債権

民法の【債権者代位権】 に関する質問です。 国税で出題された問題の...債権

私は今、債権回収を考えています。
弁護士に相談し、ついこの間、契約をしてきました。
回収はゼロということはないと思いますが、会社名がわからないことには…と言われました。
一応、会社?そこの社長の現場として使っている事務所の住所は抑えており、以前、債権者とここで仕事をしているんだと話したこともあり、業者の材料やら工具などがあったので嘘ではないと思うのですが、自分の力で調べられる範囲内で、図書館に行って調べたところ、会社としての登録はなく、大井町自動車駐車場のような登記しかわかりませんでした。
しかし、2013年のデータなので、その後は分からず図書館の人に、会社の登録を住所から調べるサイトを教えてもらいました。
しかし、いかんせんそれで会社がないと言われるのが怖く調べられていません。
債権者は現場の仕事をしているようで、左官のようなイメージを持ってもらえるといいと思うのですが、社長と2人で仕事をしていると風の噂で聞きました。
その為、2人とは行かなくとも、大きくないので、会社名が果たしてあるのか、どんな可能性が考えられるか、現場の大手じゃないところの会社名などほとんど知らないので怖いです…汗会社登録?会社名が分かれば、第三者差し押さえ?ができ、給与差し押さえができると思うので安心できるのかなと思うのですが、私はこれからどうすべきなのでしょうか?また、どういうことが考えられるのでしょうか?又、登記が調べられる方、是非お願いできたらと思いますm(_ _)mちなみに、住所は、東京都品川区ニ葉1-11-16です。
よろしくお願いします??

質問者さん・・・「債権回収で弁護士に相談して契約しました」あの~ピントがずれている(壊れたテレビ?)魚屋で野菜の味を聞く(素人に質問する?)ようなもんですよ!まあ、その弁護士も「債権回収で何を事案解決したいのか、弁護士も理解していない」でしょうね!弁護士の業務・職務は「訴状から判決確定」までで、その後の損害賠償の請求の方法を知りません。
・・・私の経験ですが。
判決が確定し損害賠償の請求で相手(被告)が拒否した場合の「強制執行」での必要な書類と裁判所執行官への手続も無知です。
相手が損害賠償の支払いを拒否して転居(夜逃げ)しましても、転居した所在地の調べ方も知りません。
そのような弁護士に相談しましても、弁護士本人が知らないのですから、弁護士は「調べて、後日連絡します」か「とりあえず依頼者で○○の書面を手配して下さい」程度しか答えられないし、手配した書面を、どのように活用するのかも、弁護士は知りませんし理解していません。
・・・簡単にカジッた知識ですね!弁護士がなぜ、契約したのか?相手の所在・会社(商業登記)が判明して、その上で「相手が債務の支払いを拒否した」で・・・訴訟(裁判)しましょうです。
第三者債務差押ですが、裁判で判決が確定して、相手(債務者)の金融機関支店名・口座番号が判明している場合は、裁判所債務執行官室(裁判官の執行令状が必要です)での差し押さえが可能です。
・・・弁護士が教えたんですか?・・・大笑いです。
今後の対策:質問者さんが裁判所に行き、「執行官室」に行きますと、「強制執行の立ち合い専門業者」を紹介してもらえます。
有料ですが、弁護士よりも安い金額で債権回収の方法と行方が不明(夜逃げ)の債務者の探し方を教えてもらえます。
債権回収の素人(弁護士ですね!)に相談しても無駄です。
質問者さんは相談相手を間違えたと理解して、新たな方策を考えるべきです。
「債権回収・強制執行・夜逃げをされた」の経験者より。

2017/4/1 14:51:19

債権回収の法律についてご質問があります。
債権譲渡(買取)した案件については弁護士法及びサービサー法に該当せず債権回収を行えるのでしょうか?いかなる場合でも債権回収を行う場合には登録・申請・許可等手続きが必要なのでしょうか?個人及び法人名義にて債権譲渡さえすれば債権回収の業務を法的に行えるでしょうか?どうすれば借金・未納家賃・その他未回収案件を個別で債権回収できるでしょうか?お詳しい方、ぜひお知恵を拝借いたしたく思います。
よろしくお願いいたします。

債権譲渡は、民法に決められた手順を踏めば、誰にでも可能です。

2015/6/3 01:10:09

債権回収会社への時効援用の手続きを司法書士の方にお願いしました。
その時、過去10年の裁判の有無を聞かれ、この債権についての裁判ということでよろしいんですよね?以前、他の件で裁判したことがあるのですが、関係あるのか気になってしまい、もう電話が繋がらなくなってしまったので早急に知りたくて投稿しました。

>過去10年の裁判の有無を聞かれ、この債権についての裁判ということでよろしいんですよね?「この債権」のことです。
他の裁判の影響は受けません

2018/5/17 19:57:16

ヤキモキしておりましたところ、早急なご回答ありがとうございます。>

債権の相殺に関して*どちらもAとBの2人の間の債権です。
Bを債務者とする代金債権(①)について、Bは時効を主張して支払いをしなかった。
その後、Aを債務者とする貸金債権(②)の期限が到来した。
この時Aは対当額で相殺をすることができるか。
本によると相殺できないらしいのですが、時効完成前にもAが②の債権について期限の利益を放棄すれば相殺できませんか?そうすると時効完成前に相殺適状になっていて相殺できると思うのですが。
どなたか間違っているところをご指摘ください。

第五〇八条 時効によって消滅した債権がその消滅以前に相殺に適するようになっていた場合には、その債権者は、相殺をすることができる。
Bを債務者とする代金債権(①)の債権者Aは、代金債権(①)が時効によって消滅していても、その消滅以前に相殺適状になっていれば相殺を援用できます。
じゃあ、時効消滅以前に相殺適状になっていたんですか?というのが設問趣旨です。
Aを債務者とする貸金債権(②)の弁済期は、時効消滅以前にはまだ到来しておらず、相殺適状ではなかったわけです。

2018/4/1 11:46:20

初歩的な質問で申し訳ないのですが、相殺適状は自働債権と受働債権の両方とも弁済期が到来している状態ということですか?時効後に、あの時期限の利益を放棄していれば相殺ができたという場合でも、その時は相殺適状とは言えない、ってことですか?>

債権質についてです。
債権者A.債務者B.債権質権者Cがいて、元々債権で金銭消費貸借の証書がないないのに、債権質の設定の時に債権質の当事者のみで証書を作って交付後、債権質が実行されたら、それは証書があるから証拠能力が強いというだけで元々の債権設定に証書はないのでその債権を差し押さえることは証拠能力に乏しいのでやりにくいですか?BC間で債権質の証書を作ってもAB間で証書がない場合はCはAに対抗できないですか?Cが実行するよ。
Aは証拠の証書がないのだからその契約はBC間でやってよ。
となった場合です。
よろしくお願いします。

債権質の当事者というのは、質権を設定する債権者Aと、それを質に取る質権者Cでしょ?そのAとCが、どうやってAB間の債権証書を作れるというんで?そんなことができるんなら、債権者と称する者は誰だって勝手に誰かを債務者に仕立てて証書を作り、勝手に質入れできちゃうでしょうが。
あなた、債権質どころの話じゃなくて、契約ってものが何一つわかってないんじゃないですか?当事者以外の者が、当事者の契約証書を作っちゃったら私文書偽造ですよ。
もはや、救いがたいバカとしかいいようがない質問です。

2015/5/6 16:08:17

ZACさん
債務者A 債権者B 債権質者C  BとCで契約書あり
AとBは口約束です。
こんな状況はないですか?>

債権のツケに関する質問です。
以下のような文章を見つけました。
「第174条 次に掲げる債権は、一年間行使しないときは、消滅する」(四) 旅館、料理店、飲食店、貸席又は娯楽場の宿泊料、飲食料、席料、入場料、消費物の代価又は立替金に係る債権。
注目すべきは、「次に掲げる債権は一年間行使しないときは消滅する」という文言。
つまり、(お金払って、と催促すること)を行い、相手がツケの認識(もう少し待って・・・)という言葉が出てくれば時効が延びる事になります。
また、相手が応じてくれない時は、時効になる前に少額訴訟を起こすのも手。
60万円以下のお金を請求する場合に限り認められている制度で、その日のうちに判決が下るのが特徴。
また、一筆書いてもらえば時効は5年に延びるそうです。
質問1ですが、上記の文章の注目すべきは、「次に掲げる債権は(中略)という言葉が出てくれば時効が延びる事になります。
これは時効の援用を意味しますよね、違いましたっけ?質問2また、一筆書いてもらえば時効は5年に延びるそうです。
相手に自信が借金がある事を認識させる事ですが、5年で合っていましたっけ?余談ですが、法律が改正されて、時効の期間は、請求権があると知ったとき から5年、知らなかったときは請求できるようになってから10年に変わった様な記憶があるのですが、冒頭に書いた文は改正前ですので。
教えて下さい、よろしくお願いします。

質問1について、他の回答にある通り、時効の中断。
改正法では、時効の更新となる。
(意味は同じ)質問2「また、一筆書いてもらえば時効は5年に延びるそうです。
」うーん、自分もあまり理解しきれていないところがあるけど、ツケを準消費貸借として扱わせることかな。
これだったら、商事債権となり、消滅時効は5年となる。
「相手に自信が借金がある事を認識させる事ですが、5年で合っていましたっけ?」ちょっと意味が違うかな、、、あくまでも、準消費貸借であるから、両者の合意に基づくことになる。
これは、頻繁な売買などの取引がされ、債権、債務の管理が煩雑になるような場合、準消費貸借で複数の債権、債務を準消費貸借として一本化することによって、双方に債権、債務の管理が容易するために、利用されることが多い。
しかし、準消費貸借に切り替えることで、一方がかえって不利益となることも起こり得るため、実務的には双方がきちんと理解した上で、準消費貸借として約することが望ましいといえます。
民法第五八八条 消費貸借によらないで金銭その他の物を給付する義務を負う者がある場合において、当事者がその物を消費貸借の目的とすることを約したときは、消費貸借は、これによって成立したものとみなす。
だから、単に債務者に債務があることを確認させるだけでは意味がなく、消費貸借として約する合意が不可欠。
で、余談。
「法律が改正されて、時効の期間は、請求権があると知ったとき から5年、知らなかったときは請求できるようになってから10年に変わった様な記憶があるのですが」ちょっとその理解だと、まずい、、、あくまでも短期5年の消滅時効は、「権利が行使できると知った時から」、長期10年の消滅時効は「権利が行使できる時から」が時効の起算点になる。
で、権利が行使できる時からというのは、現行法との解釈と同じで、権利行使について法律上の障害がなくなった時点をいい、この起算点を客観的起算点といいます。
例えば、契約で履行時期が12月1日とした債権があったとします。
法律上、弁済期である12月1日が到来してはじめてこの債務の履行を請求することができるので、12月1日が法律上の障害がなくなった時ーつまり、権利が行使できる時ということになります。
一方で権利が行使できると知った時からとういうのは、事実上の障害がなくなった時点をいい、この起算点を主観的起算点といいます。
事実上の障害というのは、権利者が権利の存在や権利を行使しうることを知らなかった、権利者の病気や不在といった法律以外の理由で権利が行使できない障害をいいます。
つまり、質問にある「請求権があると知った」というのは、短期5年の消滅時効の起算点である権利が行使できると知ったことの一つで、それ以外のケースもあるのです。

2017/11/27 23:20:08

債権の担保として、不動産と火災保険に質権を付けていました。
不動産は任意売却で処分しましたが、その際に火災保険は解約せず、そのままになっていました。
当該債権を譲渡する事になりましたが、質権設定済の火災保険は新債権者に移転されずそのままになっていました。
債権譲渡後、数年経過後に火災保険がそのままになっている事に気付きました。
この場合、火災保険に設定されている質権は債権譲渡に随伴して、当然に新債権者に移転する事になるのでしょうか?あるいは、債権譲渡に際して、質権設定済の火災保険を除外する旨の意思表示を新債権者にしていれば、質権は移転しないと考えていいものなのでしょうか?法律に詳しい方、ご教示願います。
補足不動産担保を任意売却した資金は、全て債権に充当されましたが、債権は完済していません。
残った債権を、無担保債権として新債権者に債権譲渡しましたが、質権設定済火災保険が残っていたという状況です。

債権の担保として、不動産と火災保険に質権を付けていました。
不動産は任意売却で処分しましたが、その際に火災保険は解約せず、そのままになっていました。
↑説明お願いします。
債権者兼質権者A物件所有者兼債務者B任意売却で処分B→新所有者C①BのAに対する債務は通常は弁済による消滅しますがどうなったのでしょうか?【 になった】①が存在するとするとBがCに対する売買代金の請求権はどうなりますか?①が存在するとすると当該債権を譲渡する事になると債権者Dが登場します。
とすると新所有者C債務者B債権者Dという事でいいのですか?

2014/8/16 14:44:25

補足後の追伸
先ず紛らわしい事を排除したいと思いますが、まず無担保になっているという事で不動産質権は抹消されていると文面から読み取りましたので物上代位による保険金を指し押える事はできません。
それで火災保険の債権質について考えたいと思います。
火災保険の権利者はBです、被担保債権①は存在します。其の質権者はAでしたが債権譲渡によりDに転質されたと考えられますが第三者〔保険会社)への対抗要件である確定日付けが取れていないのでDは保険会社に対抗できません。
結論を申し上げれば、火災がおきればDは保険会社に請求はできないが、質権が移転しているためAが保険会社に請求した金員を被担保債権に充当させる請求が出来る。
と考えます。>

債権回収会社に高卒でも入社できますか?むしろ、コンビニバイトよりは大変ですか?

地獄へようこそ・・・と言う処でしょうか。
特に現場では、普通の人も全て豹変してきます。
テレビなどを観たのかも知れませんが、あれは良い方です。
高卒でも、社会経験があれば中途では入れるのでは。

2018/1/25 00:41:54

コンビニや事務に耐えられない人には無理ですか?>

債権回収センターからメールが届きました未払いのものがあるという短い文章にURLが貼ってあり、どこの会社かなど一切書かれていません。
これは、詐欺メールですか?それとも払った方がいいのでしょうか…ちなみにURLはアクセスが集中していて開けません

メール本文に社名がないものは無視しよう。
これはサギでしょ。

2017/11/15 08:14:42

わかりました!ありがとうございますm(_ _)m>

民法の【債権者代位権】 に関する質問です。
国税で出題された問題の解説が、地方上級で出題された問題の解説および参考書に書かれている事と矛盾している気がして、質問させていただきました。
平成14年に出題された国税の問題では、[問題]Aは、Bに対して1000万円の貸付金債権を有しているが、弁済のないまま弁済期を経過した。
Bは、Cに対して2000万円の売掛金債権を有しているが、その他の財産は協議離婚したDにすべて財産分与した。
この事例に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか?↓(選択肢1)Aが、Bに対して有する貸付金債権を保全するため、BがCに対して有する売掛金債権をBに代位して行使した場合、Aは、Cから受領した金額を直接事故の債権の弁済に充てることができると解するのが通説である。
[(選択肢1)の解説]妥当ではない。
債権者は金銭を直接自己に引き渡すべきことを請求しうるが、受領した金銭を直接自己の債権の弁済に充てることまで認めているわけではない。
債権者代位権は、総債権者のために債務者の責任財産を維持するための制度であり、1人の債権者が自己の債権を直接満足させるためになされるのではないからである。
とあります。
一方、平成22年に出題された地方上級の問題では、[問題]債権者は、代位権の行使として第三債務者から物の引渡しを求める場合、直接自己に引き渡すよう請求することはできず、債務者に引き渡すよう請求しなければならない。
[解説]妥当でない。
引渡しは直接債権者になされてよい。
必ず債務者に引き渡されなければならないとすると債務者が受取ろうとしない場合、話が進まないからである。
ただ、債権者は自己に対する弁済としてこれを受け取るのではなく、あくまでも債権者代表として債権者みんなのためにお預かりするのである。
「もっとも、金銭の場合、債権者は受け取った金銭の債務者への返還債務と債務者に対する自己の被保全債権とを相殺することができる。
その結果、債権債務は消滅し、受け取った金銭が手元に残るから、債権者は事実上優先弁済を受けたのと同じ利益を確保できる。
勤勉な債権者が得をするのは悪くないのである。
」とあります。
ここで疑問に思ったのですが、、国税の問題の解説と、地方上級の問題の解説の「」で囲んである部分って、言ってることが矛盾してないですか?ちなみに、私が使用してる民法の参考書には、「債権者代位権を行使した際に、債権者は第三債務者に対して金銭や物(不動産移転登記は不可)を自己に引き渡すように請求できる。
さらに、(第三債務者から受け取ったものが)金銭の場合、債権者は債務者への返還義務を負うが自己の債権と相殺可能。
このことに関しては、債権者は事実上優先弁済を受けることになってしまうが、判例通説は許容している。
」とかかれています。
とすれば、国税の問題の(選択肢1)が言っていることは正しいと思うのですが・・・・。
再度改めて、簡潔にまとめた質問内容を以下にかかせていただきます。
[質問]国税の問題の(選択肢1)の解説がいっていることって、地方上級の問題の解説の「」で囲ってある部分や、私の参考書に書かれている事と矛盾している気がするのです。
つまり、国税の問題の(選択肢1)が言っていることは正しいと思うのです。
でも、実際には、誤りです。
なぜでしょうか?どなたかお力を貸していただけると助かります。
どうかよろしくお願いいたします。

矛盾していません。
質問文に書いてある解説は正しいです(※)。
要点をまとめると、(1)国税の問題は、「直接事故(自己)の債権の弁済に充てることができる」とあり、(2)地方上級の解説は、「事実上優先弁済を受けたのと同じ利益を確保できる。
」、参考書には「債権者は債務者への返還義務を負うが自己の債権と相殺可能。
…、債権者は事実上優先弁済を受けることになってしまう」とあります。
前者は法律上の建前でいえば弁済に充てることはできない旨を述べているのであって、後者は「事実上」の効果が相殺の制度によって弁済である旨を述べています。
実際に国税の問題を検討してみると、代位によってAはCから直接金銭を受領します。
そして、債権者平等の原則によって、受領した金額は債権者の債権額に応じて配分されるのが原則であり、そもそも当該債権はBのものであるから、AはBに対してCから受領した金銭をBに引き渡す義務があります。
したがって、「直接事故(自己)の債権の弁済に充てることができる」という国税の問題は誤りであることがわかります。
しかし、このケースにおいては、相殺の要件を満たすので、それを行使することによって、他の債権者に先立って「弁済」を受けるといった結果を享受することができます。
これが、後者の説明が言いたいことです。
※「勤勉な債権者が得をするのは悪くないのである。
」の一文については、正しいか疑問です。
一般的には、優先弁済となる結果を回避することが困難であるから、仕方ない。
という説明になります。

2016/4/9 21:47:25

返信が遅れてしまい申し訳ありません。
大変勉強になりました。
本当にありがとうございます。>

-債権

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない