ローン金利

住宅ローンの固定金利はどこがいいでしょうか? 住宅ローンをどこで組...ローン金利

住宅ローンの変動金利初歩的な質問で申し訳ございません。
変動金利でお金を借りた場合、年に二回金利の変更があると思うのですが、その変わったという確認はどうやってするのですか?また、変更の何ヶ月前から次の金利が決まるのでしょうか。
変動金利から途中で心配になったら固定に変えようと思っています。
皆様のオススメローンの返済の仕方も教えていただけるとありがたいです…

「変動金利から途中で心配になったら固定に変えようと思っています」非現実的です。
変動が上がっているなら、固定は更に上がっていますというか、まさに今こそが「先行きが不安なので固定に乗り換える」タイミングですよ。
既に潮流は変わっています

2017/2/19 18:20:12

住宅ローンで、金利固定型を選ぶ時3年固定~10年固定か35年固定で迷っています。
(条件:3年固定1%、5年1.3%、10年1.5%、35年固定2.15% 「労働金庫」)今後の先行きで何年固定を選ぶのが得策でしょうか?年収は、約400万円 30年~35年でローンを組もうと考えています。
私は、長期固定(10年以上の固定)の方が、返済計画がしやすくていいかなと思いますが、銀行の方は、金利が低い変動か3年固定が一般的と言っていました。
35年固定は金利が高すぎるのでやめた方がいいと言っていましたが、2.15%は高いのでしょうか?知識がありませんので、皆様のご意見を頂きたいです。

現在は「超」がつく低金利ですよね。
その低金利時代に、35年も、固定で「超」低金利の恩恵を受けられるのは、ある意味、幸運ですがな。
35年といったら、ほんとに何が起こるかわかったもんじゃないですよ。
銀行が「固定」を嫌うのは、この先の35年間における金利変動をヘッジしなくてはならないから、資金調達がめんどいだけです。
金利が7%になっても、あなたからは2.15%の金利しかもらえませんから、その差額金利の御手当をする必要があるのです。
(個別にやるのではないですが)銀行がお勧めするのは、あくまでも「銀行からの観点からお勧めすれば」という理由であって、決して「あなたの立場から言えば」という理由ではないことを、まず認識しておいたほうがいいですね。
変動で、目先の「超・超」低金利を享受できるのは、7%に急騰するようなことがあっても、平気でローンを払える余裕のよっちゃんだけです。
短期固定で変動に戻したときに、このような状況を目にしたら、どうしますか?1989年がバブル絶頂期で、平成の鬼平が金利をガンガン上げて締めつけました。
その後の金利は下がる一方で、30年近く、金利急騰場面を体験していないんです。
だから、金利急騰というのがどういうものか、体感としてわかっていないので、その怖さがわからないんですよね。
とくに、家を購入しようとする30代は、知らんですよね。
バブル崩壊時は、金利がまだ高いところにあって、土地価格は急落・・・。
こういう時期に「固定」で購入した人は、銀行を替えて変動にする技が使えません。
担保が土地下落によって足りなくなりますから、新しい銀行は融資に応じません。
こういう時の「固定」選択はダメなんです。
バブル時代はまだ「まし」だったんですよ。
金利上昇率より土地価格上昇率のほうがよっぽど大きかったから。
ですが、今後の金利急騰場面があるとすれば、そんな「1億総不動産屋」のような時代にはならないと思います。
わたしは60歳ですから、35年ローンがこれから35年間に受ける経済変動はかなり大きいものになるのではないか、と思っています。
全期間固定をお勧めします。
現在の変動金利と比較した「固定」の割高金利は、「金利変動に対する保険料」のようなものですから、それだけでリスク管理ができてしまうわけです。
変動金利はある意味政府主導で決められます。
しかし固定金利は10年国債金利を指標とするので「市場」で決まるようなもので、コントロールはできません。
固定金利が急上昇しているのに、つまり日本国債が急落しているときに、変動金利だけ低位に留まり、金利間のスプレッドを広げたままにしておくことは不可能です。
ですから変土金利も上がります。
意味がわかっていただけたかどうかは不安ですが、「超」低金利で35年固定してしまうことは、借りるほうからすれば非常にメリットがある、ということです。
5年とか10年を固定にするぐらいなら、(金利変動は、短期より長期のほうが影響がある)35年を固定にすべし、ということです。
逆に、3年を変動にして、その後を固定、というほうが、まだ安心感がありますわ。
ですが、銀行はそういうローンを設定しません。
それがなぜなのかを考えましょう。
損する可能性が多いことは、やらないでしょ?普通は。

2014/7/5 19:50:15

築住宅ローンの金利の選択相談です。
○25年:変動0.775%(全期間変動・団信込)○25年:固定1.400%(全期間固定・団信込)固定or変動どちらがよいでしょうか?真剣に悩んでます。
お知恵をお貸し下さいませ。
借入金額は2250万円です。
変動金利・固定金利共に本審査は通過しております。
注)固定金利を選択した場合は、特殊な自治体ローンのため一部繰上げ返済はできません。
但、全額繰上げ返済は可能です。
私39才 年収700万円(税込)手取月給33万円前後手取賞与150万円前後(夏+冬)嫁31才 専業主婦子5才♀子3才♀ボーナス返済は予定しておりません。
退職金は1500万円程度の見込みです。
ローン実行後の金融資産は・・・◎私の預貯金150万円◎私の有価証券940万円(時価)◎嫁の預貯金150万円(推測)※私も妻も借入金は住宅ローン以外ありません。

将来、変動金利から固定金利への変更はできるんでしょうか?それによって多少判断は変わるかもしれませんが、「私だったら」という仮定で言えば変動金利を選びますね。
理由の1つは、当面、金利の上昇局面は考えづらい、という点。
もっとも、日本の赤字財政等を考慮すると、国債の暴落→債権の下落→金利の暴騰、というのは考えられなくもないです。
5年10年の内にそうなるだろうと強く信じていれば固定金利にした方が安心でしょうし、そうはならない又はなったとしても遠い先だろう、と思えれば変動金利が良いでしょう。
2つ目の理由は、目先の金利の安さ。
25年間ずーっと借り続ければ、返済総額は192万円ほどの違いになります。
返済額で見れば年間7.7万円程度の違いです。
もっとも、金利上昇のリスクを年間7.7万円で回避できると思えば安いかもしれませんから、やはり考え方次第ですかね。
3つ目は、固定だと繰り上げ返済できない、という制度が気に入らないです。
今後貯金に勤しんだところで大した運用ができるとも思えませんから、当ても無く貯金するよりは繰り上げ返済を随時行って支払い総額の圧縮に勤めるべきです。
変動金利だったら、それができるんですよね?もっとも、住宅ローンの金利以上の運用ができるのであれば、繰上げ返済しないで投資に回した方が賢明なのでしょうが・・・ざっと以上が私見なのですが、所詮は考え方次第です。
万人向けの正解はありませんし、ないから2通りのローンが存在するのだ、と割り切って、自分に合ったプランをご選択なされればと思います。

2012/1/25 11:10:50

ローンの金利や年利(?)がよく理解できていません。
50万円の物を61回払いで月々1万返済、年率8.0%だと総額いくらになるのでしょうか?無知な質問で恥ずかしいですが質問失礼します。

1万円を61回支払うのであれば、61万円になりますよね。
ただし、金利の端数計算があるため610222円ぐらいになりそうです。

2014/12/26 17:31:31

住宅ローンの金利は値切れる?銀行側から提示された金利を交渉により値切る事は可能ですか?他の銀行はまだ安いですよとか、相見積もり取るとか、安くしてくれないのだったら他で借りますとか。
普通は金利の交渉はしないものですか?銀行側の言われるままですか?宜しくお願いします。

値切れます! まずは手数料、次は保証料、金利、付帯できるガン保険、疾病保険などのサービス。
つめれば別のプランなんかも有るかもしれませんよ?。
とりあえず他の銀行にも当たってみましょう。
以外と他県から進出してきてる銀行も頑張ってくれます。
口座の開設を欲しがってる?給与口座からのローン額の毎月の移動もタダです。

2014/9/23 17:20:13

住宅ローンの金利が今0.775%と言われました。
安い方だと思うので、変動ではなく固定にした方が良いのでしょうか?3000万円の新築マンションで月々10万円程の返済の予定です。

<変動金利の一般的ルール> 1.金利は半年毎に見直し 2.返済額は5年間変わらない 3.返済額が変わる場合、前の返済額の1.25倍が限度半年後とに、短期プライムレート基準に金利が変わるしくみは理解していますか?<住宅ローンは変動金利を勧められるわけ> 変動金利は金利が低くて、固定金利は金利が高いのはなぜだと思いますか? 物事には理由があるはずです。
銀行は金利のプロ(実力は未知数)です。
近い将来、金利が上がると予測しているから?<銀行がガッカリすること!?> 金利上昇を予測したとしても、変動金利を借りても良い人がいます。
その人の条件は、 いつでも完済する用意がある人 低金利の期間だけ、恩恵を充分に受けて、金利上昇時にまとめて完済してしまうと、銀行はガッカリするでしょうね~。
1.貸したお金が返ってくる予定のある方 2.金利上昇時までに貯蓄ができる方 3.高金利の満期金などが入ってくるのが確実な方 などです。
そんな人は変動金利で金利上昇と共に住宅ローンを完済してしまえば、金利上昇のリスクはなくなります。
あなたは?

2012/10/1 08:52:30

住宅ローン固定金利について住宅購入にあたり、2500万の借入を検討しています。
借りる予定の金融期間で、35年固定1.98%保証料なし、繰り上げ返済手数料無料という商品があり、とても魅力的と思ったのですが、この商品はお得なのでしょうか?補足パンフレットには、団体信用生命保険付(借入額全額)、三大疾病、障害特約は年金利0.3上乗せと記載あります。

景気がよくなって金利が上がっていく思えば悪くない数値かと。
団体信用生命保険料は金融機関負担ですよね?あとは、金利が上がらず、その金利が『割高』だと思った時に見直すことができそうな金融機関かどうかがポイントでしょうか。
何となく、金融機関は窓口なだけで以後の交渉は受けてくれない気がしてなりませんが。

2013/7/26 22:57:45

住宅ローン金利の今後が心配です。
住宅ローン優遇金利や変動金利や固定金利とか住宅を購入するとき皆さんどのように決めていますか?住宅ローン金利を明日までに決定しなければならなく焦ってます!

住宅ローン金利の今後は、遅かれ早かれ上昇することが予測されます。
時々、不動産会社の営業マンが「今は金利が低いから、とりあえず変動金利の住宅ローンを組んでおいて金利が上がったら固定に切り替えては?」とアドバイスしますが、これは大きな間違いですので注意が必要です。
住宅ローン金利が低い今だからこそ、低い金利で固定することが大切です。
住宅ローン金利と言っても様々な種類や用語が御座います。
優遇金利、通期優遇金利、当初優遇金利、固定金利特約、全期間固定金利などを、しっかり理解して選択する必要があります。
出来れば、ファイナンシャルプランナーなどの専門家にご自身のライフプランをご相談してから、適切な住宅ローンを選んで頂いた方が賢明だと思います。
現時点で私がお奨めする住宅ローンは、フラット35です。
ご質問者様がどのような物件を検討しているか分かりませんが、もし、フラット35SのAタイプを利用可能な物件であれば、今月の実行金利で、当初10年間は、金利0.770%、11年目以降は、1.37%の固定金利ですので将来的な金利上昇による月々の返済額の上昇を避ける事ができます。
また、住宅を購入する際には、住宅ローン金利だけに目を奪われがちですが、購入時の諸費用も工夫次第で安くなります。
諸費用を安くすることによって住宅ローンの優遇金利並みの効果がある場合があります。
「住宅ローン優遇金利の選び方」や「諸費用を圧縮するコツとポイント」などは、下記で解説していますのでご参考にしてください。
www.bukken-chousa.com/juutakulorn1.html

2015/2/27 22:20:22

すごく勉強になります。
今日は不動産屋さんに決めるの待っててもらうことにしました。
田中様のアドバイス通りフィナンシャルプランナーに相談してから決まます。>

住宅ローンの金利引き下げについて質問です。
現在、三井住友銀行で変動金利型住宅ローンを組んでいますが他行への借換を検討していました。
三井住友銀行からも金利引き下げの話があったのですが、その際ローン一本につき5万円以上の手数料がかかるとのことです。
購入時のペアローンとリフォーム時のペアローンでローンが4本あるので手数料だけで20万円以上かかってしまいます。
三井住友銀行で金利引き下げ交渉をされた方皆さん同じ様な手数料をお支払されたのでしょうか?それとも手数料も交渉の余地があるのでしょうか?よろしくお願いいたしますm(__)m

私は他行でしたが、金利と保証料ともに引き下げ交渉可能です。

2017/3/22 11:59:15

ご回答ありがとうございます。質問がわかりづらくて申し訳ありません。金利や保証料ではなくて、取扱手数料です。よろしくお願いいたします。>

住宅ローンの固定金利はどこがいいでしょうか?住宅ローンをどこで組むかを検討しています。
変動金利も魅力的ですが低金利の時代なので全期間固定金利を検討しています。
年利は地元を拠点とする銀行が2.5%、三菱UFJが1.5%、フラット35が0.9%となっています。
団信は必要かと思いますが、フラット35(団信なし)+掛け捨ての生命保険が安いのかなとも感じます。
固定金利を利用し、安くリスクに備えるという点でオススメはございますか?よろしくお願いします。

全期間固定金利ならフラットでいいと思いますよ。
ただ、団信なし は取り扱ってくれない銀行もあるので審査の前に相談した方がいいです。
一般論ですが団信を申込みして、通らない場合は普通の銀行の住宅ローンは借りられません。
しかし、フラットは借りられます。
ただ、フラットも申込みして通らなければ仕方ないが初めから申込みすらしないという取扱は認めていない銀行が多いと思います。
ちなみに 掛け捨ての生命保険は団信の代わりとしては機能しないのではないかと思います。
フラット 団信アリをオススメ致します。

2016/10/26 06:28:10

-ローン金利

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない