債務

債務整理についてです。 ここ数ヶ月、支払いが滞っているので(1ヶ月...債務

債務整理?おまとめローン?主人4社200万(車、ショッピング、キャッシング)妻2社35万(ショッピング)のローンがあり毎月10万の支払いで圧迫されています。
消費者センターで任意整理を勧められたのですがおまとめローンとどちらがいいのかイマイチ分からず…主人の年収300万程度です。
この場合、ダメ元でおまとめローンの審査をしてみてから任意整理を考えた方がいいのか。
最初から任意整理をした方がいいのか。
知識のある方、アドバイスをいただけたらと思います。

債務整理も匿名無料で相談できます。
両方に相談してみてはどうですか。
債務整理の相談で、おまとめローンとどちらがいいか聞いてみてはどうですか。
無料相談⇒ xn--r9j561koba845d0hz.biz/

2014/9/9 16:32:46

債務弁済契約公正証書(強制執行許諾文言付き)について教えてください。
2年前に知人に200万円を貸し、返済のないまま期限は1年前に過ぎています。
金銭借用書と委任状は2年前の日付ですが、印鑑証明書は3ヶ月以内です。
また、金銭借用書と委任状は別紙ですが、割り印がないので委任状に金銭借用書の内容を記載してあり強制執行許諾文言も入っています。
今から債務弁済契約公正証書(強制執行許諾文言付き)はできますか? 委任状の日付が2年前でも問題ないですか?他にも注意点があればご教示願います。

それなら、債務弁済承認証書ではなくてその当時の金銭消費貸借証書(いわゆる借用書)の委任状でないの?

2014/6/16 01:45:54

債務承認の方が印紙が小額だと思ったのですが、できませんか?>

債務整理について。
友人が債務整理を過去に債務整理をしたそうです。
弁護士に振込み返済をする方法らしいのですが、今、支払いを待ってもらっている…。
と友人は言っていますが、そんな事出来るのでしょうか?日頃の金遣いを見るとやはり支払いをしているようには思えませんが、債務整理をした後、整理後の返済をしないとどうなるのですか?よろしくお願いいたします。
補足補足します。
友人は任意整理と言っていました。

債務整理については3つあります。
全てにおいて法律事務所が依頼を受けて代理で交渉返済を行います。
個人でも手続き可能です。
任意整理全ての借金をまとめて計算を引き直し返済します。
法律事務所が金融会社と交渉して返済することになります。
個人再生裁判所を通して債務を減額してもらう方法です。
住宅などの資産を持っていても手放さず借金の返済が合法的に行われます。
自己破産裁判所において債務を免除してもらう制度です。
免除してもらう以上保有財産は処分することになります。

2015/10/11 19:02:01

任意整理は文字通り任意なので債権者には強制力ありません。
利息を停止し現在の債務を分割で法律事務所を通して返済していきます。
ただそれの返済を怠ると債権者と和解した整理は解消され法律事務所は代理を辞任して債務者へ請求されます。
これに応じなければ裁判を起こされ差押えとなるのです。>

連帯債務の一部免除について質問です。
債権者がAに対し、x円免除しても、Aの負担額がx円減るわけではなく、全体の債務額もx円減るわけでもないということで合っていますか?たとえば、AとBがGに対し1000万円の連帯債務を負った(負担割合は平等)。
GがAに対し、債務を200万円免除した場合、免除の割合は2割。
Aの負担部分は100万円縮減し(500×0.2)、その額について、Bの債務額に絶対効が生じる。
債務額については、Aが800万円(1000ー200)、Bが900万(1000-100)、負担部分はAが400万(500-100)、Bが500万円となる。
わけですよね?Aの負担額は500-100で100万円しか減っていないし、負担部分がそれぞれ400と500なら、全体の債務額も1000-900で100万円しか減っていませんよね?

金額の計算については(判例に従えば)ご理解の通りです。
しかし、法律的な説明の仕方、用語法が一部正確ではないです。
連帯債務と言えども、AのGに対する債務と、BのGに対する債務は独立別個の債務です。
ただ、連帯債務の規定が適用される範囲のみ、相互に影響をもつというだけです。
なので、「全体の債務額」という表現は適当ではなく、「GがA、Bに対する各債権から得られる総額」などというべきでしょう。
なお、今回の民法改正により現行437条は削除され、連帯債務者の一人に対する免除(一部免除も含む)は相対効となります。

2017/10/29 12:22:08

債務整理した社長が、再び公庫から事業資金を借りることはできますか?社長が以前、法人として日本政策金融公庫に事業資金を借り入れしましたが、その数年後、個人的に借金の債務整理を行いました。
この度、事業拡大のため公庫から借り入れをお願いしようと思っているようですが、可能でしょうか?ちなみに会社規模は10人未満の会社です。
業績は毎年右肩上がりで今期も黒字でした。
以前(5年ほど前)、公庫から借りた時は、保証協会を通してでした。
公庫から借り入れしている借金の返済が滞ったことは一度もないようです。
どなたか詳しい方、回答の程よろしくお願いいたします。

公庫の返済に滞りがなく個人的な債務整理が完了していれば可能性はあります。
債務整理し、それを返済中であれば厳しいでしょう。
商工会議所や公庫融資に詳しい税理士・行政書士などに相談してきちんとした対策を立ててください。

2017/12/14 16:54:13

債務整理についてお聞かせ下さい。
友人が債務整理を検討しています。
自分は法律の関係はまったくわからないので教えてください。
友人いわく「カードが使えなくなる前にできるだけ使う」と言っています。
どんな債務整理を考えているのかわかりませんが、債権者が免責を認めてそこからの整理になりますよね?債権者の心情からして債務整理の寸前までカードの使用(娯楽品等の購入など)をしている者にすんなりと免責を認めないんじゃないかと思います。
そんなのは関係ないものなのでしょうか?

ご友人がどんな方法で債務整理をしようとしているかでも回答が変わってきますが、債務整理でも自己破産でも直前までカードを使ってたというのは面積不許可には当たらないかと思います。
新しくカードを作って全く支払いをしないうちに債務整理を始めるとダメな場合があるようです。
すんなりと行かなくても、弁護士さんに依頼した時点で直接の請求はなくなりますので楽にはなりますよ。
私も専門家ではないですが、債務整理は経験していますまずは債務整理が得意な弁護士さんに依頼するのが良いと思いますよ

2014/6/17 20:23:10

連帯債務の一部免除の比例した割合の意味について。
1.ABCの連帯債務でXに300万の債務がある場合に、XがAに150万の一部免除をした場合の負担分ですがAが50万 BCが100万の負担部分とあるのですが、BCの負担部分に変わりがないのは、Xから免除されてないので変わらないのでしょうか?また、Aの50万については、債務300万の1/2を免除されたので、その割合に対して負担部分も、100万の1/2なので50万と言うことでしょうか?2また、上記のケースでXに対する債務の額についてですかA150万、BC250万となるようですが、Aについては150万免除なので理解できるのですが、BCはなぜ250万になるのでしょうか?Xに対する一部免除後のBCの債務の計算が分かりません。
よろしくお願いします。
補足ご丁寧に回答ありがとうございました。
色々と説があり私には難しかったのですが、結論から言うと、被免除者Aの免除された負担部分50万=BCの債務額ー50万をで250万になるという理解でよろしいでしょうか?よろしくお願いします。

まず、負担割合は、平等ということでよろしいようです。
これを前提とします。
>BCの負担部分に変わりがないのは、Xから免除されてないので変わらないのでしょうか?そのロジック(趣旨がよくわからないです。
すいません)はさておき、Aについてのみ一部免除されているときは、他の連帯債務者の負担部分は変わりません。
免除の絶対効とは、他の債務者の債務額に及ぼす効果をいいます。
ただ、判例の場合はその絶対効が生じる額について、被免除者の債務額の減少分ではなく負担部分の減少分を基準にしているというわけです(この点が、後述の割合基準説(比例説)の特徴であって、この特徴が法律関係を複雑化させています)。
すると、その場合、債務免除額と被免除者の負担部分の減少額との関係がいかなるものかを説明する必要がありますが、これを割合計算によって説明するので、割合基準説(比例説)といいます。
>Aの50万については、債務300万の1/2を免除されたので、その割合に対して負担部分も、100万の1/2なので50万と言うことでしょうか?はい、そういう意味です。
Aの債務額は150万円、負担部分は50万円となります。
>上記のケースでXに対する債務の額についてですかA150万、BC250万となるようですが、Aについては150万免除なので理解できるのですが、BCはなぜ250万になるのでしょうか?まず、Aの債務額については、債務の150万円免除されているのですから、素直に残額150万円と解します(結果的にAの負担部分がどうなるかは、学説によって結論が異なりますので、最後に補足します)。
問題の絶対効(他の債務者の債務額に及ぼす減少額)ですが、判例は、債務の免除について全部免除または一部免除を問わず、被免除者の負担部分の減少分についてのみ他の債務者の債務額について絶対効が及ぶとしています(その趣旨について説明すると長くなるので、潮見「債権総論第3版」551頁以下、中田「債権総論第3版」452頁以下、などを参照ください。
予備校本でも、ひょっとしたらCブックに書いてるかもしれませんが、たぶん書いてないです)。
だとすると、被免除者の負担部分の減少額はどうなるのか問題となりますが、その計算方法については割合計算方式を採り、その結果、当然ながら全部免除の場合は被免除者の負担部分はゼロになるというわけです(全部免除の結論ありきでの「つじつま合わせ」という可能性があり得なくはないですが、ロジックとしてはそうなります)。
これが判例も採用する『割合的減少説(比例説)』です。
よって、Aの負担部分の減少分50万円にのみ絶対効が及び、BとCの債務額はそれぞれ250万円です(BとCの負担部分は影響せず)。
仮に全部免除ですと、Aの債務額・負担部分ともにゼロ、BとCは、それぞれ債務額200万円(BとCの負担部分は影響せず)となります。
補足:免除の絶対効は免除を受けた債務額のまま及ぶという立場に立ち、免除額が負担部分を超える場合はその部分は絶対効が生じないという『免除額減少説(債務減少説)』、免除後の債務残額が被免除者の負担部分を下回る場合にのみ、その下回る額について他の債務者の債務額について絶対効が及ぶとする『負担部分基準説』があり、後者は、免除後の債務残額が被免除者の負担部分を下回らないと絶対効が生じない(絶対効が生じない場合、被免除者の負担額は免除前と変わらない)という点で、民法437条の効果を重視して常に絶対効が生じるとする他の見解とは様相を異にしますが、従来から多数の支持を得ています。
近年は判例の採る割合減少説も有力に支持されています。

2014/11/2 04:16:54

結論だけ申せば、判例の立場(比例説)ですと、
①XがAの債務を150万円免除した。この時点で、Aの債務額は150万円となった(300-150)。
②免除された150万円は債務額300万円のうち5割である。全部免除なら、ここで10割となるはず。
③この割合を、Aの負担額100万円にかける(100×0.5)と、50万円である。
④この50万円がAの負担部分から縮減される分であり、結果、Aの負担部分は50万円となる。
⑤そして、債務免除の絶対効は被免除者の負担部分の『縮減された部分=マイナス分』のみ生じるから、Aの縮減された負担部分50万円について、B及びCの債務額に絶対効が生じ、それぞれ、債務額は250万円(300-50)となる。なお、全部免除なら、Aの負担部分は0に縮減されたのだから、結局Aのもとの負担部分全額である100万円について絶対効が生じる。
>

債務整理、借金整理について現在アコム50万 レイク10万 バンクイック20万 クレジット50万の借り入れがあります。
この度妊娠、出産に伴い一時収入が低下するため、支払いが滞る恐れがあります。
今まで一度も滞ることはなかったです。
借金を整理したく思っています。
こういった相談は弁護士事務所では、費用がかかりますでしょうか?おまとめローンにするのがベストなのでしょうか?そもそも、債務整理とは?これから先、家を借りる、ローンを組む時に響くのでしょうか?お厳しい声もあるかと思いますが、一先ずお腹の子供のこともあり、てんてこまいの毎日です。
どなたかアドバイスいただけたら、幸いです。

債務整理をするとクレジットカードやローンは組めなくなります。
なので、債務整理はしないと私は、決めてます。
月々の返済額を下げる為に、銀行にておまとめローンにしました。
審査まちです。
銀行のほうが、金利も安いですので。
借金がある中で、金額が少ないものは自力で返し、金額が多いものは、足しておまとめローンにしました。
ちなみに、審査まちの銀行は、西京銀行さんに電話で相談しました。
他県になりますが、全国対象のようで、とても親切丁寧に教えて頂きました。

2014/9/7 23:52:32

お優しい回答ありがとうございます。>

債務整理をすべきか悩んでいます。
メリット・デメリットを教えてください。
36歳の会社員、借金で困っています。
消費者金融、クレジットカードのキャッシングの合計5社から借金をしていて総額は400万円ほどあります。
借金返済で生活は苦しく、返済も滞り気味です。
このまままともに働いて完済出来る気がしません。
債務整理をすれば、返済負担が軽減できると聞いたのでしようか検討しています。
債務整理についてあまり知識がないので、メリット・デメリットを理解してから決めたいと思っています。
詳しいかた、教えてください。
よろしくお願いします。

債務整理は自己破産、任意整理、個人再生、特定調停の4種類があって、それぞれ特有のメリットとデメリットがあります。
自己破産は借金をすべて消すことができますが、財産の処分をしなくてはならないというデメリットもあります。
「財産を処分してでも借金をとにかくなくしたい!」というのであれば自己破産が一番です。
しかし、借金の金額や借入件数が比較的少なく自己破産するほどでもないい場合、任意整理で毎月の返済額を減らすことができます。
また、「車や家を手放したくないから自己破産は嫌」とか「借入先が多くて任意整理も無理」という場合は今後の支払い計画を見直すことができる個人再生を選ぶといいでしょう。
債務整理をする場合は、各種手続きの特徴を把握した上でどの手続きがベストであるかを判断する必要があります。
事案によっては判断が難しい場合があり弁護士などの専門家にに相談した上、もっとも適した方法を選択した方が良いでしょう。
債務専門の弁護士による無料相談サービスがありますので活用してみてください。
ntuj56.click/kabarai

2016/7/27 23:14:50

債務整理についてです。
ここ数ヶ月、支払いが滞っているので(1ヶ月遅れなどで払っているため、催促の電話が毎日なります。
)自己破産などを検討しています。
地元の司法書士さんにメールをしましたがまだ返答はないのですが、よく考えると年末年始ですので、そういった事務所もそろそろ休業に入る時期ですよね。
催促の電話は年末年始も来るのですか。
そして、全部で5社くらい払わないといけないところがあるのですが、今月はまだひとつも払っておらず、全部払うだけ収入が無かったので、どれかを優先的に払うことになりそうなのですが、いま払っても年明けに払っても同じでしょうか?自己破産についてしらべているときに、どこかで「自己破産を決めたら、その時からどこにも返済してはならない」というような内容を見た気がします。
でも、司法書士さんと連絡取れない以上、ただ未払いの人ですよね。
もう行き詰まっています。
アドバイスください。
宜しくお願いします。

こんにちは。
借金や債務の整理については以下のサイトが参考になるかもしれません。
swiftcap.seesaa.net/article/451217976.html?1514416111一日でも早く債務生活から解放されるよう、応援しています。
頑張ってください。

2017/12/28 08:19:03

-債務

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない