ローン金利

住宅ローン減税と繰上げ返済で迷っております。 2,300万の35年ローン...ローン金利

住宅ローンの金利について質問です。
固定(年数はわかりません)だと1.4%くらい、変動金利だと0.975だという事でした。
一番知りたいのは変動金利の見通しです。
リスクはありますが、今後の経済もわかりませんし、最近は円も株価も上昇しています。
もちろん明確な答えは未来のことですから誰もわからないとおもいますが、私は経済財政もよくわからず、円や株価が上がっていくからといって、住宅ローンの金利も上がるともわかりません。
どなたか予想でも良いので教えて下さい。
固定か変動か、どちらがよいでしょうか?ちなみに借り換えで4000万円ほどです。

これが判れば大金持ちになれます。
誰にも予想は出来ません。
ただし、資産構造によってリスクヘッジが出来るのなら変動が良いのでは無いでしょうか。
借入金利上昇局面は、預け入れ金利も上昇します。
国債や株式、不動産、保険利回り等はそれぞれが連動して動きます。
金融機関固定金利設定の際にはローン単体での先行利回り予想をして、さらに金融機関にリスクが出ないように安全面に傾いた金利設定をしておりますので概ね利用者に不利になることが多いと思います。
逆に、負債のみの場合には収入と支払額を考えて、たとえ有利でなくても生活が破綻する可能性の少ない方を選択するのが良いのではないかと思います。

2013/1/26 17:55:49

住宅ローン金利引き下げ契約に関してですが7月上旬に金利引き下げ契約をかわしました!金利0.9%でそれに伴う事務手数料約5万支払日毎月26日、支払日前日までに契約を交わせば引き下げられた金利が適応されると説明があったのですが、今日確認してみたら今まで通りのローン金額に加え事務手数料もバッチリ引き落とされていました!銀行に電話したら時間外の為につながりません!皆さま方に質問ですがこういった経験された方はいらっしゃいますか?

元利均等返済を利用されているのであれば、返済額が同額で、元金と金利の割合の中で、元金が増え、金利分が引き下げ分変更になっているのではないでしょうか。
金利引下げ申込の際に、返済額を変更しない契約になってはいませんでしょうか。
返済予定表が変更手続き後、2~3週間くらいで届出住所に発送されるでしょうから、以前の金利の時の予定表と見比べて、元金割合が変更になっていること、金利表示が変更になっていることを確認してみると良いと思います。

2017/7/26 22:37:12

ご回答ありがとうございます。説明が不十分で申し訳ありません。契約の中で現在の支払い約9万から8万に安くなるとのことで契約したのですが実際は何も変わってませんでした、処理を忘れていたのか混雑で間に合わなかったのでしょうか?>

住宅ローンの金利優遇について住宅ローンを組むために審査を出し、OKをもらいました。
銀行から出された優遇金利が、ほぼ同じ状態(同じ銀行。
年収・年齢・勤続年数)での友達の優遇よりも悪かったです。
違う点は、借入金は若干私の方が高く、勤め先が友達の所よりも私の方が小規模です。
仲介の不動産屋には、勤め先の規模の違いでしょうと言われました。
素人の知識ですが、勤務先で変わってくるのは借入金の限度額だと思っており、優遇金利も違ってくることもあるのでしょうか?ローンの事は不動産屋が全て仲介しています。

住宅ローンは、金利も含めて条件面も人それぞれ優遇度合いが違います。
それは、先の回答者様もおっしゃるように、勤務先や年収、自己資金がどれだけあるか、など等、色々な面を総合して決まります。
スタンスとしては「安全な(貸し倒れリスクの少ない)顧客」ほど、銀行は優遇します。
勤務先が上場企業であれば、倒産やリストラのリスクは低いですし、年収は高ければ高いほど良いですし、自己資金が沢山あるなら、それまでにちゃんと貯蓄することのできる金銭感覚の持ち主という証拠になります。
我が家の場合は、恐らくかなり優遇してもらった方だと思うのですが、夫の会社が一部上場している事が一番強みだったそうです。
(知り合いのつてでローンを申し込んでいるので、担当者がいろいろ教えてくれました)あと、自己資金が物件価格の3割近くあったこと。
妻である私も正社員で、夫と同等の収入があり、出産後も仕事を続けられる環境にある職場だったこと。
など等から、他の銀行と比べても一番低い金利設定をしてもらえました。
その上、事務手数料と保証料も無料です。
あと、物件が大手ハウスメーカーのものという事で、さらに0.1%金利優遇だったそうです。
(担保価値の問題なんですかね~?)

2012/4/13 10:31:50

住宅ローンの金利について詳しい方教えてください。
住宅ローンを銀行から借りた場合、金利はどのようにしてついていくのですか?例えば、計算しやすいように、年利1.2%とすると、毎月○日に0.1%残額に対して利息がついていくのですか?月頭、月末とか。
それとも借り受けた日とかにつくのでしょうか?それとも1年に1回、決まった日に利息がついていくのですか?細かい話ですが、例えば、月末に利息がつくのであれば、月頭に住宅ローンを契約して借りるほうが1ヶ月分得になりそうな気がします。
物凄く、物凄く、細かい話になりますが、詳しい方よろしくお願いします(^-^;

毎月返済する分は、毎月 金利の1/12の利息がかかります。
ボーナス払いは、金利の6/12の利息がかかります。
そのため、ボーナス払いを含めると、支払総額が少し高くなります。
利息は、引き落とされる際、利息がかかり、同時に残高が減ります。
引き落とされる日付は、銀行により異なります。
候補が2~3日あり、選べたと思います。
> 月末に利息がつくのであれば、月頭に住宅ローンを契約> して借りるほうが1ヶ月分得になりそうな気がしますこのように考えるのは、多分初めだけだと思います。
そんな観点で考えるより、給料日の少し後の日付に設定するのが良いと思います。

2016/10/16 00:20:15

なるほど、わかりました。ありがとうございました!参考にさせていただきます。>

住宅ローンの金利のしくみ。
店頭での金利が変動2、675。
優遇?1、8結果0、875の変動金利でローン組む場合、ずっとこのまま優遇幅は?1、8なんですか?無知です、教えてください!

下の方同様、金融機関によって異なりますが、昨今の金利優遇はほとんどがずっと(全期間優遇・通期優遇)がほとんどです。
特に変動金利ならなおさらですね。
ローン契約の時に「金利に関する特約書」というものを説明の上、200円の収入印紙を貼付して取り交わします。

2013/4/22 12:36:55

住宅ローンの金利についてです。
僕は変動のリスクがある分、固定よりも変動の方が低いと思っていたのですが、今、福岡銀行のHPを見ると固定10年が3.05%に対し変動が3.075%となっていました。
確かにここ数ヶ月で景気の情勢は変わってきてますが、この金利は妥当な線なのでしょうか?

金利の下降が見込まれる局面では短期金利より長期金利が低くなることはあります。
ただ、今の日本はそういう状況ではないので、変動金利より当初固定金利の基準金利は高く設定されているところが多いはずです。
そういう意味で福岡銀行は少数派ですし、他の銀行より変動金利が高く設定されているのでしょう。
ただし、実際に適用されるのは、基準金利ではなくそこから引下げた金利なので、福岡銀行は基準金利が高い分、変動金利の引き下げ幅を大きくしてるのだと思います。
適用金利(住宅ローンのページを見て下さい)では、当初固定>変動となってるかまたは、当初固定<変動となっていても固定期間終了後の金利引き下げ幅に違いがあるはずです。
---補足;みずほの基準金利は当初固定>変動。
www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/housing_loan/plan/kinri_li...

2013/5/16 14:03:11

住宅ローン 金利 どれを選択しますか?2006年に1800万を35年のローンで地元ろうきんで借入。
これまでの9年間、3年固定を3回選択してきました。
金利は、借入したときから、今まで据え置きで変わらず、 3年固定 1.65% 5年固定 1.80%10年固定 1.90%20年固定 2.20%でしたので、3年固定を選択して9年間返済したのは、結果良かったのかなと思っています。
このたび更新の時期を迎え、ろうきんから金利の案内が届いたのですが、それぞれ0.05%ずつ上がっていました! 3年固定 1.70% 5年固定 1.85%10年固定 1.95%20年固定 2.25%ちなみに変動金利は、2.16%です。
上記の状況でしたら、みなさんはどれを選択されますでしょうか?ご参考までにみなさんのご意見をお伺いいただければ幸いです。
またみなさんの住宅ローンをどうされているのか教えていただくだけでも嬉しいです。
借入れしている銀行はどこか、金利はどれくらいか、などなど。
こういったことは普段みなさんはっきり口に出されないので、他の方がどうされているのか気になりますし、ぜひ参考にさせていただきたいです。
補足ご回答いただきました皆様ありがとうございますろうきんの利子は高いのですが景気に左右されにくく将来が見通しやすいということ、他の銀行に比べて対応が良かったことで決定しました。
公務員なのでほぼどの銀行も審査はとおります。
公務員と聞いた途端にしつこくする支店長もいました。
それが逆に嫌で平等なろうきんにしました。
しかし判断を間違ったでしょうか?

この時期の更新で金利が上がったのでしたら、今後更に上がるかも知れないですね。
自分だったらあと10年固定で組んで、その期間内に完済か、借り換えも検討しますね。
自分はみずほで変動0.705と10年固定1.15のミックスですね。

2015/1/10 00:11:22

補足読みました。
実は自分も教職です。
そして、借入当時両親がろうきん勤務(中央ろうきんで現在は退職してます)でしたので当然ろうきんも検討したのですが、やはり金利の高さと優遇面も満足いかなかった為やめました。
父親もカーローンは充実しているけど、住宅ローンはまだ他の銀行に一歩水をあけられていると言っていましたので。
確かに景気に左右される心配はないかも知れないですが、さすがに金利が1%以上違うので自分は大手都市銀行の方を選ばざるを得ませんでした。
現在の変動と10年固定ミックスの間に完済予定なので失敗はないと考えていますが、こればかりは10年後になってみないとわからないですね。
質問者さんは、対応も重視されての選択ですからそれで良いのではないですか?>

住宅ローン金利について、現在10年固定1.4で返済8年目になります。
残額2060万です、借り換えを視野に交渉した結果3年、1.25か変動1%を提案してきました。
借り換えを検討している所は住信で変動0.77、10年固定1.1手数料込みです。
どの選択がメリットありますか?

手数料込みでも安いならメリットあります。
団信保険や医療保険などが付いているなら、その条件も考えに入れて比較してください。

2016/1/15 14:45:33

住宅ローンに金利上乗せで疾病保障を付けられる場合がありますが、商品によっては、ガンは診断されたらすぐに残高が0円もしくは半額になりますが、その他の疾病については就業不能等の条件があり、満たせる場合があまりなさそうなので魅力を感じていません。
三井住友信託銀行のローンに付帯する保障で、ガンだけのもの(上記、診断されたらすぐに給付されるもの)があり、診断された場合に全額免除は0.2%、半額免除は0.1%金利上乗せでした。
仮に3000万を35年で借入れたとして、ざっくり金利による総返済額の差を見ると0.2%→120万ほど0.1%→50万ほどでした。
これを保険料と考えて支払うのと、ローンの外側でがん保険に入っておくのでは、どちらがよいと思いますか?個人的には0.1%上乗せで、ガンと診断されたらローンが半額になるものに入っておいて、外側でも最低限の保険(がん、医療)に加入しておくのもありかと思っているのですが。
ご意見伺いたく、お願いいたします。

がん団信は0.1%上乗せで全額返済免除になるものが結構ありますよ。
ですから、その銀行の上乗せ幅(0.2%)は大きい方だと思います。
ただし、そのガン団信には入院保障も付いているようですから単純比較はできませんが。
トータルの支払で見れば、0.1%から0.2%の違いは、確かに50万円~120万円になりますが、月々の返済額で見れば0.2%上がっても3千円弱ですね。
0.1%の違いでは1500円にもなりません。
がん保険は、基本的に診断給付、入院・通院給付から成り、そこに抗がん剤や先進医療等特約を付加して行くのが一般的です。
まとまった金額を受取れるのは診断給付金になりますが、どんなにそこを高額にしようとしても、1500円~3000円の保険料ではおそらく100万円も付けられないでしょう。
これに対し、0.1%上乗せローンなら、1500円弱の保険料で最大3000万円のがん保障が付けられるわけですから、このメリットは非常に大きいと思います。
もちろん、ガン罹患率は一般的に住宅ローン完済後に急上昇して行くわけですから、果たしてそうした保障が本当に必要かという議論はあっていいと思いますし、確率論等でガン団信は不要と言う意見を否定するつもりは全くありません。
ただし、”ガン団信は絶対に必要だと思うが、金利上乗せは嫌なので外付けでがん保険に入る”という考え方には、疑問を感じます。
がん保険では、通常治療費程度の給付しか受けられず、ローン返済の半分~全額をカバーすることなど到底できないと考えるからです。
(完済間近なら話は別ですが)繰返しますが、外付けのがん保険は、治療費をカバーするための保険であり、ガン団信の役割までは果たせません。
ガンに罹ったら返済免除という大きな保障を得たいのであれば、ガン団信に入るしか選択肢はないと思いますよ。
なお、ガン団信は通常、上皮内がんは保障の対象になりません。
ですから、そこの保障をプラスするために診断給付金が”上皮内がん同額保障”のがん保険に入るというのであれば、それは理に叶った選択だと思います。

2015/6/10 20:42:31

住宅ローン減税と繰上げ返済で迷っております。
2300万の35年ローン、金利は0.65%(変動ですが)ローンが始まってまだ2ヶ月です。
この場合は繰上げ返済した方が良いのでしょうか?200万円ぐらい繰上げ返済することを考えております。
お詳しい方の回答お待ちしております!

住宅ローン減税10年間の総額は最大で約197万円おそらく年収500・600万円前後が満額控除を受けられるバーになると思います。
今回はこれ(満額控除)を前提に話を進めさせていただきます。
<前提条件:2015年2月に2300万円・0.65・35年で借入>①控除期間中は繰上返済せず、終了後2025年1月に繰上返済した場合総返済額:約2539万円ローン控除合計:約197万円②2015年5月に繰上返済した場合総返済額:約2524万円ローン控除合計:約177万円総返済額の差額:2539-2524=15万円ローン控除の差:197-177=20万円∴①の方法が5万円有利このように計算上は、繰上返済を待った方が有利になります。
ただし、・控除期間中に変動金利が急上昇した・所得税支払が23万円に行かないこれらの場合は、計算結果も変わる可能性があります。
そもそもメリットは5万円とそれほど大きいわけではありません。
これらを踏まえ、どちらを選択なさるか慎重にご検討ください。
なお、10年後まとめて繰上返済をすることに決めた場合、200万円の運用方法として預金以外に変額個人年金と言うものがあります。
預金金利は通常金利0.03%前後ですから、10年後の税引き後利息は5千円にもなりません。
一方、期間10年間の変額個人年金で満期まで保有すると200万円が最低保証される商品があります。
■運用が上手くいった場合:10年後に230万円等増えた金額で受取れる (110%、120%等一旦達成した運用成績は、決して下がらない仕組みのものもあります)■運用が悪かった場合:最低保証があるので、10年後に200万円受取れるもし、マイナス運用で200万円の受取だったとしても、預金利息が5千円にもならないのですから、諦めはつくと思います。
”他に流用する予定がないのでしたら”、預金に置き放しにしておくよりも、こうした商品での運用が断然有利だと思います。

2015/5/25 03:11:41

-ローン金利

© 2021 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない