ローン金利

住宅ローン 金利の選択 住宅ローンを組みます。 金利の選択をしなけれ...ローン金利

住宅ローンの変動金利は、新生銀行が最も優れていますか?? 金利:0.88% で保証料込み、三大疾病特約も込みと考えると一番低金利ではないですか?? 何か落とし穴がありますか? 会社提携で、大手信託銀行0.新生銀行のガン補償は診断されただけでは、ローンが0になりませんか?補足ええ!!半年だけなんですか?? 知らなかった・・・・

何を持って優れているかは借りる人によって異なります。
だから、あなたにとって最も優れていても、ほかの方にとって優れているかはわかりません。
また、0.88%になるのは半年だけです。
6か月経過後は今の金利だと1.2%です。
もっと条件がいい銀行はたくさんあると思いますよ【補足説明】新生銀行は手数料が5万円(安心パック利用で10万円)、保証料0円ということで、他の金融機関に比べると借入時にかかる費用が安いことが魅力です。
(2.1%かかるのは住信SBIネット銀行です)「初期費用が安いけど、毎月の返済額が高い」のがいいのか?それとも、「初期費用は高いけど、毎月の返済額が安い」のがいいのかが選択のポイントです。

2012/12/3 21:56:53

アベノミクスと住宅ローン金利の関係は?変動金利にて住宅ローンを組んでますが、この先金利はどうなるのでしょうか?

アベノミクスが成功すれば、金利は2-3年のうちに3~4%台に上がると思います。
これはアベノミクスが物価上昇を2%と設定し、それが達成されたのであれば、一般的に考えて物価上昇よりも金利のほうが高くなければお金を借りて物を買ったり設備投資をするような消費経済が成り立たないと思われるからです。
その場合、物価上昇率2%に1%以上の金利が上乗せされるのが適当と思われます。
アベノミクスが失敗したとしても、最初に影響が出るのは長期金利なので10年とか20年の固定金利が暴騰します。
おそらく7~8%はいくでしょう。
この金利でもバブル期並ですから十分あり得る話です。
もちろんこの程度の一けた金利で収まっていればまだ救いがあるでしょうが、財政破綻が現実味を帯びて来た場合は10%を超え20%に近くまで跳ね上がることも十分あり得ます。
ただし変動金利は、日銀の大規模な金融緩和のおかげでマネーが銀行にダブついているので、固定金利が暴騰してもしばらくは低金利を維持すると思われますし、また変動金利の支払い額の変動も125%以内というルールも邪魔して、ローン債務者は長期金利(固定金利)が暴騰したのに気づかずに安心してしまう可能性があります。
これこそが銀行のしかけた変動金利の罠なのです。
長期金利(固定金利)が暴騰したから変動から固定に替えようとしても、固定金利はすでに遥かに上昇してしまっているので月々の支払い額が大幅にUPするためおそらく審査が通らない人が続出すると思います。
今だったらまだ1%台でフラット35などに借り換えできますので、金利が暴騰する前に保険だと思って全期間固定金利に借り換えしておくべきだと思います。
どうしても変動で引っ張りたいと思ったら、マメに長期金利の推移をチェックされることをおすすめします。
(すでにここ数日は日本国債市場は売り一色によるストップ安で暴落しており、先週末から月曜日にかけて取引停止になるほど売られ、それに合わせて金利も上昇しています。
これにあわせて住宅ローン取扱い各銀行は固定金利引き上げをアナウンスしています)

2013/5/14 18:08:49

住宅ローン 金利交渉について・・・現在、住宅ローン35年を某都市銀行にて支払いしております。
約10年ほど支払い、残り25年ですが、最近住宅ローンの営業がよく来訪し、金利も安くなってきており住宅ローンの借り換えを勧められます。
正直、現在契約している金利【2.5%】は高く、インターネットで調べてみると1%を切っている住宅ローン金利もあります。
この事を、某都市銀行の方へ連絡すると金利交渉に応じるので、来訪して下さいと言われました。
正直、他の銀行へ借り換えすると、保証料や手数料がかかる為、今の都市銀行で金利が下がればいいなと思っています。
今、2.6%なんですが、いくらぐらいまで下げれると思いますか?

他の銀行の金利で借り換えたとして、手数料をいれた総額の支払いより、少なくなるギリギリの金利。
貴方の属性がよく、銀行との付き合いも濃ければさらに下がります。
交渉には借り換え試算表などwl、持参すればなお、下がるポイントですね

2014/10/16 23:26:55

住宅ローン金利、変動から固定に切り替えを迷っています。
最近住宅ローンを組んだ者です。
政権交代前でしたので変動にしましたが、最近毎日のように考えています。
TVなどでは早く固定に切り替えた方がいい!などと言っていましたので銀行にも相談に行ったのですが、今から組む人は固定が多くなってきたけれど、変動から固定に切り替えをした人はまだあまりいないです、とのことでした。
もちろん人は人、自分は自分で考えなくてはいけないのですが、迷っています。
2700万の35年ローンです。
月々の返済額が変動から固定にすると6000円ほどアップするようです。
(今の段階では)もちろん払えなくはないですが、毎月6000円は結構大きいなぁ・・・と思うとためらいます。
が、もっとあがって払えなくなるよりは・・・とも思います。
共働きですが、そこまで余裕があるわけではないと思っています。
心配で変動から固定に切り替えた方、いらっしゃいましたらご意見お聞かせください。
変動から固定に切り替えていない方、切り替える予定のない方はどういった考えなのでしょうか?よく聞くのは、繰り上げ返済して短期で返していける人が変動にするべき、とのこと。
うちは繰り上げ返済できてもここ数年間で100万くらいかなぁ・・・と考え、その先はまだどうなるかわからないので(出産等まだなため)短期ではなく長期で返していく予定です。
となると固定にしておいたほうが良いのでしょうか?毎日悩んでいるくらいなら固定にした方がいいという気持ちもありますが、銀行さんも「あがるにしても今の固定の利率よりも変動が超える可能性は少ないと思いますので変動でも問題とは思うんですけどね・・・」と言われたので迷ってきています。
但し今の変動から固定に変えると、優遇などもあり変動(現在) 0.95 固定 1.425となるようで、利率は0.475アップです。
無知な私の意見ですが、0.475くらいすぐ上がってしまうのでは?と考えているのですが・・・もちろん先のことは誰にもわからないのは承知の上です。
あくまで、各々のご意見として聞きたいのです。
宜しくお願いします。

今の銀行で変動金利が一番無難です。
現在の金利も上々の条件です。
このまま繰上返済を上手に利用しながらの返済をお勧めします。
金利上昇の傾向が見られるのは、長期固定金利物ですね。
毎月変動しますので、現在の動きはその範囲内かと思います。
allabout.co.jp/gm/gc/10455/いろいろなサイトで過去の金利推移が乗っています。
過去の金利は平均で4%程度とよく言われますが、これは昭和58年に民間住宅ローンで変動金利型が登場して以来の約30年間の平均です。
平成7年に変動金利が2%台になってから一度も3%台に上昇していません。
もう20年近くこの金利が定着しています。
さらに昨今では優遇幅なるものがどんどん拡大し、現在では質問者様のように1%割れが標準となってきています。
変動金利のベースとなる金利上昇する時は、基本的には物価が上がっているか、景気がよくなる、あるいはその両方というタイミングです。
その時にはご自宅の資産価値も上昇しているでしょう。
「金利の上昇するリスク」と 「上昇しないリスク」どちらを取りますかということです。
10年固定と変動を比較し金利差が1%とすると、支払額が逆転するのは5年後に金利上昇したとして、3%今より上昇した時だけです。
変動金利の水準でいけば、優遇前金利で5%後半水準です。
借り換えて、金利が上がらないリスクの方が高いと言わざるを得ません。
ご質問の5年以内にどれだけ、金利が上昇すれば返済額が逆転するかは計算できますが、ちょっと時間がないので割愛します。
しかし、0.475%の差を埋めるには5年の半分(2年半)は現在のままとして、その後、1.3%程度以上上がらないと総返済額は逆転しないはずです。
今の基準金利が2.475%ですので、4%近い水準です。
少なくとも私には想像できません。
固定期間5年の間に0.475%金利が上昇しても、現在の変動金利が圧倒的に有利ということです。
誤解のないようにして下さい。
また、5年経過すれば、金利は変動、固定とも同じ条件からリセットするわけで、感覚的に固定の方が安心というのは早計です。
銀行の方も含め、専門家を名乗る人でもなかなか計算できる人はいませんが、基本的には今のまま借入を続けるのが賢明かと思います。
固定を勧める方のコメントを良く見かけますが、よくよく精査してみるといつ頃に、どれくらい金利が上がれば、総返済額が逆転するのか計算している方は見かけません。
計算すれば、よほどでないか限り、変動の方が有利なシミュレーションしかでません。
現状の借入条件に瑕疵は見当たりません。
みすみす放棄するこはないと思います。
アベノミクスも日銀も金融緩和を「1つ目の矢」とした政策にしています。
金利の上昇は望んでいません。
株価の急上昇で金利が反応していますが、基本的には超低金利政策が続くと考えるのが一般的な見方です。
事実、長期金利が1%超えになった瞬間に株価が急降下し、金利も下げに転じました。
残念ながら、日本の経済はまだまだ金利上昇には耐えられない地力しかありません。
数字はどこまでいっても仮定でしかありません。
私は金利上昇局面も目の当たりにして経験していますが、この優遇幅がある現状では変動金利が無難と判断しています。
あとは自己責任でご判断下さい。

2013/6/1 00:37:14

住宅ローンの借り入れ2000万円、借り入れ期間18年、金利0.85%があります。
一般財形に500万円、金利1.0%もあります。
一般財形金利 < 住宅ローン金利なら、さっさと繰上げ返済するのですが、一般財形金利 > 住宅ローン金利なので、繰上げ返済するべきか、そのまま一般財形を残すべきか迷ってます。
やっぱり繰上げ返済すべきでしょうか?繰上げ返済しても手元に1年無収入でも暮らせるお金は残ります。

今住宅ローン金利が上がってきていますしばらく様子見てローン金利が上がってきたら考えても良いのでは住宅ローン減税も有るのならしばらく様子見です財形貯蓄を繰り上げてローンの返済シュミレーションして貰えばどちらが良いか解ります

2017/1/6 09:53:03

住宅ローンの変動金利はここ最近0.875とかの低金利があります。
数か月前は金利が1%をきるのは公務員とか高収入の人じゃないと無理と言われました。
自分もそう思いちなみに自分は1.075でローンを組みました。
35年ローンですが少しでも金利が上昇する前に繰り上げ返済を計画しています。
しかし最近の金利は安すぎます。
金利の見直しの際に金利が上昇してしまうとしたら 仮に見直し後1.2%になるとしたら自分も含め1%をきっている人も同一の金利になるのでしょうか?変動金利でのローンは金利が上昇した際の対処が大事と聞きました。
上昇した際にできるだけ繰り上げ返済の額を多く確保しておくのも大事とききました。
金利も今は安いですがこの低金利が続くとは思いません。
1%あがれば額が多ければ百万単位で返済額も変わります。
最初に金利を低金利(1%未満)で確定していても見直しの際にすぐに1%を超える場合もありますか?

変動金利は経済情勢の変動で上下することは良く理解されていると思われます。
たまたま景気が悪く低金利のままで推移してきましたが、今後災害復旧や原発に目処が付くと景気改善が見込まれ、金利は緩やかに上昇してくると推測できます。
上昇時は一部繰上げ返済や他金融機関に借り換えしてもらうなどの適切な対策を検討します。

2011/6/1 07:48:58

住宅ローンの変動金利を検討していますが良く判らないことがあります。
今後何らかの要因で金利がじわじわと上がり続けたとした場合、変動の返済額は5年に一度の更新で1.25倍ルールに抑えられると思いますが、実質1.25倍を超える返済額相当の金利変動となっていた場合、その分は返済額中の金利分の割合が増え、元金の返済が少なくなり遅れていくものと思います。
仮にこのような状態が10年後も15年後も続いたとした場合、本来のローン終了時期になっても元金が返済しきっていない状態になるのではないかと思うのですが、このような場合にはその債務はどのようになるのでしょうか?

変動金利が固定金利を超える…という事があるとすれば、それは相当に景気が良いという事ですが、今固定も変動も底と言われています。
変動も数十年上がってはいません。
最近少しばかり固定が上向いたとはいえ、今後どうなるかは不透明です。
今回答されている人も今後回答される人も「金利の話は当たり前の事しか出来ず、予想も出来ない」という点を踏まえ、自分も記載していこうと思います。
変動は半年毎の金利見直しがあり、上がるとしても最大1.25%という考えも、金利分の返済が増えるというリスクの考えもお間違えはありません。
ただ自分は問題点は返済時期がどうこうより、本来は返済金額が上がっていく事へ借りる側が耐えられるか、という事になるかと思います。
実際1.25上がってしまったとすると、借りている金額によりますが相当数返済金額が増えていることになります。
3000万円借り入れで金利優遇措置で0.875%程度になったとして、月の返済は8万3千円程度だったものが、最大数上がってしまった場合約2%と試算して(※少な目のどんぶり計算)約10万円です(※その時の状況による)問題は返済年数よりその金額を払っていけるだけの経済的余裕があるのかが最初だと思います。
この時点で固定に乗り換えようとする人はとても動きが遅い。
固定は変動が上がる前に金利が上がるからですね。
勿論質問者さんもこの程度は知識があるからこそ物件購入に着手しているものと思いますので、こちらも、変動金利は本来「金銭的余裕がある人が短期返済をする気で借りるべき」本質のもの・・という事はご存知の事と思って記載してます。
要するに金利上昇時期に一気に繰上げ返済出来る人は安心して使えるものだと思います。
ローンを組む際は「固定で組める」余裕があるけどあえて変動、だったら良いと思うのですが・・・変動金利でしかローンが組めない、状況の場合「資金不足」だと思いますので、その状況でローンを組むならリスクは覚悟するしかないです。
ですが、これも今までの話ですが変動上がってないんですよねー(笑絶対変動金利で悩む人はこのテーマが永遠のテーマなのですが。
不動産屋にしても「誰にもわからない」としか言えない部分です。
ローンの検討について、担当の方がいらっしゃるならFPの資格があるか、宅建があるか、それとも無資格なのかで随分質が変わります。
自分は物件2回買ってるので経験済です(汗なので検討の際にはこれはとても大事なので見極めてください。
特に銀行、変動1本ならりそなさんが安いですが、りそなは固定が高い、とか色々銀行にも色がありますので、調べてみるといいかもしれません・・・という事も、金利検討時にはもうご存知であるべき点なので、不動産屋の担当が指摘していると思う事に致します。
余談として。
変動金利でのリスク軽減で検討すべきは「ミックス金利」です。
・・・まぁリスクと言えば固定の部分は高いわけですし、2本立てローンなので繰り上げ返済が面倒だ、とか言われそうですが。
この辺りの提案や検討はされましたか?ともあれ、物件の契約前なら少し銀行選びにも余裕があると思いますので、検討段階なら色々考えてみるとよいと思います。
因みに、頭金2割入れる事と、保証金の前入れをする事で金利を下げる事もご検討下さいね。
(阿呆な担当だと本当にこういう事説明しなかったので、知っている事もあるかと思ったのですが記載している事もあります)バカ高い仲介料を取るのだから、そういう相手は徹底的に使って、ローンの試算やらに付き合わせるもよし(自分でもできますけどね・・・)あぁ、後は事前にかかりそうな固定資産税の事も念頭に入れてくださいね!買ってみたけど、年数十万?聞いてないよ!という事にならないように(汗(これも言わなかった担当が居たので・・・)お金絡みは慎重であって良いと思いますので。

2013/9/24 01:10:59

住宅ローン変動金利いつ改定?どこでみられるのでしょう?住宅ローンですが、私は基準金利2.475%で値引き1.7%の実質0.775%で3月契約しましたが、変動金利は全銀協が半年に一度改定すると聞きました。
いつ改定するのかどこでみられるのでしょう?

最近、テレビ・新聞で「住宅ローンの金利引き上げ」と話題になっていますが、これは、「長期」金利を基準とした、固定金利(5年とか10年とか)のことをいっています。
それに対して、変動金利は「短期」の金利(短期プライムレート)を基準にしています。
現在、「長期」金利と違い、「短期」金利市場は、低い金利で安定しています。
従って、銀行の変動金利は最近引き上げされていません。
テレビ・新聞等で「短期プライムレート引き上げ」とでたら、半年に一度の金利見直し時に金利引き上げを覚悟されて下さい。
(短期プライムレートは各銀行で定めるものですが、大抵、どこかの銀行が金利引き上げ・引き下げしたら、他の銀行も追随するので、各銀行横並びになります)

2013/6/16 13:52:08

車のローンの金利について質問です。
早期返済しようと思っていましたが金利はゼロにならないと言われ、ローンを払い続けるのと残りのローンを一括で返済するのとで差が10万ぐらいしかないと言われました。
これはほんとですか?それとなぜ金利は全く下がらないのですか?

まず、ローン金利って変動金利・固定金利どちらでも、0%にはなりません。
だって、お金を貸しているんですから。
おそらく主様の認識の違いかな?と思うのですが、早期返済=繰り上げ返済(5年200万の残高の内、100万を返済とか)・一括返済(5年200万の残高の全部を返済)のどちらかだと思うのですが、ローンをずっと払い続けると、契約した金利(変動なら契約で決められた時期ごとの見直し)で金利分を払います。
しかし、繰り上げ返済ならば、本来金利分を含めて返済する期間の元本だけを返済するので、この金利分については支払わなくていいので、返済額が減ります。
一括も同じくです。
早く繰り上げ返済をすればするほど、金利分を払わなくていいので、お得です。
ここで、金利分は減りますが、金利は下がりません。
あくまでも減るのはその短縮された本来ずっと借りっぱなしだったら払うはずだった、金利分の返済額です。
今の自動車ローンと金利ですが、10万しか減らないというのはあり得ます(ローンが50万くらいならそのくらいでも多いかもですね)。

2015/5/28 17:17:59

住宅ローン 金利の選択住宅ローンを組みます。
金利の選択をしなければなりません。
20年、地方の銀行です。
変動利益ですと、1パーセントくらいですが、今後金利の上昇があるのではないかと思うと少しでも固定の期間が多いほうがいいのかと迷っています。
担当者の話では、9割近くの人が変動を選んでいるそうですが、景気次第では急激に上昇することもあり、残金がなかなか減らない可能性も出てくるとのことでした。
実際に支払う金額は、固定期間10年だと変動の時より1万円、20年全期間固定だと、2万円程度高くなります。
金額がものすごく違うわけではありませんが、どの選択をすべきでしょうか。
アドバイスをお願いします。

その担当者とはどこの担当者なのでしょうか?私は銀行員ですが経験上で言って、今の変動比率は50%前後。
住宅金融支援機構の調査でも同じような結果がでています。
すくなくとも、変動が9割を占めていたのは、一昨年の12月前まで(つまり安倍政権誕生前)です。
ということで、その担当者さんのレベルの低さが分かったところで・・・・。
結局のところ、貴方が何を重視するかで全く違ってくるです。
変動金利は金利が低い一方、金利上昇リスクがあります。
実際に上がるかどうか、上がるときはどの程度上がるかはわかりませんが仮に1%上昇しても、今の固定10年よりも高い金利になるでしょう。
それに、変動金利って結構難しい商品。
貴方が金利上昇に対する対応力がある(少なくとも3%とかでも返せるだけの能力がある)。
毎日、日経新聞を読んでいて、金利に対するリテラシーが高い。
変動金利の仕組み(5年ルールや125%ルール)を理解しているなら変動にしても大丈夫です。
それができていないなら、変動は危険です。
じゃ固定は?貴方が何年間ぐらいは一定額にしたいかで答えは変わってきます。
お子さんの教育資金が必要な時期を固定にと考えても、お子さんの年齢で変わってきます。
逆に、10年ぐらいの間隔でローンを見直していきたいと思えば10年固定もあるでしょう。
結局、何を重視するかで変わってきます。
どなたか金融機関にお勤めの知り合いはいませんか?そういう人に相談に乗ってもらって、何を重視したいかをしっかり伝えて相談に乗ってもらうのが1番です。
少なくとも、不動産業者は素人以下の知識しかありませんから相談するだけ無駄です。

2014/3/8 22:25:45

-ローン金利

© 2021 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない