が引き出したとの件で、銀行の過失を認めた判例がありますね

2017/6/1 12:42:02

「債権届出の催告書」が26年6月に届き、すぐに『債権届出書』を提出しました。
その後、売却手続きなどが終了し来月、27年2月18日に配当が行われます。
今月中に【債権計算書】を提出しなければなりません。
そこで【債権計算書】を書いていて先ほどきづいたのですが、本来ならば利息6%で計算するところを『債権届出書』には利息5%で計算した金額を記入しておりました。
つまり今回提出する【債権計算書】と『債権届出書』の金額がずれてしまいます。
このまま正しい金額で提出すれば良いのでしょうか?抵当権を設定した際の書類(登記簿?)や契約書には利息6%と書いてあります。
抵当権2位なのと売却金額以上の債権があるので全額配当されるとは思ってはおりません。
直接裁判所に行って聞けばよいのでしょうが呼び出しをされた裁判所が片道2時間ほどかかるのと、電話で上手く話せる自信がないのでこちらに質問させていただきました。
詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

この場合、債権届出書の利息計算基準日は、26年6月中の届出日です。
また、債権計算書の利息計算基準日は、27年1月中の『売却代金の納付日』になります。
計算書と届出書では基準日が異なるので、利息はずれる(増えていく)ものなのです。
(この間、債権額が減っていることもある)注意書きにあると思いますが、売却代金の納付日までの利息を『6%』で計算して提出してください。

2015/1/24 08:18:39

債権回収通知(解約案内)前略、本日までに発生している、月額料金及び遅延損害金が発生している旨を通知させていただにも関わらず一向にご連絡を頂けておりません。
延滞料金: 204500円遅延金: 2454円合計: 206954円このままご連絡なき場合、原告側の主張が全面的に受理されることとなり、裁判後の措置として執行証書の交付のもと給与差押さえ、及び動産物・不動産の差押さえを執行官の立会いのもと強制執行させて頂きます。
但し、貴殿が退会処理手続きを行う事で滞納金の全額免除にすることが可能となっておりまして、訴訟も退会処理が出来ましたら取り下げを行うとの事です。
*下記よりログインして至急ご連絡ください。
>>saimu-kaishu.com/bin/loginCamp.php?uid=MzIxNzk2MQ==&passwd=c...*このアドレスへの返信は出来ませんので、ご注意ください。
つきましては、必ず上記のリンクよりお願いします。
このメールも放置で大丈夫ですか?ますます不安になってきてるんですが………

メールで督促はない。
できるものなら、やってみろ。
返り討ちにしてやればいい。
訴訟できるなら、ご自由に。
何の法律に違反し、具体的に損害内容は何なのか。
少額訴訟でも、理由が無ければ使えない。
債務名義もないのに、どうやって強制執行するのか見もの。
給差もできるなら、どうぞ。
という感じかな。

2016/10/25 12:54:57

特定債権と特定物債権の違いがわかりません。
債権者代位において、登記変更の代位を行う事ができますが、登記変更が特定債権であるため可能と書かれていました。
よろしくお願いします

特定債権は、登記請求など物の引渡を目的としない、特定の給付を請求する債権特定物債権は、家屋の明渡請求など特定物の引渡を請求する債権

2017/6/10 19:34:11

でんさいネットと電子債権の違いについて教えて下さい。
ホームページなどに記載はありますが、いまいち明確な違いが分かりません。
電子債権は審査が厳しいとの話も聞いたことがありますが、お知恵を貸してください。

でんさいネットは、電子債権という新しい決済方法を運営する団体(電子債権記録機関)の一つです。
今のところ他に3つありますが、でんさいネットは既に始めている団体を含め、全国の銀行が参加しているので、今後より使われる団体と考えられています。
電子債権による取引は、基本は今までの手形取引と同じ流れになりますが、入り口と出口が異なります。
つまり、手形を発行するのではなく、電子債権記録機関(でんさいネット)に「電子債権」の登録を請求して、期日では、振出人が支払うのでは無く、でんさいネットにある「電子債権」の記録を通じて、相手方に指定口座から勝手に支払われるという仕組みになります。
(www.densai.net/feature)使用したい場合、適当な最寄りの金融機関が窓口になるので、そこで申し込みをします。
ただ、使用開始時に、支払い能力についての審査があります。
(www.densai.net/faq)詳しくは、金融機関ごとに異なると思うので、直接尋ねた方がよいかと思います。

2013/6/2 15:27:31

こんなメールが届きました。
ARE債権回収株式会社大量メールが来て困っています。
何か対策があれば教えてください。
不安でしょうがないです。
無視しても大丈夫ですか。
この度、貴殿ご登録複数のサイト事業者様からの、サイトご登録料及び延滞損害金の債権譲渡を受け、ご連絡させて頂いております。
本通知をもちまして「債権譲渡通知」及び「財産差し押さえ強制執行」最終通知となります。
【ご利用詳細】※債務者メールアドレス『y-kaneko@fancy.ocn.ne.jp』ご利用者様※サイト登録料\100000×10番組※延滞損害金\247000×10番組※総額\3470000以上となります。
貴殿ご使用メールアドレス『y-kaneko@fancy.ocn.ne.jp』より、身辺調査を行い、調査結果を踏まえ、当社では『財産差し押さえ』をもって上記の未払金を回収させて頂く事を既に決定しております。
現段階にて既に、『財産差し押さえ強制執行』の法的許可は得ておりますので、本通知送付後、【1週間以内】に差し押さえを実行させて頂きますので、ご了承下さい。
当日に自宅にご不在の場合は、勤務先・ご実家・その他関係各所へ回収専門員が伺い、事情説明を行った後、『財産差し押さえ強制執行』をさせて頂きます。
『財産差し押さえ強制執行』はご自宅・ご実家の家財道具や家電、預金口座からの強制徴収、車、不動産、株式、貴金属、生命保険掛金、その他、換価可能な物すべてを差し押さえさせて頂き、未払金の補填とさせて頂きます。
当社は【y-kaneko@fancy.ocn.ne.jp】というメールアドレスの使用者に対して発生した債権を複数のサイト事業者様から譲渡されており、正式な手続きをもって法的に『財産差し押さえ』が決定されておりますので、メールアドレス相違、その他いかなる事由が原因であっても、それは当社に起因するものではなく、貴殿、または他社が原因となるものです。
従いまして、本件に関してお問い合わせをいただきましても当社では一切お答えできません。
ARE債権回収株式会社担当:山下智之emd7ww6nw4.3fpkwn.mobi/inbox/?hash=027775b92edc4a220775b9730...

詐欺ですから、メールの内容については「無視」で良いです。
これは、迷惑メール1種の「架空請求詐欺」メールと言います。
身に覚えの無い「架空請求詐欺」メールの場合、「債権回収会社」 等の怪しい組織が御質問者様の自宅、勤務先まで料金を請求に行く 等を記載されていますが、実際では詐欺師は御質問者様の個人情報を知りません。
携帯電話の個体識別番号、ID 等を表示して個人情報を特定しているかの様に表示されていますが、名前、住所 等を把握されている訳では無いです。
その他、メールアドレス、IPアドレス、携帯電話・パソコンの端末情報から個人情報は特定出来ない情報ですから、詐欺サイトの詐欺師は何も出来ません。
※一般では個人情報を特定する事は不可能です。
キャリアーやプロバイダーは御質問者様の個人情報は厳重に保存されている為、第三者(個人や企業側 等)に「個人情報の開示」は絶対にしません。
如何なる理由があろうとも個人や企業側は個人情報を求めることは出来ません。
又、個人情報の開示を求められる時は警察の犯罪捜査(重大事件)の時のみしか出来ません。
詐欺サイトに御質問者様の個人情報を教えていなければ詐欺サイトは何も知られていませんので、家に来ることは無ありません。
ですから、絶対に騙されない様にご注意下さい。
詐欺メールの送信者(詐欺師)に連絡したり、返信したりする必要はありませんので、メールは読まずに無視して下さい。
もし、不安で有れば、警察署や最寄りの消費生活センター 等に相談して下さい。
以上、 詐欺メールに気を付けて下さい。

2013/12/7 07:11:24

-債権

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない