保証人

賃貸物件の保証会社の連帯保証人と保証金について教えてさい。 最近は...保証人

就職保証人について。
10年近くアルバイトとして働いていた会社に"人が足りないから"という理由で「社員にならないか」と誘われました。
「でも保証人がいるけどね」って。
アルバイトの時は必要なかったのに。。いや。
就職するのに保証人が必要なのは理解できます。
しかし、アルバイトとは言え10年近くも会社にいたのに、今さら保証人って。
という気持ちもあり、素直に社員になる気になれません。
なぜアルバイトは必要ないのに、社員は保証人が必要なのでしょうか?アルバイトからの社員登用に保証人は必要ないのでは?今までの自分が信用ないと言われたようで納得できません。
どなたか納得のいく説明をお願いします。
ちなみに会社はチェーン店のある飲食業です。

会社の決まりだから仕方ありません。
あなたの気持ちはわかります。
「10年以上勤めて何も問題は無かった。
」、「しかも会社からのスカウトにも関わらず」ね!ただし、誰でも人生この先どうなるかわからないじゃないですか?今が順調でもね!それが理由でしょうか?あとは・・・「正社員だけなぜ?」については、アルバイトの業務ってたかが知れているでしょ?正社員の場合、役職によって責任も大きく変わっていきますし、扱う金額も大きくなっていきます。
経営に徐々に携わっていく道が設けられているわけですから、万が一会社に損害を被らせた場合、とてもじゃないけど一人では償えないわけですから、会社側は被害をなるべく最小限に抑えたく「安心」を買うために保証人を付けたがるのです。
業界によっては保証人不要のところもありますが、たいてい「現金」を扱う業界は保証人二名必要ですね!(わかり易くいえば、レジを扱う業界です。
)ですから、その会社で正社員として入社手続きをする際に「保証人」も含まれているわけですから例外はありません。
それが「決まり」だからです。
また、就職保証人(身元保証人)程度なら金で買えますよ!ネットで調べてみてください。
その金を会社に負担させても良いでしょう!もしくは、納得できないなら「時給を高額にする」交渉をしてアルバイトで勤務することもできるでしょうしね!それらもすべて会社が「そこまでしてもあなたが必要です。
」と言った場合ですが・・・最後に、個人的な意見ですが、10年勤めた会社を辞めた当時の退職理由があるでしょ?今回、保証人程度でもこれほどストレスを感じるということは、かなり会社に不信感を抱いたままの状態だとわかりますので、正社員は辞めておいた方が良いと感じますがね・・・どちらにしてもよくよく考えて!

2014/8/15 21:30:08

アパート保証人と大家について。
もし、アパートの保証人になってくれている人と大家との間で勝手に話がついて、大家が保証人の人がやめたいと言っていたから出て行ってくれと言われたら、出て行かなくてはいけないのですか?弁護士に相談したらどうなるでしょうか?もちろん家賃滞納とかない場合です!詳しい人教えて下さい。

あなたは借地借家法及び民法で守られています。
滞納していない場合、正当な事由がない限り退去しなくていいです。
いまにも建物が崩れそうなほど老朽化しているといったレベルの理由が必要です。
オーナーが住むからとかその程度では正当な事由になりません。
なのでそのあたりは安心してください。
そもそもあなたが退去するまで保証人はやめることができません。
(代わりの保証人がいるなら変更は可能ですが)あなたが出て行ったら家賃収入がなくなるので、オーナーはそんなことはしないと思いますよ。
クレーマーとかなら別ですけどね。
まあ、承諾して出て行くとしても立ち退き料は貰う権利があります。

2017/9/29 19:28:06

賃貸契約の更新について質問です。
連帯保証人である父が亡くなり、保証人の変更を行うことになったのですが、更新の書類に保証人変更の場合には別途手続きが必要なので連絡して下さいと書いてありました。
この手続きはどのようなことを求められるのでしょうか。
会社によって違うのかもしれませんが、経験者や不動産関係の方、教えていただけると幸いです。

保証人変更の手続き①新しい保証人の書類を提出 (住所、氏名、勤務先、年収等)②印鑑証明書の提出③連帯保証契約書に実印を押印弊社の場合はこんな感じです。
本人に来所まで求めません。

2017/4/4 14:41:57

回答いただきありがとうございます。
新たに保証人となる人が審査されると思うのですが、
その際に私(入居者・契約者)自身も再び審査の対象になり収入証明書などの提出を求められたりするのでしょうか?>

新しく賃貸契約する際の連帯保証人は、不動産屋が指定する保証会社で契約するように言われました。
できれば身内の保証人を立て、保証会社を通さずに契約をしたいのですが、不動産屋が指定する会社で契約しないといけないものなのでしょうか?また、保証会社は2年契約で25000円くらいなのですかま妥当な価格なのでしょうか?

保証人は、家主が決めることができます。
不動産屋は家主の意向を受けているのでしょうから、不動産屋の指定する、保証会社でないといけないでしょうね。
2年契約で、賃料1ヶ月分ぐらいでしょうか?

2017/10/1 20:31:27

連帯保証人の解除については質問させていただきます。
妻の父(私:義父)が病気により他界しました。
義父は再婚し生活保護を受けながら生活していました。
過去に火事により自宅を消失した為、妻(前妻の子)の連帯保証人でアパートを契約し2人で生活していました。
義父が亡くなり、再婚相手は要介護者の為、施設に入所となり福祉担当より住民票を移動しますので今後のアパート費用は出せないと連絡ありました。
連帯保証人の妻の権限ではアパートの解約も出来ない状態の他に義父には多額の負債が有り、相続放棄を申請しています。
①このような状況なか、大家(または不動産会社)に現時点で次回の更新の時には連帯保証人の拒否等の連絡をしておけば解除や連帯保証人にならないことは出来るのでしょうか?この行為は契約をした判断されるのか?自分も義母も資産が乏しく管財人をお願いするだけの余裕はありません。
②また今回の件などの他に大家(または不動産会社)より契約解除を受けた場合など、それ応じたことにより相続放棄にどのような影響が有りますか?逆に受けた方がいいのですか?専門の方、同様の経験が有る方がいましたら、宜しくお願いします。

不動産会社に勤めています。
まず、連帯保証人は合意解除以外はできません。
更新後も連帯保証人ですと言われる(合意されない)と解除できません。
さて、賃貸借契約は相続対象なので相続人の全員が放棄しなければ、誰かに継承します。
奥さんが第一相続人になりますが、放棄するようなのであとは他の兄弟姉妹がいればそちらと、配偶者になります。
相続人になった人物が賃貸借契約の解約するか、全員が放棄したならば、賃貸借契約の終了になります。
契約名義人がいないわけですからね。
ただ、全員が放棄したとしても、配偶者の方が1日でも契約していた部屋を使っていると相続の単純承認になってしまうと思います。
相続放棄すると遺産の使用と処分ができませんが、賃貸借契約も相続対象なので、室内を使用するということは遺産の賃貸借契約を使用となり相続承認(相続放棄できない)という流れです。
そうなると、家具などは配偶者の物になり、連帯保証人も継続となります。
結局は配偶者が解約をして、家具の処分をしないといけませんね。

2017/5/21 00:32:02

物上保証人についての判例についてです。
物上保証人について下記の判例があるようですが、どうしてそのようになったのでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。
記(1)物上保証人:被担保債権の弁済期が到来したとしても、債務者に対してあらかじめ求償権を行使することはできないと解するのが相当である。
(2)物上保証人:債務者のした債務の承認によって被担保債権について生じた消滅時効の効力を否定することはできない。

(1)事前求償権の根拠は、第460条 保証人は、主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、次に掲げるときは、主たる債務者に対して、あらかじめ、求償権を行使することができる。
です。
これは何に由来しているかといえば、委任の費用前払請求権です。
第649条 委任事務を処理するについて費用を要するときは、委任者は、受任者の請求により、その前払をしなければならない。
つまり、保証人は主たる債務者に代わって弁済するという委託を受けているので、その処理のための費用を事前請求でき、委託者は前払い義務を負います。
物上保証人というのは、単に物的担保を提供しているだけで、弁済の委託なんか受けてないですよね?だから事前求償権なんかないんですよ。
(2)質問自体が正確ではないでしょう。
消滅時効の効力ではなく、消滅時効中断の効力ですよね。
よく考えてください。
物上保証人って単に担保提供しているだけで、債務を負ってるわけじゃないですよね。
被担保債権というのは債権者と債務者の間の債権ですから、その時効が中断するかどうかは債務者の承認、債権者の請求や差し押さえによるのであって、物上保証人は関係ないですよね。
関係ない物上保証人が債務者の債務承認による時効中断効果を否定できないのは当然でしょう。

2014/10/11 18:31:07

教えて下さい!借家の連帯保証人になって いたのですが三年程前、訳あって仲介業者 を通し(保証会社は別にありますが通してい ません)、連帯保証人を解除して貰いました 。
連帯保証人としての一切の 義務を負わな いという文言とともに、仲介業者会社の社 員を押印した書類が私の手元にあり、当時 その書類は割印をして双方が保管する形を 取りました。
が、最近になり借家の借主が 家賃を滞納していると、保証会社から連絡 があり、上記の内容を説明しましたが、保 証会社がその仲介業者会社に確認したとこ ろ、そんな履歴はないとのことだと言って いたとの回答でした。
そこで、質問ですが、私が手元に保管して いる仲介業者会社との連帯保証人解除の書 類は有効なのでしょうか?文言については 、家賃及び退去時費用、保証人の責任を一 切負わないといった内容になり、当時の会 話も録音してあります。
前もって内容証明 も送付したのでその控えもあります。
分かりにくく申し訳ございませんが、よろ しくお願いします。
補足ご回答有難うございました。
身内なので仕方なく受けたのですが…とりあえず月曜日に代理納付制度があるかとか、聞きに行ってきます。
あと、仲介業者会社にも連絡してみるつもりです。
有難うございました

賃貸契約における保証を請け負う会社は、連帯保証人の有無で保証料が変わります。
初めの契約段階で署名、押印、印鑑証明添付・・・これらの手続きをして保証会社に申込をしたと思われます。
仲介業者への連帯保証解除要件はあくまでその仲介者とのお話であったと思います。
保証会社へ連帯保証の解除を取らなければ、貴殿の保証債務は契約が継続している間は存続します。

2013/11/15 20:22:54

保証人と連帯保証人の違いを、教えて下さい

ほぼ同じです。
保証人は「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」が認められているとかいう人もいます。
催告の抗弁権は、そもそも連帯保証人に請求がくる時点で債務者が破産や行方不明になってる場合が多く全く意味がありません。
検索の抗弁権にしても債務者に返済能力があるくらいなら債権者はとっくに差し押さえてるでしょう。
万が一債務者に返済能力があるにもかかわらず返済を拒否してるなら、こっちも返済を拒否すればいいだけの話です。
債権者のうろたえぶりが目に浮かび愉快ですね。
保証人が1人だけなら分別の利益なんて関係ないです。
連帯保証人は危険、保証人なら安心というのは無知な人間の勘違いです。

2017/7/1 21:29:31

回答ありがとうございます!>

保証人が借金の肩代わりをする行為はいうまでもなく「保障」に該当するのになぜ保証人を「保障人」と表現しないのですか。
教えてください。

保証人の保証は「約束・責任」を示しますので行為ではありませんね。
保障人とすると責任を取る必要が無くなります。
ただ保護行為している人となってそれが無効になっても責任をとる必要が無いという捉え方になるからですね。

2017/4/5 15:01:28

賃貸物件の保証会社の連帯保証人と保証金について教えてさい。
最近は賃貸物件を借りる際に、大抵「保証会社必須」と言われると思いますが、これも大抵「保証会社に対して連帯保証人を付けて欲しい」とも言われると思います。
そこでいろいろ調べたところ、借主が万一、家賃を払えない(滞納)などした場合に、保証会社が家賃を「立て替え」て支払をし、借主もしくは連帯保証人から家賃を徴収するというシステムだという事が解りました。
そこで質問なのですが、事前に家賃+共益費の1ヶ月分を保証金として支払、その後も年間である程度の保証金を支払っていく事になると思うのですが、保証金を支払っているにも関わらず、滞納した場合も徴収されるのですか?それとも、保証会社が立て替えた賃料が保証金を超えた場合に、差分を徴収されるのでしょうか?前者の場合は「保証会社」の意味が無いと思うんですけどね。
保証金は所謂「預り金」と違うんですかね?そもそも敷金だって、借りた部屋の原状回復の他に、家賃滞納など万一の場合での「保証」も含まれていると思うのです…家賃滞納なんて今まで一度もした事はありませんが、どうも「保証会社」のシステムは意味があるのか?と思います。
実際、家賃滞納があった場合、どうなるのでしょうか。
補足保証会社が「何を行うのか」といった存在理由とか必要性とか、そういう事をお伺いしたいのではありません。
保証会社の是非も問うつもりはありません。
理由は解ります。
そうではなくて、万一の場合に最初に支払った「保証金」はきちんと滞納分などに充当されて償却されるのか、という事です。
敷金も支払い、保証金も支払い、ってしてるのに連帯保証人まで…「保証金」が償却されないなら、それは「保証金」ではないですよね。
それって単なる「礼金」に当りますよね?

保証金として預けているお金は、毎月の家賃や補修のお金にあてられるのではなく、退去が決まって解約して何もなければ返金されるお金です。
解約すると契約者が申し出た時点で、家賃滞納している、借主原因での修理が必要という場合に、保証金があてられます。
保証金で賄えなければ余分に請求されるまでです。
ですので、契約し続けている限りは、保証金を使用することは貸主にも借主にもできません。
あくまで保証金は解約して家賃が発生しなくなってからのものですから。
ですので、毎月家賃が発生し、滞納すれば貸主が保証会社に弁済してもらい、延滞金が発生すれば契約者と連帯保証人にその都度請求されます。
これも保証会社が弁済して毎月請求しないといけないということはないのですが、滞納している人はお金の管理がいい加減な人が多いので、細かく請求しているだけです。
延滞金も込みで気持ちよく支払ってくれれば、2~3ヶ月後でもいい訳ですが、支払えなくなるくらいまで滞納されると回収も難しくなるのが大半です。
延滞金がつくので、保証会社を利用している場合は、弁済してもらわないように滞納しないことですね。
最近では、貸主の請求忘れを解消するために、保証会社が先に家賃を弁済してしまうという所もあるので、余分に取られる事を考えれば、そこには加入しない事です。
物件によって指定条件ならば仕方ないですが。
ちなみに貸主によっては、保証会社に加入できれば、連帯保証人はいらないという貸主もいますよ。
必ずしも、保証会社+連帯保証人ではありませんが、保証会社のプランで、連帯保証人をつければ、いないより初期費用が安くなる、毎年の更新料も安くなるといった場合があります。
敷金と保証金を支払うのではなく、保証金を支払って敷金は解約してから何もなければ返金され、保証金のが金額が多い場合は、残りは礼金の部類になります。
例:保証金30万、敷金20万円の場合ですと、30万円支払って解約後に何もなければ20万円返金、10万円は礼金として返金なしとなります。
注意なのが、「敷引金」←これは関西圏で昔よく使用されてしましたが、これは保証金から引かれる金額として返金されないという意味のものです

2016/7/12 11:47:29

ご回答ありがとうございます。
ちょっとよく解らないのですが、例でいう保証金30万、敷金20万で、保証金を30万支払って、滞納も何もなく退居になった場合、20万返金、10万は礼金となっていますが、これは敷金20万が丸々償却され、30万のうち10万は保証会社への礼金で20万が返却という事ですか?
敷金がそもそも原状回復に使われるはずなので、敷金の範囲内での回復であれば、敷金の余分+(保証会社への保証金 - 礼金分)が返却されるという事になると思うのですが。
イマイチ、保証会社の「保証金」がよく解らないですね。
退居時に何もなければ、一部礼金として償却されたとしても、今まで保証金の一部が返却された事は無いです(常識範囲の部屋の使い方で、むしろかなりキレイに管理していた方ですが敷金はきっちり取られていました)。>

-保証人

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない