債権

債権者集会について。 今年の3月に取引先が自己破産し、多額のお金が...債権

債権があり現在も債権先に支払を実施しているのですが、昨日債権先が半年前に倒産したことを知りました。
債権先からの連絡は一切なく事務所に行ってみたら跡形もなくなくなっていました。
あと5か月程支払期間があるのですが、現在実態のない債権先に支払をしないと駄目なのでしょうか?ちなみに口座は凍結されていませんでした。
どうしたら良いでしょうか?覚書の変更等を依頼した方が良いでしょうか?契約上の事なので支払はしていきますが、個人的にはしたくないのが本音です。
良い意見があれば教えて下さい。

私なら支払わずプールする。
倒産がどのような処理しているかにもよるが、例えば破産なら管財人から請求されるだろうし、たんに営業を停止したというだけなら「債務名義を得た債権者」が貴方を第三債務者とする債権差押命令申立をするかも知れない。
どうなろうとも金さえ残っていればどうにでもなる。
請求がなく、仮に請求が来ても消滅時効を援用するだけで済む年月が過ぎたら、その金を使えばよい。

2014/9/15 13:40:47

債権者代位権による登記ついて。
例えば、土地所有権がA→B→Cと移転し、登記が現在Aにある場合、BがCに移転登記を行わないときは、CがBの登記請求権を代位行使してAと共同でB名義の登記ができるとのことですが、そこでお尋ねします。
B名義にした登記を次にC名義に移転するには、Cの債権者代理権で単独申請で出来るのでしょうか?それともBとの共同申請でするのでしょうか?もし共同申請でないといけないとすると、自己名義にするA→Bの登記でさえ放置していたBが、自己の登記名義を喪失するB→Cへの登記にに積極的に協力するとも思えないのですが。
共同申請しか出来ないとすると債権者代位権による登記が実質的に無意味になると思うのですがいかがでしょうか。
どなたかお教え願います。

基本的には、A→BもB→Cも共同申請です。
ただ、AやBが申請に協力的でないため共同申請できないときは、Cとしては、A及びBを共同被告として登記請求訴訟(被告Aとの関係では債権者代位訴訟)を提起し、勝訴判決を得た後、判決書正本(確定証明書付き)を添付してA→B及びB→Cの所有権移転登記を単独申請することになります。

2014/6/14 03:42:26

債権回収管理会社から裁判所を通して督促状というのが届きました。
いろいろなかたの話し助言、アドバイスをいただき時効援用しようと、異議申立書を裁判所に送ったのですが、債権回収管理会社方から裁判所をとおして連絡先を知りたい、電話で話をしたいと言われました。
連絡先を取った方がよいのでしょうか?連絡先をとらずに訴訟、時効援用を求めた方がよいのでしょうか?こんな場合、債権回収管理会社は電話で何を話したいのでしょうか?アドバイス、助言、宜しくお願い致します。

現段階で直接、連絡取る必要はありません。
下記 ↓ 項目はクリアしてますか?商事債権は最後に返済して次回の支払い予定日の翌日から5年(目安)で時効です。
最後に取引(借入、返済)して以降◆ 1円でも返済してない◆ 返済する約束してない◆ 債務を認めてない◆ 一度も請求されてない(普通郵便などで届いたから請求した中身の証明が出来ない物は入れなくていい。
しかし、通話での請求は録音されてる可能性があるので微妙。
)◆ 裁判所から郵便物は届いてない◆ 以前に債務整理、特定調停などをやってない※ 借金の時効は期間が過ぎれば自動的に成立するものではありません。
時効はこちらから相手の業者に援用を通知しないと成立しません。

2017/7/5 14:49:39

早い回答ありがとうございます。自分ではクリアしてると思います。途中で時効の延長、中断などはどのような方法で知ることができるのでしょうか?>

給与債権が二重に差押えされた場合給与債権に対して差押えが2つ届いた場合の事務処理についてご教授ください。
ある程度調べたのですが初めてなのでお力をお貸しください。
1つが先に届き陳述書を提出後2つめがとどきました。
1 この場合必要的供託となるのでしょうか。
2 供託場所は会社の管理部門のある管轄の供託所で問題ないでしょうか(債務者=社員の職場と本社が異なる場合本社の近くの供託所でよいのか)3 差押え額は差押えが1件の場合と同じでしょうか。
4 最初に届いた債権者には「他の差押え債権はない」と陳述していますがその後競合したことは裁判所から最初の債権者に伝えられますか。
5 民法上は最初に届いた債権者が優先しますが供託後裁判所が割り振るようです。
特別法で最初の債権者が全額もっていけないようになっていますか?6 今後は面倒ですが毎月供託することになりますが供託所に振込みはできるものなのでしょうか(債権者が民間企業の場合は当然できるのですが)。

1について差押債権の額の合計が債権額(給与の4分の1)を超えるのであれば、必要的供託です。
2について債務の履行地は勤務地と理解するべきですから、勤務地を管轄する法務局で供託してください。
3について債権の全額(給与の4分の1)を供託してください。
4についてそのような制度はありません。
5についてそのような民法の規定はありません。
6について振込は可能です。

2014/7/6 18:43:50

債権者代位権について教えて下さい。
共同相続者のA・Bが遺産分割の結果、甲土地については、Aがすべて相続することになりました。
その際にBの債権者のCが債権者代位により、甲土地についてABの共同登記を実施しました。
AはBに対して、対抗できない という問題で、回答は登記がないから ○ となっています。
登記が無いから対抗できないのは、納得できますが、Cが行った債権者代位は、Bの権利に対してではないので債権者代位の成立要件を満たしていないのではないかと思います。
これが○になる理由を教えて下さい。

>Bの権利に対してではないので債権者代位の成立要件を満たしていないのではないかと思います。
そうではなく、Bの権利です。
遺産分割協議は相続人の間だけのことです。
そこで協議が成立しても、第三者としては関係ないことです。
登記していなければ協議内容を第三者に対抗できないです。

2016/5/24 10:28:00

債権者代位権の裁判外行使で、大家以外に家賃を払う?初歩的な質問ですいません。
債権者代位権は裁判外でも行使可能ということですが、例えばA…Bの債権者B…Aの債務者であり、C宅の賃貸人C…Bの賃借人という関係で、債権者代位権の成立要件を全て満たしているとして、Aが「債権者代位権の裁判外行使だ」と言ってCに対し「Bに払う家賃を私に払え」と言ったところで、Cとして見ればいきなり来たAという赤の他人の話は到底信じられないと思います。
Bに確認してもBが目先の金欲しさから「そいつは偽物だ」などという可能性もあり、結局は裁判外の代位権行使は難しいと思うのですが、スムーズに行くのでしょうか。
また、貸金業法21条5項の規制により、貸金業者は債権者代位権を行使出来ない(債務があることを伝えることになってしまうため)と思うのですが、誤りでしょうか。

債権証書を持っていけばスムーズに行くでしょう。
行かなきゃ裁判で行使するまでのことです。
そもそも債権者代位権を行使するってことは、Bが未収賃料をCに対して取り立てられるのに、放置しているという状況だからです。
Cは賃料支払いを怠っている立場なんだから強い態度はとれません。
貸金業法の規制も、Bが自分の債権の行使を怠っている以上は、射程外です。
もしこの規制が条文通りなら、裁判上の行使すらできなくなってしまいます。

2018/4/28 18:05:24

債権差押命令について第三債務者になっています。
本題なのですが、責務者が毎月の養育費(5万円)を支払わず、債権者が自社に連絡してきます。
それは良いのですが内容が「毎月連絡をするのがめんどくさいから、借金してでも養育費を一括で払え。
と伝えてください。
」と言う内容でした。
債権者と言うものは、何でもありなんでしょうか・・・?勿論支払をしていない債務者が悪いのですが、雇用しているこちらとしまして指揮を下げられるようなまねは避けていただきたいのですが何か良い債権者に対する言い回し方はないでしょうか。
わかりにくい文章で申し訳ございません。

当方は第三債務者として裁判所からの命令書に則り、債権者に支払っているだけであり、その他の一切の事項について係る立場ではありません。
本係争に係る他の事項については、債務者へ直接ご連絡下さい。
尚、今後も第三債務者の責務以外の事項を求められた場合は、当方としてもそれなりの対応措置に着手致しますことを申し添えます。
このような内容で通知してはどうでしょうか?(内容証明郵便がいいと思います)※それなりの対応とは・・・裁判所へ経緯を報告、相談し、相手方弁護士に通知してもらう等からスタートです。

2014/11/18 08:41:07

「手形上の債権を被担保債権として物上保証人が根抵当権を設定した場合において、その物上保証人につき破産手続きが開始した時は根抵当権者はその事実を知った後に取得した手形上の債権については、その根抵当権を行うことができない」上記の問題は×です。
一度質問をしたのですが問題のなにがどのように当てはまらないのかしりたいです。
根抵当権者はその事実を知った後に取得した手形上の債権については、とありますがここは担保設定者が破産しているのを知っているのに債務者の手形の債権を根抵当権の枠にいれることは常識としてできないとの内容であってますか?よろしくご教示ください。

>「手形上の債権を被担保債権として物上保証人が根抵当権を設定した場合において、その物上保証人につき破産手続きが開始した時は根抵当権者はその事実を知った後に取得した手形上の債権については、その根抵当権を行うことができない」この原文は正確に引用されているのですか?もし、物上保証人に破産手続きが開始しているのであれば、根抵当権の元本は確定します。
第398条の20 次に掲げる場合には、根抵当権の担保すべき元本は、確定する。
四 債務者又は根抵当権設定者が破産手続開始の決定を受けたとき。
元本が確定した以上、それ以降に取得した手形債権は被担保債権に含まれないので、根抵当権は行えませんから、答えは〇になるはずです。
元の文章がちゃんと引用されているか、再確認してください。

2015/5/2 21:27:08

ZACさん。ありがとうございます。
答えに??で条文を読むこと民法398条の3第2項 と書いてありますがよくわからずです。>

債権の差し押さえ 仮担保登記に関して初歩的な質問ですが、Aが債権者、Bが債務者でCがAの債権者の場合に関してですが、CがA→Bに対する債権を差し押さえた場合、BはAとCどちらに支払いをした事になるのでしょうか?たとえば担保仮登記を設定している場合で、AがBに対して担保仮登記の所有権移転本登記を行う際にBに支払う清算金を支払う場合、この清算金支払いと所有権移転の本登記は同時履行の関係になりますが、Bの債権者CがB→Aへの清算金債権を差し押さえた場合、AはBに清算金を支払った事にはならず、同時履行の条件を満たせない、しかしそのための供託があるという旨の記載がありましたが、これを見て疑問に思いました。
ご教示よろしくお願い致します。

初歩的な質問??????、2段落目の論点はかなり高度な論点であると思いましたが・・・2段落目の論点を私なりに解説します。
「Bの債権者CがB→Aへの清算金債権を差し押さえた場合、AはBに清算金を支払った事にはならず、同時履行の条件を満たせない、しかしそのための供託がある」↓この部分の根拠条文は仮登記担保法7条【清算金の供託】第7条 債権者は、清算金の支払を目的とする債権につき差押え又は仮差押えの執行があつたときは、清算期間が経過した後、清算金を債務履行地の供託所に供託して、その限度において債務を免れることができる。
-----ここに言う債権者は仮登記担保権者【A】、清算金の支払を目的とする債権は仮登記担保の債務者【B】に入る予定の清算金、差押え又は仮差押えの執行は【C】が行使する。
Cは後順位担保権者であり物上代位にて差押える。
仮登記権利者【A】は、差押がなされると清算金の支払を止められ(民執145条3項4項)供託により債務を免れるしかないのです。
1段目の部分CがA→Bに対する債権を差し押さえた場合、BはAとCどちらに支払いをした事になるのでしょうか?↓A:差押債務者B:第三債務者(Aに対して債務があるもの)C:差押債権者(Aに対して債権がありBの金銭等を差押)Bは直接にはCに支払をしますが、支払が完了又は供託する事によりAに対する債務は支払い義務がなくなります。

2014/6/16 18:25:39

債権者集会について。
今年の3月に取引先が自己破産し、多額のお金が未回収になりました。
今度債権者集会があると裁判所から通知が来たのですが、どんな事を質問すればいいのでしょうか?破産した会社は建設会社で、大きい仕事をしている最中に破産し施主様から工事以上のお金を回収しているはずなのです。
今年社長の双子の子供が私立大学と専門学校に入学したので入学金や授業料は払ってると思うんです!そして、ここの社長はSNSで、「子供の文化祭に行ってきた」「ライブハウスでDJします」「近所のお祭りに参加してきた」など、全く反省してる様子なく投稿してます。
いろんな人に迷惑かけておいて遊んでいる様子を平気でSNSに載せてる気持ちがわかりません!どうにかこの社長を反省させたいのですが、仕事に関係なくプライベートの事まで債権者集会で質問しても大丈夫なのですか?SNSでこういう投稿してるけど、どんな心情で載せてるのか?子供の授業料はどうやって支払っているのか?とか…初めての事ばかりでわかりませんが、破産した人が弁護士に守られて何もできないのが悔しいです!詳しい方教えてください。
よろしくお願いします!

裁判所から来た通知書に期日が書いてあると思いますが、それに「債権者集会」とありますか?恐らく「財産状況報告集会・計算報告集会・破産手続廃止に関する意見聴取のための集会の期日」となっていると思います。
つまり、破産した会社の代表者が経緯を説明したり詫びたりする場ではなく、裁判所から選任された破産管財人が、破産手続き開始決定後の破産会社の財産の換価状況などを報告する場です。
糾弾する場ではありません。
破産した取引先は建設会社とのとこ、個人ではなく、法人ですよね(=株式会社などの会社組織)。
その会社の報告集会で代表者個人のことを聞くのは場違いです。
法人と個人を混同しないで下さい。
仮に質問しても、破産管財人にやんわりとかわされてしまうか、個別具体的には集会後にとされ、集会後もたいした話は聞けず、あまり収穫はないでしょう。
お気持ちはわかります。
破産した会社の経営者は、いろいろな会社や人に迷惑をかけたのですから、当分は謙虚にしているのが当然だと思います。
おとなしくしていればいいものを、余計なことを外に発信しすぎだと思います。
迷惑をかけた人が見ているかも知れないという想像力が欠如した、底の浅い人間です。
私は「お天道様が見ている」という言葉が好きです。
悔しいですし、経済的にもダメージが大きいと思いますが、そんなやつはほうっておきましょう。
そういう輩は、当面はしのいでも、きっとまた失敗します。
実際は火の車、家族は崩壊状態かも知れません。
そんなやつにストレスを感じることは損だと割り切りましょう。
人間力のある人は、周囲の人が見ています。
堅実な仕事振りは信用となり、もり立ててくれる人が必ずいます。
元気だして!

2015/9/15 14:55:51

-債権

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない