債務

連帯債務でいう、絶対的効力と相対的効力とは何でしょうか? 具体例が...債務

債務不履行に基づく損害賠償債権債務関係について教えてください ①その消滅時効起算点は「本来債務の履行を請求できる時(=期限到来後)」とされていますので、本来債務者の故意又は過失に基づき期限内に債務が完全履行されてない場合には、履行遅滞・不完全履行・履行不能の3類型として損害賠償債権債務関係は期限到来後すぐに生じているのですか?法律に詳しい方が、『債務不履行損害賠償債権債務関係の時効起算点が、「本来債務の履行を請求できる時(=期限到来後)」と規定されているのだから、損害賠償債務ありきの時効起算点規定なのは当然→期限到来後に本来債務が完全に履行されてなかったら、それ自体を損害と捉え、債務不履行損害賠償債権債務関係を構成してる』と言う方と 、『なんで?期限が到来し債務が完全履行されなかったからと言って損害なんて発生してないじゃない?債務不履行に基づく損害賠償債権債務関係なんて構成してない』と言う方がいます 法に詳しい方で話が噛合わないのどちらが正しいのでしょうか?10年消滅時効起算点が「本来債務の履行を請求できる時(期限到来後)」と規定されている以上、期限翌日に債務不履行損害賠償債務債務関係が生じてるとしか思えなく私は前者が正しいと思います ②期限定め無き本来債権債務関係は、「いつでも」、本来債務の履行を請求できますが、債務不履行損害賠償債権債務関係はいつ構成されるのでしょうか? (いつでも)請求する時点で、不完全履行・履行遅滞・履行不能として構成しますか?それとも「履行遅滞」しかないですか? ③「履行不能」について教えてください 期限内に債務者の故意又は過失を要件とし、その履行が不能とは、「履行不能」・「不完全履行」とも時点履行数量により状況は一致します。
違いがよく分からないので教えてください。
④税金やレンタルの延滞金は、債務不履行損害賠償債権債補足【④続き】~のことを言うのでしょうか? 本体に延滞金という過怠金がオンしてくるので違うとは思いますが①回答で規定提示いただいた金銭債権債務関係の遅延損害金(原金銭債権債務関係の債務不履行損害賠償)と混乱しています。
【補1】:①ご回答の前段は、法上の話しで私見や知人と一致し安心致しました(※年上の方が、なんで?損害なんてあるわけないでしょと責めてくるのか分からなく質問していました)が、中段の「債務不履行損害立証や取り上げられた場合」との表現は、争いが生じて裁判上で損害賠償債権債務関係が認められる時の話ではと理解し、正しくは前段の理念で理解しとておけば良いのですか??対外的に法律解釈を話したりする際などでは。

①について:「債務の本旨に沿った履行」が弁済期までに行われていない場合、そこから直ちに損害賠償請求権が発生すると理解しています。
つまり、「債務の本旨に沿った履行が行われていない」というただそれだけで、損害が発生していると言うことができます。
なぜかといえば、債権者にしてみたら、『履行期には債務の本旨に沿った履行が行われる』ということに対する【期待】があり、この期待は保護するに値する債権者の「利益」であるはずです。
この利益を債務者は「損なった」訳ですから、その「損なった」事に対しては賠償をする責任が直ちに発生するというものです。
とはいえ、現実の問題として、たとえば「個人の間で本の貸し借り」をしたとして、「土曜日には返してね」といって貸した本が延滞状態になったからといって、現実に何か「損害が発生したか?」というとなかなか難しい物もあります。
損害賠償請求権の行使の問題としては、実際に「損害が発生」し、かつそれが行為(不作為等も)との関連性があることが要件ともされますので、個々のケースとして取り上げた場合、現実的に損害賠償請求権を行使出来るかどうかという問題は微妙な論点となることが考えられると思います。
ただし、金銭債権・債務に限って言えば、特則が定められているので、「カネ返せ」という履行期を徒過しただけで、債権者は損害の発生を証明する必要がありません。
そして、少なくとも法定利息の請求は民法上でも認められることとなります。
(金銭債務の特則)第四百十九条 金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。
ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
2 前項の損害賠償については、債権者は、損害の証明をすることを要しない。
3 第一項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。
そんな訳で、弁済期に「債務の本旨に沿った履行」が行われていないという場合、「損害賠償請求権が発生しうる要件の一つが満たされる」という状態になると考える方がより自然ではないかと思います。
②について:基本的なテキストに書いてありそうな気がする内容だと思いますが…期限の定めの無い債権・債務は、「催告」をした時点から「履行遅滞」に陥ります。
「そろそろ返してくれ」と請求されたら、そこから「履行遅滞」に陥る訳ですが、その後になって、たとえば「借りた物は壊してしまって返せなくなった」というようなことが発覚する可能性も出てくるでしょうし、催告をする前の段階で、「借りた物を壊してしまって返せそうに無い」という事もありうるわけですから、「履行不能」を構成する可能性はあり得ます。
また、同様に「借りた物を返したが、数が足りない」というようなケースでは不完全履行という事もありうるはずです。
③について:これも基本的なテキストに書いてありそうな気がしますが…●履行不能 → もう、履行は全く出来ない●不完全履行 → 履行したが数が足りない・壊れていたたとえば、ビールを1ダース納品するとして、ビールが1本~11本納品出来た場合は「不完全履行」で、全く納品出来ない(0本)場合が「履行不能」です。
まあ、ビールは不特定物なのでいくらでも追完が出来そうですが、超特注ビールとかだったら(ビールメーカーが特別に準備した材料で、特別仕様のオーダーメイドのビールを造ろうとして、ビール工場の過失で材料を台無しにしてしまった…等)こういうことも有りうるかも知れません。
つまり、「ちょっとでも履行が出来た」なら、「履行不能」ではないのです。
④について:文章が尻切れトンボなので、質問を改めてしてみてください。
==========個人的な印象です:もうちょっと、基礎固めをしてから先に進んだ方がよくないですか?基礎があやふやなまま先に進んでしまっている気がします。
あと、携帯で質問入力をしても、改行出来ると思いますよ??==========補足について:「中段の「債務不履行損害立証や取り上げられた場合」との表現は、争いが生じて裁判上で損害賠償債権債務関係が認められる時の話ではと理解し、正しくは前段の理念で理解しとておけば良いのですか??」→いいえ。
履行遅滞・履行不能・不完全履行のどのケースであっても、『損害の発生』と『因果関係』についての立証責任を負います。
(判例。
たとえば最判S28.11.20など)ただし、あくまでも「金銭債務」に限って言えば、債権者は損害の証明をすることを要しないというだけです。
(419条2項)#「現実の問題として・・・」と前置きしたのが良くなかったかもしれない?レンタルの延滞料金については、zac様の回答にあるとおり、むしろ420条の問題とみるべきでしょう。
入会する時、あるいは借りる時に、「1日延滞したらいくらもらいます」と決まっているのですし、それに同意して入会または借りているはずなので、そのような約定が成立していると考える方が自然です。
と、ここまでの回答はさておくとして、まずは「履行」についての学習を再度されることを強くおすすめいたします。

2013/9/23 01:47:17

債務整理の事を弁護士さんに相談しようと思います。
これまでの経緯などを良いことも悪いことも包み隠さず話さないといけないのでしょうか?悪い事をゆうことで依頼を受けてもらえないことがあったりするのでしょうか?

>これまでの経緯などを良いことも悪いことも包み隠さず話さないといけないのでしょうか?基本的にはその通りです。
>悪い事をゆうことで依頼を受けてもらえないことがあったりするのでしょうか? 通常、そんなことはないと思います。
債務整理をする人は,大抵がギャンブルか、浪費か、それなりの理由があります。
悪いことが何もない人は債務整理はしません(保証人の場合は別ですが)。
ただ、悪い事の内容次第では、免責が受けられないから自己破産はしない方がいい、言うかもしれません。

2016/8/4 13:30:50

ありがとうございます。しっかり話そうと思います。>

債務負担行為と継続費について債務負担行為と継続費の違いが分かりません。
債務負担行為とは次年度のある予算を担保する行為なのでしょうか?そうであれば、継続費も次年度の予算を担保している点では同じに思えるのですが・・・。
ご教授願います。

継続費とは、工事、製造その他の事業が単年度に終了せずに複数年度に渡って行われる場合、全体の金額を確定し各年度毎の支出額も確定しますが、例えば建設工事の場合で契約額が3億円各年度1億円の3年間の継続費として議決しても、2年目に事情により5千万円分の工事出来高がなかった場合は、翌年度に自動的に1億5千万円の歳出予算を組んで、合計3億円の支出とすることが出来ます。
予算書には、当該年度も含んだ最終年度までの合計支出額と、年度毎の支出額を載せます。
あらかじめ国会の議決を経る必要があります。
債務負担行為とは、法律に基ずくもの、または歳出予算の金額もしくは継続費の範囲内におけるもののほか、国が債務負担行為をなすには、あらかじめ予算をもって国会の議決を経なければならないものをいいます。

2011/7/1 22:09:06

債務不履行とはお金を貸している側が貸せなくなったということですか?それとも借りている人がお金を返せなくなった。
ですか?どちらも違いますか?

「毎月、●万円を貸す」(返済条件は別途規定)の場合、貸せなくなればそれも債務不履行です。
その他、契約で定めた条項に違反した場合にも債務不履行ですが、一般的には「返せない」ことで債務不履行となる場合が多いです。

2017/12/27 17:45:29

債務整理をした者です10万の枠のあるカードの債務を一括で返済しましたが10万の枠が債務整理で無くなってることに今気付き9万9千円一括返済した分から7万ほど返還して欲しいのですが可能なのでしょうか?10万のキャッシングができないという通知は来てなかったのでしまったという感じです。
ちなみにこの10万の枠のカードは債務整理から弁護士承諾のもと外していたものです。
補足ジャパンネット銀行のカードローンです

債務整理に入れてないものなら多く返したらその分の融資限度額ができて借りる事が出来るんじゃないですか?ATMで融資限度額があるかを見てみたらどうでしょう。
枠があるならそこからまた借りればいいかと思います。

2017/11/1 01:09:09

枠が知らないうちに0になってました。債務整理には入れてないのですが…>

普通、債務整理中はクレジットカードの発行は申込みをしても否決されますよね?友人から数年前に毎月のカードの支払いが膨れ上がってきて、弁護士に債務整理をしてもらって返済額が減ったと聞いてました。
でもデメリットとして、完済してから数年はクレジット申し込みはもちろん一切のローンは通らないと思ってくださいと言われたと言ってました。
ですが、ついこの間友人の車で一緒にランチに行って給油したいからと近くのガソリンスタンドに立ち寄った所、ガソリンカードの発行をぐいぐい勧められていて、すぐ済むから!と言われて申込みさせられていました。
私はその時友人が債務整理してた事実をすっかり忘れて待っていましたが、友人から「私まだあと1社だけ残り数か月返済しないといけないのにさ、しかもパートで年収も殆どないって言って書いたのに、1000%否決になるのに・・でも親切さに断れなかったー」と嘆いてました。
なのに、数週間後にカードが届いて友人もびっくりしたようでした・・ちなみに発行カードはコスモザカードで、審査はイオンクレジット。
1年半?程前に今の残り1社を除いて4社完済しているようです。
その完済した中にイオンカードがあったらしく、尚更私も、なんで!?とビックリしました。
こんなことってあるのでしょうか・・・それとも何かの間違い??

債務整理の記録が共有されるのは、その業者が加入する信用調査会社です。
ですので、その記録がなくなるもしくは、そもそもない調査会社を利用しているカード会社ですと、審査は通ります。
また、審査が通ったということは、ほかの会社でもOKになっていることも考えられます。
事故情報は、いつまでもでなく、通常5年~7年 長くて10年でなくなりますから自己破産を何度もする人も同じです。
でも、債務整理のほうが借金は完済しているわけですから、軽いですね~

2015/7/2 10:30:56

債務整理や借金相談でどこかおすすめはありますか?経験談などありましたら宜しくお願い致します。
ちなみに千葉県在住です。

千葉での経験ではないですが、債務整理しました。
onayamicave.com/saimuqq/soudan23.htmlそのときはこちらのサイトを参考にしましたよよければ参考にしてください

2018/1/27 13:41:33

債務整理をしていわゆるブラックリストになった場合ブラックリストから消えるのは完済してから5年なのか債務整理手続きをしてから5年なのか教えてください。

ブラックリストに載るということは、金融事故を引き起こしたという前歴が載るということです。
完済は全く関係ありません。
債務整理をする弁護士が債権者に対して受任通知を送達した日が金融事故の起算日です。
10年間はクレジットカードも作れません。
リストから消えるのは10年です。

2017/12/18 01:18:34

連帯債務の絶対的効力の請求のなかで請求以外の時効の中断事由は相対効であるとはどういう意味ですか?また具体例も教えてください。

債権者を甲、連帯債務者をA・B・Cとします。
甲がAに対して「請求」(民法147条1号)した場合、「請求」の効力はB・Cにも及びますから(民法434条)、甲のAに対する債権だけではなく、甲のBに対する債権、甲のCの対する債権についても、時効が中断します。
Aが甲に対して「承認」(民法147条3号)をした場合、「承認」の効力はB・Cには及びませんから(民法440条)、甲のAに対する債権についてのみ、時効が中断し、甲のBに対する債権、甲のCに対する債権については、時効は中断しません。
民法第147条(時効の中断事由)時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一 請求二 差押え、仮差押え又は仮処分三 承認第434条(連帯債務者の一人に対する履行の請求)連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる。
第440条(相対的効力の原則)第434条から前条までに規定する場合を除き、連帯債務者の一人について生じた事由は、他の連帯債務者に対してその効力を生じない。

2017/6/13 02:48:33

連帯債務でいう、絶対的効力と相対的効力とは何でしょうか? 具体例があるとわかりやすいですので、お願いします。
補足絶対的効力のところがよくわかりません。
もう少し具体的な例で説明して頂けるとありがたいです。

連帯債務については、原則的には相対的効力です。
例甲を債権者に A、B、Cが連帯債務者である場合甲とB間で連帯債務についての無効が生じた場合他の連帯債務者のAやCには無効の効力が及びません。
相対的効力だからです。
相対的効力とは、効力が相対化つまい及ばないという事です。
絶対的効力とは、効力が及ぶものです。
連帯債務には弁済(代物弁済、供託を含む) 連帯債務においては、連帯債務者が弁済をすればその効果は他の連帯債務者にも及びます。
規定さている順序から言うと請求(434条) 甲がAに請求をするとその効果は、他の連帯債務者B、Cにも及びます更改(435条) 連帯債務者の一人と債権者との間に更改があったときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅します。
相殺(436条) 連帯債務者の一人が債権者に対して債権を有する場合において、その連帯債務者が相殺を援用したときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅します(1項)。
債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は、その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができます(2項)。
免除(437条) 債権者が連帯債務者の一人に対しその債務を免除した場合にも、その連帯債務者の負担部分の限りで、他の連帯債務者にもその効力が及ぶとされています。
補足です。
絶対的効力とは、効力が他の連帯債務者にも及ぶものです。
問題点として言えば請求ー甲がAに請求をすればBやCも請求を受けた事になります。
更改ー甲がAとの間で更改があった場合これらはBやCにも及び債権は全ての連帯債務者に及び消滅します相殺(1項)連帯債務者Aが逆に甲に反対債権を持っているとします。
この場合にAが相殺の援用を行うと(相殺する事により利益を受ける意思表示です)債権は全ての連帯債務者の利益のために消滅します。
問題点としてよくあげられるのがここからですが相殺(2項)相殺(1項)の事案で相殺を援用しない連帯債務者がいる場合他の連帯債務者は、負担部分において相殺を援用する事が出来ます。
例、例えば900万円の連帯債務を負う場合で負担部分が平等とします。
Aが甲に対して反対債権を持っているけど相殺を援用しない場合B、Cの連帯債務の負担部分は300万円です900万÷3=300万ですのでなのでBとCは300万の負担部分において相殺を援用する事ができるわけです。
連帯債務全額がチャラになるわけではない点が注意です。
次に免除です甲が連帯債務者Aに対して免除をしたとします。
そうなるとこの効果は、BやCにも及びますがこれは負担部分についてだけですのでAの負担部分は300万ですのでその後は、BやCは600万の連帯債務を負います。
最後に時効です。
連帯債務者Aの連帯債務における時効が消滅時効するとします。
そうなるとBやCは負担部分について連帯債務を免れます。
Aの負担部分は300万ですのでBとCは600万の連帯債務を負う事になります。

2010/10/30 16:21:15

-債務

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない