債務

債務名義について xはyに1000万円を貸し付けた。その際に、xは、法律...債務

普通、債務整理中はクレジットカードの発行は申込みをしても否決されますよね?友人から数年前に毎月のカードの支払いが膨れ上がってきて、弁護士に債務整理をしてもらって返済額が減ったと聞いてました。
でもデメリットとして、完済してから数年はクレジット申し込みはもちろん一切のローンは通らないと思ってくださいと言われたと言ってました。
ですが、ついこの間友人の車で一緒にランチに行って給油したいからと近くのガソリンスタンドに立ち寄った所、ガソリンカードの発行をぐいぐい勧められていて、すぐ済むから!と言われて申込みさせられていました。
私はその時友人が債務整理してた事実をすっかり忘れて待っていましたが、友人から「私まだあと1社だけ残り数か月返済しないといけないのにさ、しかもパートで年収も殆どないって言って書いたのに、1000%否決になるのに・・でも親切さに断れなかったー」と嘆いてました。
なのに、数週間後にカードが届いて友人もびっくりしたようでした・・ちなみに発行カードはコスモザカードで、審査はイオンクレジット。
1年半?程前に今の残り1社を除いて4社完済しているようです。
その完済した中にイオンカードがあったらしく、尚更私も、なんで!?とビックリしました。
こんなことってあるのでしょうか・・・それとも何かの間違い??

債務整理の記録が共有されるのは、その業者が加入する信用調査会社です。
ですので、その記録がなくなるもしくは、そもそもない調査会社を利用しているカード会社ですと、審査は通ります。
また、審査が通ったということは、ほかの会社でもOKになっていることも考えられます。
事故情報は、いつまでもでなく、通常5年~7年 長くて10年でなくなりますから自己破産を何度もする人も同じです。
でも、債務整理のほうが借金は完済しているわけですから、軽いですね~

2015/7/2 10:30:56

債務整理や借金相談でどこかおすすめはありますか?経験談などありましたら宜しくお願い致します。
ちなみに千葉県在住です。

千葉での経験ではないですが、債務整理しました。
onayamicave.com/saimuqq/soudan23.htmlそのときはこちらのサイトを参考にしましたよよければ参考にしてください

2018/1/27 13:41:33

債務整理をしていわゆるブラックリストになった場合ブラックリストから消えるのは完済してから5年なのか債務整理手続きをしてから5年なのか教えてください。

ブラックリストに載るということは、金融事故を引き起こしたという前歴が載るということです。
完済は全く関係ありません。
債務整理をする弁護士が債権者に対して受任通知を送達した日が金融事故の起算日です。
10年間はクレジットカードも作れません。
リストから消えるのは10年です。

2017/12/18 01:18:34

債務整理の途中で、貸金請求事件で裁判を起こされました。
昨年秋に、弁護士に債務整理を依頼し、その途上で過払い金が発生し、その後の方針として、「過払い金の入金後、そこから弁護士費用を精算した残りを清算価値として、その後に個人再生を申し立てる」ことになりました。
過払金は、和解から8カ月後の7月末とされ、8月初旬に申立をするために書類等を用意していたところに、6月初めに1社から訴訟を起こされました。
第1回の口頭弁論が6月末にあり、現実的には争う余地はないもの。
とはいえ、個人再生申立を直前にして給与差押えをさせるわけにはいかない、と弁護士は、引き延ばしでしかないが争う必要があるということでお任せしました。
口頭弁論は、第2回7月末にあり、第3回を8月8日に決められたところで、過払い金の入金があり、8月1日には、個人再生の申立をしました。
そこで、弁護士からは、「第3回では、原告主張を認めていいだろう。
結審しても大丈夫」そこで、現在ですが・8/1に個人再生の申立はしています。
まだ開始はされていません。
・貸金請求事件は、おそらく8/8に結審することになったと思います。
弁護士は、任せておいてくれればよい、ということで細かい説明を受けてはいないのですが、この後、・少なくとも、今後の給与の差押え等が発生する心配はしなくても良い、ということでしょうか・個人再生の申立によって、この貸金請求事件は、何かが留められている。
または、制限されている、ということでしょうか?それとも、事件自体が取下げになっているのでしょうか?・それとも、申立では効力がなく、個人再生の開始が見込まれるので、確定判決には間に合うだろうという読みで、万一、時間的なずれがあると、差し押さえされるような可能性が残っていたりするのでしょうか?法律用語等が解りませんので、言葉の使い方が間違っていたらもうしわけありません。
何卒、文意を汲んで、ご教示いただける方がいましたら、お願いいたします。

再生申し立てしているから「差押え」は心配要らないというかそもそも8月8日が結審なら、判決言い渡しは通常また約一ヶ月後以降。
判決が送達されて二週間は異議申し立て期間。
まぁ仮執行宣言付なら異議申し立て期間待たずに差押え出来ないこともないが、普通は待つ。
そう考えたら差押申立出来るようになるのは、10月入ってから弁護士を信じようよ

2016/8/17 11:01:02

連帯債務の絶対的効力の請求のなかで請求以外の時効の中断事由は相対効であるとはどういう意味ですか?また具体例も教えてください。

債権者を甲、連帯債務者をA・B・Cとします。
甲がAに対して「請求」(民法147条1号)した場合、「請求」の効力はB・Cにも及びますから(民法434条)、甲のAに対する債権だけではなく、甲のBに対する債権、甲のCの対する債権についても、時効が中断します。
Aが甲に対して「承認」(民法147条3号)をした場合、「承認」の効力はB・Cには及びませんから(民法440条)、甲のAに対する債権についてのみ、時効が中断し、甲のBに対する債権、甲のCに対する債権については、時効は中断しません。
民法第147条(時効の中断事由)時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一 請求二 差押え、仮差押え又は仮処分三 承認第434条(連帯債務者の一人に対する履行の請求)連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる。
第440条(相対的効力の原則)第434条から前条までに規定する場合を除き、連帯債務者の一人について生じた事由は、他の連帯債務者に対してその効力を生じない。

2017/6/13 02:48:33

多重債務者です。
ギャンブルと生活費で多額の借金を作ってしまいました。
とうとう首が回らなくなりまして。
反省しています。
親と同居していますが、このことを知られた時には。

個人再生を色々と調べて質問させてもらってますが、なかなか私の知りたい部分がなくこちらでご指摘していただきたいと思っております。
個人再生を行なうにあたって、実家ですと官報に住所が載る・怪しいDM・電話・稀に債権者・裁判所よりの郵便物が届くということなのでなけなしの金で引っ越しをしてそこで個人再生を行ないたいと思っています。
その場合、引っ越ししてすぐ弁護士に依頼しても問題ありませんか?引っ越しする金があるなら。

等でなにか突っ込まれそうで怖いです。
特に財産等もありません。
ですが、破産というのにはかなり抵抗があり個人再生を希望しています。
もし他の債務整理で返済可能であればそちらを選択しますが金額的にも個人再生か破産しかないと思っております。
個人再生の給与所得者再生にもしなった場合、可処分所得の2年分以上の支払いが条件というのはどういった計算をすればいいのでしょうか?年収500万で債務700万小規模個人再生140万のところ大幅に支払額が高くなるのでしょうか?債務700万で任意整理せずに一つ一つ返済していけるものなんでしょうか?やっとこの金額がどんなに大きいものなのかがわかり吐き気が止まりません。
読みにくい文章ですがすみません。
お願いいたします。

実家に住んでいて年収500万なら支払い出来そうですが…個人再生は債務整理の中で1番ハードルが高く、きちんとした理由の無い引っ越しは心証が良く無いですね。

2016/4/4 23:47:12

連帯債務でいう、絶対的効力と相対的効力とは何でしょうか? 具体例があるとわかりやすいですので、お願いします。
補足絶対的効力のところがよくわかりません。
もう少し具体的な例で説明して頂けるとありがたいです。

連帯債務については、原則的には相対的効力です。
例甲を債権者に A、B、Cが連帯債務者である場合甲とB間で連帯債務についての無効が生じた場合他の連帯債務者のAやCには無効の効力が及びません。
相対的効力だからです。
相対的効力とは、効力が相対化つまい及ばないという事です。
絶対的効力とは、効力が及ぶものです。
連帯債務には弁済(代物弁済、供託を含む) 連帯債務においては、連帯債務者が弁済をすればその効果は他の連帯債務者にも及びます。
規定さている順序から言うと請求(434条) 甲がAに請求をするとその効果は、他の連帯債務者B、Cにも及びます更改(435条) 連帯債務者の一人と債権者との間に更改があったときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅します。
相殺(436条) 連帯債務者の一人が債権者に対して債権を有する場合において、その連帯債務者が相殺を援用したときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅します(1項)。
債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は、その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができます(2項)。
免除(437条) 債権者が連帯債務者の一人に対しその債務を免除した場合にも、その連帯債務者の負担部分の限りで、他の連帯債務者にもその効力が及ぶとされています。
補足です。
絶対的効力とは、効力が他の連帯債務者にも及ぶものです。
問題点として言えば請求ー甲がAに請求をすればBやCも請求を受けた事になります。
更改ー甲がAとの間で更改があった場合これらはBやCにも及び債権は全ての連帯債務者に及び消滅します相殺(1項)連帯債務者Aが逆に甲に反対債権を持っているとします。
この場合にAが相殺の援用を行うと(相殺する事により利益を受ける意思表示です)債権は全ての連帯債務者の利益のために消滅します。
問題点としてよくあげられるのがここからですが相殺(2項)相殺(1項)の事案で相殺を援用しない連帯債務者がいる場合他の連帯債務者は、負担部分において相殺を援用する事が出来ます。
例、例えば900万円の連帯債務を負う場合で負担部分が平等とします。
Aが甲に対して反対債権を持っているけど相殺を援用しない場合B、Cの連帯債務の負担部分は300万円です900万÷3=300万ですのでなのでBとCは300万の負担部分において相殺を援用する事ができるわけです。
連帯債務全額がチャラになるわけではない点が注意です。
次に免除です甲が連帯債務者Aに対して免除をしたとします。
そうなるとこの効果は、BやCにも及びますがこれは負担部分についてだけですのでAの負担部分は300万ですのでその後は、BやCは600万の連帯債務を負います。
最後に時効です。
連帯債務者Aの連帯債務における時効が消滅時効するとします。
そうなるとBやCは負担部分について連帯債務を免れます。
Aの負担部分は300万ですのでBとCは600万の連帯債務を負う事になります。

2010/10/30 16:21:15

債務整理中とアイフルにおまとめ支払い中ですがソフトバンクのおまかせチャージの審査は通るのでしょうか?1週間ほど前にauから乗り換えでソフバンにしました。
その時作ったTカードにおまかせチャージを付けたく、ソフバンショップにて流れで申し込んできてしまいました。
クレカ審査というところを見逃してしまっていて焦っています。
ちなみに支払いは怠ったことありません。
通らなかった場合債務整理に響いたりしますか?補足すみません。
債務整理→任意整理です((+_+))

債務整理中ということですが「通ってしまう」場合の可能性も有ります。
ただ、滞納が他で有った場合は無理です。
しかしながら債務整理の期間です。
司法書士、弁護士に「借入ないよう」と念頭に話されているはずです。
自重しませんとね。

2016/5/18 14:53:15

通っても通らなくても債務整理に響かなければ良いのですが泣。きちんと説明を見ればよかったです。たとえ通ってももう痛い目をみるのはこりごりなのでポイント集めに使用したいと思っています。>

連帯債務における相殺と求償についてA,B,Cが連帯して(負担部分平等として)甲から600万円を借入たとします。
Aには甲に対して300万円の債権(反対債権)があり,これを援用したとします。
①甲は連帯債務者であるA,B,Cに対して300万円の債権をそれぞれ有することになり, A,B,Cの負担部分はそれぞれ100万円になります。
更に,その後の流れとしてパターン1と2について考えてみます。
パターン1)Aが300万円を甲に支払った。
パターン2)Bが300万円を甲に支払った。
②パターン1の場合,AはBとCに対してそれぞれ200万円ずつ求償することができる。
③パターン2の場合,BはCに対して200万円を求償できるが,Aに対しては求償できない。
AはBに対して100万円を求償できる。
上記の①,②,③は正しいでしょうか。

①についてまず、「連帯債務」については、債権者から見た場合は「連帯債務者」を『全部で一人』と見ると話がスッキリします。
質問のケースでは600万円の債権のうち300万円を「連帯債務者のうちの誰か一人」から弁済してもらったと言う場合、あと300万円が残りますが、この300万円は引き続き連帯債務者を『全部で一人』と見れば良いので、甲は「A+B+C」全体に対して、「早くあと300万円返してくれ」と言う事ができます。
②と③についてですが、基本的には連帯債務は最終的にA・B・Cの3人がそれぞれの負担部分に応じて債務を分け合う格好になるよう、つじつまを合わせればそれで良いのです。
何も難しく考える事はありません。
パターン1・2のいずれであったとしても、最終的にA=200万円を負担B=200万円を負担C=200万円を負担という格好になれば良い訳です。
②については、Aが持っている反対債権について相殺を援用し、さらに300万円を弁済しているので、この時点ではA=300万円の相殺+300万円を弁済=600万円を負担したB=0C=0なので、BとCからそれぞれ200万円を返してもらわなければつじつまが合いません。
だからAはBとCに対してそれぞれ200万円の求償権を持つ事になります。
③についても同じように考えます。
A=300万円の相殺=300万円を負担したB=300万円を弁済=300万円を負担したC=0ということなので、AはCから100万円を、BもCから100万円を回収すれば、それぞれA=200万円を負担B=200万円を負担C=200万円を負担という格好になります。

2016/6/2 18:09:03

債務名義についてxはyに1000万円を貸し付けた。
その際に、xは、法律に詳しい友人からアドバイスを受け、yの作成する借用書に、実印を押してもらい、印鑑証明書を添付してもらったうえで、yに「私が1番期限までに支払いをしない場合には、直ちに強制執行を受けても異議ありません」と書いてもらった。
ところが、yは期限までに支払いをしない。
xは、この借用書を裁判所に提出して強制執行の申し立てをすることができるのか?みなさんの意見を教えてください。

できません。
強制執行認諾文言があっても、公証人役場で作った公正証書じゃないと債務名義になりません。

2016/7/12 17:20:48

-債務

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない