保証料

住宅ローンの保証料の前払いか、組み込み型か、どちらがお得になるか...保証料

長期借入金の保証料の仕訳について教えてください。
9/5に長期借入金として800万円が預金に入金されました。
同時に保証料として193768円を支払っています。
借入期間は10年で一回目の返済が、同じ年の11/30に元金80万円と利息8580円を返済しています。
返済は年1回毎です。
保証料193768円を払った時の仕訳がよくわかりません。
当期中に8580円支払っているのでこれは支払手数料とすると、残りの保証料をどう計算しても按分できず・・・・なので、最初から長期前払費用として仕訳してもいいのでしょうか・・・?9/5預金800万 / 長期借入金800万長期前払費用193768円 / 預金193768円11/30長期借入金80万 / 預金80万支払手数料8580円 / 長期前払費用8580円まったく自信がありません。
宜しくお願いいたします。

8580円は返済に係る「支払利息」でしょう。
借入金の返済期限が10年ですから、保証料も10年かけて償却していくことになります。
10年ですから、保証料193768円は年間で19376.8円です。
質問には決算期が何月なのか書かれていませんから12月決算として例を挙げます。
初年度償却:年間19376円×4ヶ月/12ヵ月=6458円2年目~10年目:年間19376円(合計174384円)11年目:193768-(6458+174384)=12926上記のように計算し、最初に保証料を支払ったときに初年度分は「保証料」、2年目以降分を「長期前払費用」に仕訳します。
9/5保証料6458/預金193768長期前払費用187310/---そして2年目以降は毎年期初にその年の分を長期前払費用から保証料に振替えます。
1/1保証料19376/長期前払費用19376これにより10年目の期末時点では長期前払費用が12926円残っているはずですから11年目の期初に保証料に振替えて終了になります。

2018/2/27 15:27:08

決算期は12月でした。説明不足ですみませんでした。
ご説明ありがとうございました。
自分で間違った解釈をしていたようです...
おかげさまでやっと理解できました。
ありがとうございました。>

賃貸アパートの契約時に 初回保証委託料23000円を支払い1年目 保証委託料 10500円を支払い2年目の契約日少し前に支払用ハガキが届いたのですが引っ越しを考えていてそのままにしていました。
契約日が10月26日で引っ越しをしたのが11月4日でした。
その、物件にはもう住んでないのですが物凄い督促で支払いを要求してきます。
賃貸の保証委託会社とは私が家賃を払わなかったりした時に大家さんに代わりに払ってくれると思っていますが違うのでしょうか?もう、住んでない所の保証委託をしてもらう意味とその保証委託料を払う意味が分からないのですがその旨を伝えても、そういう契約と一点張りです。
日割りで払うと言っても、そんなシステムはなく、契約日を過ぎた時点で全額支払って下さいと言ってきます。
会社はCASAです。
ここは、金融の取り立てのような口調でこちらの話は聞かない。
一方的に喋る。
途中馬鹿にしたように笑ったりします。
もう少し言い方有るでしょと思わせる言い方です。
私も、お世話になった身なのできちんと分かるように説明してくれてお客さん目線で話してくれれば10500円は払えない額ではないのでこんなに嫌な思いしなくてよかったのにと思います。
私はやっぱり、支払うべきでしょうか?もしも、支払う必要がない時はどのように言えばいいのでしょうか?アドバイスお願い致します。

自分の住んでいる物件もCASAが保証会社です。
契約日の1ヶ月前に保証料の払い込みのハガキが送られてきます。
まず 貴方が そのハガキが届いた時点で CASAに電話を入れなかったのがまずいですよ。
(放置したのが・・・)契約日を1日でも過ぎれば 保証料が発生します。
それはCASAの契約書に明記されているはずです。
ただ 取立てがひどいなら 消費者センターに相談された方がいいでしょう。
気持ちはわかりますが 10500円を支払って 終わりにした方がいいと思います。

2011/12/26 20:45:41

銀行でローンを組むと必ず「保証料」がかかりますが、これは自分に万が一があってローンの支払いが出来なくなった時、保証会社を通じて残金の支払いをしてもらえるものだと思ってます。
この場合、自分以外の家族が保証会社から残金の支払いを請求されることはないのでしょうか?(このようなことが無いための保証と思ってますが・・・)

この様な場合には、債務者が保証会社に替わるだけです。
以前債務はありますから、保証会社に返済をします。

2017/10/29 12:30:32

保証料の計算方法を教えてください。
4280万を35年ローン、金利0.625%で借りたとして、メガバンクの場合保証料が金利0.2%上乗せになると、保証料はどのように計算すれば出せますか?よろしくお願いいたします。

>4280万を35年ローン、金利0.625%で借りたとして、この条件で保証料一括払いとしたら毎月の支払い額は、約113483円です。
35年間の総支払額は、113483円×12ヶ月×35年間=47662885円程度です。
一方、保証料を利率0.2%の上乗せという方式にすると、毎月の支払い額は、約117359円です。
一括払いとは毎月3876円ほどの差になり、これが保証料と考えていいでしょう。
このときの35年間の総支払額は、117359円×12ヶ月×35年間=49290823円程度です。
一括払いとは総額で1627938円ほどの差になります。
次に一括払いと利率上乗せでどのようなときにどちらが有利か考えてみます。
毎月113483円を35年間支払うとして、仮に利率0.825%(=0.625%+0.2%)で借りるとしたなら借入可能額は約41386436円ほどです。
予定している借入額が4280万円ですから、それとの差である1413564円より保証料が低ければ一括払いの方が実質的に有利です。
この考え方はちょっと難しいかもしれませんが、仮に保証料が100万円であったら4280万円借りるとしてもキャッシュフロー上、4180万円借りるのと実質的に同じです。
4180万円借りて、毎月113483円を35年間支払うとしたらその利率は約0.766%となり、0.825%で借りるより有利というわけです。
保証料が1413564円であったなら、実質的に41386436円借りるのと一緒で、その場合、利率が0.825%となりますので、一括払いでも利率上乗せでも一緒で、保証料がそれ以上なら利率上乗せが有利となります。

2016/11/8 14:59:59

賃貸物件を契約する際の、保証会社利用料とは、なんでしょうか?28000円です。
知り合いに、それと連帯保証人がいれば保証会社利用料はいらないはずだよと、いわれたのですが 意味がわからなかったのでこちらできいています

それを保証料といいます。
通常、賃貸では連帯保証人2名が必要です。
保証会社は、その連帯保証人2名分の保証を引き受けます。
そのかわり、保証料を借主から支払ってもらいます。
借主は、2名を用意しなくてよく、契約がラクになります。
問題は保証会社の内容です。
保証会社の中には、1名分だけ引き受け、もう一人連帯保証人を要求する会社があります。
また、保証料も異なります。
1回だけの支払いの会社、毎年必要な会社、毎月必要な会社があります。
約2年後にこの保証の部分の民法が改正されます。
極度額が定められるようになります。
契約内容を正しく知り、進んでください。

2018/4/14 16:03:49

信用保証協会の保証料と団体保険の違いはなんですか?父が借り入れした負債はどちらも付いているのが1本と団体保険が付いていない保証協会の保証がついているのが1本あります。
亡くなった場合負債がチャラになるのは団体保険のついている方でしょうか?保証協会の保証は私が払わないといけないのでしょうか?

①負債がチャラになるのは、団体信用保険つきの保証口です。
②保証料は債務者が負担するものなので、貴方のお父様が負担すべきものなので、貴方が負担する義務はありません。
但し貴方が負担するのは、貴方の自由です。

2017/8/24 21:55:04

賃貸契約の保証料が更新制だと契約になく、二年たち、再度保証料を請求されました。
不動産会社に払う必要はないですよね?ときくと、ちゃんと契約時に話したじゃないですか、と言われ意味不明でした。
言った言わないがあるから契約にするのではないでしょか。
そういうことを言って抗議したら、もう出て行ってくださいと言われ、管理会社でもあるので、その時は私がおれて、今回は払いますと言いました。
しかし、その後、何かにつけてイライラします。
私の地域は行政も含めて、いい加減な法人が多いです。
関西の地方都市です。
まともじゃありません。
皆さんならどうされますか?住んでる場所の環境はいいです。
補足契約書のどこにも保証料が更新されて再度保証料が必要だと書いていません。

日本は法治国家ですから契約通りにするのが当たり前かと思います。
自由の国アメリカへ移住しましょう。

2018/5/20 07:38:19

私のほうが悪いので、出ていけとうことでしょうか。
>

賃貸アパート契約時の保証会社保証料、その他初期費用について。
4月から地元に戻るため、現在の仕事を3月末で辞め4月から再就職の予定です。
地元では、アパート賃貸契約時にはほとんどが連帯保証人を立てて契約するのですが、自分の場合は2月に再就職先の面接を予定しているため、現時点では4月から無職とほぼ同じ状態になるらしく保証会社保証料を支払わなければならないかもと言われました。
(どうにかならないか確認したところ、大家さんに確認しないと…と言ってましたが確認してないと思います)しかし、連帯保証人も立てていることや、看護師という職業柄、再就職が出来ないという事は絶対にありません。
まだ面接が終わっていないという事だけで、保証会社保証料を家賃8割程度を支払わなければならないというのが億劫です。
①また、その他の初期費用ですが、鍵交換はされてなくても問題視しないので、強制でなければ不要と考えてます。
その他の消毒料や安心サポートもこちらので拝見したところ、ほとんどが任意のようでしたので、契約条件になければ断ろうと思っています。
②ただ、今月中に決めて下さいと言われていますが、これらのことや敷金礼金、更新手続き等について何も説明受けてません。
遠方なため、次に仲介業者へ出向く事が出来るのは2月末と言ってあります。
まず、1つ目に保証会社保証料を支払わずに済む方法はないか?2つ目にその他の初期費用は省けるものか?3つ目に、このまま申し込みを確定すると、契約時の説明をほぼ省いて契約となりそうなので、説明を電話でも受けたいのですが、どのような内容を確認すべき(説明を受けるべき)ですか?自分としては、退去時の敷金の償却等、契約更新手続き等について確認しときたいです。
やはり、一番厄介なのが、保証会社保証料です。
長文でしたが、これらについてアドバイスをお願いします。

①保証料について最近は保証会社加入+連帯保証人の契約がどんどん増えていますよね。
大家のリスクヘッジですね。
これはもう交渉次第だと思います。
不動産屋がどこまで理解しているかですけど、看護師は売り手市場ですから転職できないということは皆無だと思われます。
この内容と連帯保証人の信用度で不動産屋がうまく話して大家が納得するかどうかだと思います。
保証会社って大家にとっては万能でもないんですよ。
何かトラブルがあっても要件を満たさないと保証されないとかあるので。
ですから保証会社と連帯保証人でダブルで保険をかけるわけですね。
不動産屋と丁寧に話して自分を売り込んでもらい、この入居者であれば大丈夫!と大家に思ってもらえれば可能性はあります。
②初期費用についてこれはほとんどが不動産屋か大家の小遣いです(笑)鍵交換費用なんて、不動産屋が変われば必要ない場合もあったりします。
交換したところで賃貸の鍵なんて防犯にはほとんど役立ちません。
消毒も不動産屋、若しくは管理会社の社員がバルサンするくらいのものです。
任意のものはほとんどが小遣い稼ぎの内容ですよ。
③確認すべき内容について説明も受けないまま今月中に決めるのはどうなんでしょうか。
不動産屋のいいかげんさってひどいものだと誰もが知ってますよね。
言った言わないも本当に多いです。
また、重説を対面で話さないで契約もoutです。
確認するなら契約期間は?変な特約(解約時にお金返しませんや退去費用\○○は必ずいただきますなど)は無いですよね?更新料(まず無いでしょうけど)はありますか?保証会社の更新料はいくらで何年契約(1or2年)ですか?火災保険料は何年でいくらですか?定期借地じゃないですよね?契約は自動更新ですか?その他細かいですが、設備と残置物についても確認したいです。
他にも細かいこともありますが・・・。
とにかく、保証会社の件は交渉です。
連帯保証人の信用、質問者様の好印象をもって頑張ってください!

2015/1/28 23:56:16

住宅ローンの保証料について質問です。
現在、住宅 新築を考えていて 土地購入済み、土地購入の際にも保証料 一括で支払いました。
住宅部分のローンが実効される際も、保証料は一括で支払いお願いします。
との事保証料を金利上乗せで分割で払いたいと言っても、一括でないと無理との事…そんな事ってあるのですか?ネット等で検索してみると一括で支払わなければならない ような事は、見かけないのですが…私の属性が悪いからなのでしょうか?保証料の分を住宅に回したいので… 何かいい方法ありますか?アドバイス頂けたら、幸いです。
よろしくお願いします。

審査の関係じゃないのかな?土地のローンは総額でいくら払っているのかな?そこでの支払い実績の金額が少ないと、借金比率が高くなりすぎてしまうとかね。
そこで審査を通すために保証料だけ一括で貰え!って上司から指示が出たのかも。

2017/6/25 11:30:47

住宅ローンの保証料の前払いか、組み込み型か、どちらがお得になるか質問です。
よく、前払い出来る人は払った方が良いと言われますが、私の場合、●組み込みの場合4000万円(物件価格)+200万(諸費用)-300万円(自己資金)=3900万(借入)3900万 金利0.975% 35年 →46047798円(返済総額)●前払いの場合4000万円(物件価格)+200万(諸費用)+84万円(保証料)-300万円(自己資金)=3984万(借入)3990万 金利0.775% 35年 →45568584円確かに、46047798-45568584=479214円この分だけ先払いの方がお得と言われますが、そもそも84万円の保証料の84万円を払っているわけですから、84万-48万=39万円分を損していると思うのですが、いかがでしょう?その他のメリットが何かあるのなら別ですが、私にはあまり+に感じません。
お手数ですが、どなたか、教えてください。

上の回答者は正しく理解していないね。
相談者の計算式に間違いがあるわけではない。
組み込みと呼んでいる方でも、計算式にはでてこなくても、保証料は借入金に組み込まれていると考えることができるんだ。
比較しやすいように、組み込みと呼んでいる方の利率を、(前払いではないが)前払いと呼んでいる方にそろえ0.775%とすると、組み込みと呼んでいる方の借入額は4032万程度になる。
これは、0.975%で3900万借り入れた場合と返済額が一緒になるような0.775%の場合の借入額を計算したものだ。
そこから組み込みと呼んでいる方では保証料が132万円程度であることが分かる。
組み込みと呼んでいる方は、物件用に3900万円借り、さらに保証料として132万円借り、合計4032万円の借入を0.775%で返済しているのと同じことになるのだ。
このように組み込みと呼んでいる方は、保証料についてはその金額を直接、明示せずに利率の中に織り込んでいるわけだ。
この結果、前払いと呼んでいる方より、組み込みと呼んでいる方が保証料が高く、損をしてしまうことが分かる。
保証料の支払いには内枠方式と外枠方式があるけど、質問の例はどちらも内枠方式で、「組み込みの場合」といっている方は、内枠方式のなかでも保証料を金利の引き上げというかたちで返済額に織り込むやり方で、「●前払いの場合」といっている方は、内枠方式のなかでも保証料を借入額増額というかたちで返済額に織り込むやり方だね。
保証料の前払いといっているけど、それは勘違いで、逆に保証料を借入れているわけ。
そして借入れた保証料を毎月返済しているわけ。
だから、84万-48万=39万円という式は成り立たない。
借入額のうち物件に直接あてられる額が3700万と一緒でありながら、毎月元利均等の返済額に差が発生しているなら、返済額の低い方が得。
外枠方式と呼ばれるものが「前払い」で、それはローンの返済には組み込まず、借入時に一括して支払ってしまうもの。
それがもっとも得をする場合が多い。

2012/3/4 15:41:00

-保証料

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない