ローン金利

住宅ローンの金利について、どなたかアドバイスをお願いいたします。...ローン金利

住宅ローン金利についての質問です。
金利が上昇傾向にあると言われていますが、本当に、これから上がり続けると思いますか?現在、変動金利で返済中ですが、10年固定に変更すべきか悩んでいます。
わたしの予想ですが、一時的には上がっても、実態経済が良くならないと思うので、また、低金利に戻るのではないかと思っています。
広く意見を聞きたいので、よろしくお願いします。

思うか思わないかという推測の域でしかありませんが、質問者さんと同意見です。
・・・ですが、臆病ものなので、我が家のローンは、借りた時から固定です^^;

2013/7/4 14:49:56

住宅ローン金利は上がる一方、預金金利は下がっています。
これがアベノミクスの正体なのでしょうか?参議院選でも自公は圧勝するでしょうけれど国民は騙されていないでしょうか?なお民主党よりはマシだと思います。
補足長期金利に連動する住宅ローン金利が上昇するのは止むを得ないですね。
問題は預金です。
預金金利減=収入源です。
預金金利を決めるのも民間企業の銀行ですが安倍は年収150万増という夢を公言しておきながら銀行の動きを誘導しないのは可笑しいです。
錬金術でしょう。
株等に手を出せない小市民の資産運用は定期預金が関の山ですがそんな小市民まで投資に手をださせ損をしたら自己責任というアメリカ型の社会を目指すのでしょうか?

住宅ローン金利上昇は、阿部政権じゃなくても民主党政権のままでも想定内の上昇に振れます。
住宅ローン金利は、昨年10月5日の日銀政策決定会合で日銀が実質0金利政策を4年3か月ぶりに導入したため、今後上昇に振れるとでています。
昨年、実質0金利政策導入で住宅ローンの動向がどうなるか金融機関などのサイトを調べたことがあって、やはりそうだと思いました。
なお、黒田日銀総裁は、想定内の上昇ではない急激な上昇は許さないというコメントを出していた記憶があります。
◆補足を拝見しました)一般論ですが、定期預金などの金利を収入源を考えるのは、かなりの資産家でないと無理です。
元本保証の定期預金などでは年利1.01%~など無理だからで、海外では元本保証なしが一般的です。
定期預金などの金利をもう少し高くすればいいじゃないかと思わるでしょうが、高くするということは、日銀の無担保コール翌日物などの金利を高くするということなので、市中にお金が回らなくなって、さらに景気が落ち込みます。
庶民の資産運用は、投資信託商品でリスクが少ないものを選んだりするのが、近年の王道です。

2013/7/2 09:51:47

住宅ローン金利の事で迷ってます。
現在夫婦40歳9歳4歳の子供がいます。
6年前に、全固定35年金利3・050%で借りました。
現在 残金2654万 29年程残ってます。
借りてる銀行に相談した所、毎月返済額とボーナス返済額は変わらずで、固定金利3年が1.09%、10年が1.49%の二種類を進められました。
両方とも62歳前後の完済予定です。
今のままの全固定だと、69歳の完済になり、繰り上げ返済は出来ないと思います。
定年で完済できるなら変更したいけど10年後の金利の不安、ならば 今のままで安心したいという気持ちで、どうしたらいいのか迷ってます。
参考にしたいと思い、皆さんならどうされるかお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

?当初、3000万円位のお借り入れ?だったかと思いますが。
○毎月払いのみとして試算したら… 月額116293円×12ヶ月 <固定金利 3.05%>①2654万円、29年、3年固定金利 1.09%… 月額 88986円×12ヶ月 ②2654万円、10円固定金利 1.49%… 月額 93970円×12ヶ月 私なら②を検討します。
試算支払い金額と比較して、毎月の支払い差額は、22323円安くなります。
10年間同じですから、トータル<10年間>で約268万円も安くなります。
もし不安ならば、2万円の自動積立預金にしたら10年間で240万円<元金>の預金が出来ますよ ◇それを『繰り上げ返済』しても良いですし… ○一般的に借り換えの基準は、『10年間以上の返済期間+ 1000万円以上の借り入れ残債+ 1%以上の金利の差がある事』です。
貴方様の場合でしたら十分にプラスになります。
◇ご検討してみて下さい。

2015/1/17 21:54:48

住宅ローンの変動金利について是非ご教授下さい。
変動金利はリスクが高く、固定金利はリスクが低い。
と考えられていましたが、住宅ローン変動金利は、まるで変動せず、固定金利も低いままです。
しかしながら団塊世代が後期高齢者入りする2025年に社会保障費が財政を大きく悪化させるため、国債格付けが悪化し、住宅ローンの利率が上がると心配される方もいらっしゃいます。
しかし・・・そうでしょうか?私は東京オリンピックの開催やアベノミクスが続く2020年頃までは景気は良いかもしれませんが、消費税10%導入等や景気失速による懸念事項も多く、住宅ローンの金利が上がると思えないのです。
結果論ですが変動金利でも固定金利でも同じではないでしょうか?未来は予想が出来ず考えるだけ無駄かもしれませんが皆様はいかがお考えでしょうか?ご教授頂ければ幸いです。

変動金利で、昨年33年ローンを組みました。
先は、分かりませんが、いま金利が低いので、いま使わないといつ使う??という考えと、20年先に上がったとしても、残金が少なくなって金利が上がってもダメージが少ないので、気にしていません。

2017/5/18 21:10:08

なるほど・・・>

住宅ローンの金利は固定?変動?新築購入を考えています。
が、住宅ローンの金利を変動にするか、固定金利にするかで迷っています。
自民党が政権をとって、日本経済再生本部が成長戦略の実施を 計画しています。
成長戦略の概要はなんとなくわかりますが、それが実施されたところで日本の経済がどうなって、住宅ローン金利が今後どうなると予想されるのかがわかりません。
いまから住宅ローンを3000万、35年ローンで借りるとするならば、変動金利・固定金利どちらにしておくべきだと思いますか?詳しい方、ご意見をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

35年の長期借入であれば固定金利をお勧めします。
変動金利は金利の引き下げ幅(優遇幅)が大きいので、目先の返済額だけを考えれば負担は少ないと言えるでしょう。
ですが、この先3~5年程度は大きな変動がないとしても…10年以上も先のこととなると全く予測できません(国外、特に米国の経済情勢にも左右されますからね)。
将来の金利動向よりも返済能力から先に考えなければなりません。
現時点での固定金利で35年間無理なく(余裕を持って)返済できるのであれば、こちらを選択すればよろしいでしょう。
現時点での最優遇金利(変動金利)なら何とか返済できるというのであれば、物件そのものから見直したほうがよろしいでしょう。
変動金利がお勧めなのは・10年程度で完済できる・余裕資金が多い(いつでも繰上返済ができる)…といった場合ですね。
金利の変動要因(※あくまでも基本)・短期金利(住宅ローンの変動金利の基となるもの):その時々の資金需要や日銀の金融政策により決定されるもの。
・長期金利(同固定金利):将来の予想や期待によって決定されるもの。
国内景気が好況、国内物価が上昇、為替が円安、海外金利が上昇時に長期金利は上昇します。
また、長期金利は短期金利に先んじて動きますから、取り敢えず変動金利を選択して、金利が上昇傾向になったときに固定金利に変える…のはお勧めできません(諸要因によりローンの借り換えそのものが困難な場合もあります)。
いずれにしろ、大きな買い物ですから慎重に事を進めてくださいね。
参考までに…

2013/1/9 09:58:21

住宅ローンの金利を変動型にするか長期固定にするかで迷っています先週中古住宅の購入を契約してきました。
住宅ローンをネット銀行でしようと思い仮審査までは一応通り、本審査の申し込みをするために準備中です。
そこで金利を変動型にするか長期固定にするかで迷っています。
仮審査の段階では3年~5年の固定金利で申し込みするつもりでしたが、最近金利が上昇傾向にあるように思い長期固定金利にしようか迷っています。
先のことは誰も分からないのですが、みなさんはどのようなお考えでしょうか。
アドバイス、参考意見お待ちしています。
借入額1700万円 35年ローン子供3人(小4、小1、4ヶ月)父36歳母35歳

先の事は誰もわからないので不安ですよね。


質問者様の経済状況もわからないので、何とも言えないですが、少しでも参考になればと思い書かせて頂きます。
まず、今後金利が上がる心配があるなら、10年固定などを選んで不安と取り除く方法です。
もちろん、世の中の金利が上がろうが、知ったこっちゃないので安心できますよね?しかも、今はまだ固定金利も1.○%と全然低いです。
また、固定金利は支払いが終わるまでの返済額が確定するため、見通しを立てやすいです。
ただし!!!注意して頂きたいのは、固定期間が終了した時は、再度選択し直す必要があります。
その際は、その時点での金利が適応されますので、現在から何%上がっても支払っていけるのかをよくよく検討しておく必要がございます。
(金融機関にシュミレーションしてもらえるか確認してください。
)※固定期間終了後に、再度固定期間を選択する際は、金融機関によっては金利優遇がございますので、そこらへんも考慮してシュミレーションしてみてもらってください。
※最初の固定期間終了までが勝負です。
それまでになるべく繰り上げ返済を可能な限り行う事で効果絶大です。
次に、今後はまだ金利はそれほど上がらないであろう。
と、他人事みたいに感大な心をお持ちで、また経済の情報に常にアンテナを張っているようでしたら変動金利も良いかと思います。
変動金利は、今は1%を切っていますのでとても魅力的です!今まだ変動金利を選択している方も多いと聞きます。
ただし!!!「最初は変動金利で運用し、その後金利が上がりそうなら固定金利に変更したらいいでしょう」という意見には、落とし穴があるので要注意です。
それは、実は固定金利は変動金利より金利が上がるタイミングが早い傾向があります。
そのため、変動金利で運用をしていて、金利が上がってきたので固定金利へ変更しようと思っても、時すでに遅し!固定金利は更に金利が上がっている。


という事になりかねません。
また、変動金利にしていて金利が上がってしまうと、返済している金額が利息部分のみで、元金は全然返済できていないという落とし穴もありますので要注意です。
長々と書いてしまいましたが、私が質問者様でしたら、10年固定でシュミレーションを作ってもらい、それで(余裕を持って)運用していけるようでしたら固定金利にします。
金額も1700万円で35年ローンなら月々の負担額はさほど大きくないかと思いますよ!ただし、年齢が36歳と35歳とのことですので60歳までに繰り上げ返済をしてくださいね。
でないと、定年退職後…支払いできなくなるリスクがございますので。
なるべく後悔しない選択が出来ればと思い、投稿させて頂きました(^^♪

2013/5/20 16:33:30

住宅ローンは35年ローン、10年固定金利で借りようと考えています。
今後、変動金利はあがる可能性が高いですよね?固定金利、変動金利で借りている方の考えを教えてください。

変動金利30年で借りていますが、11年目に全額返済するつもりです。
金利はこの先上がるかもしれませんが、変動はまだ上がっていかないと思います。
固定金利は上がってきているそうですが、その後変動が上がったとしても、繰り上げ返済すればいいことだと思います。
期間短縮型のほうが削減できる利息の額は大きくなりますが、月々の支払額が厳しいというようなら、月々の支払額を軽減するほうの繰り上げ返済をすればよくないですか?そのためには、余裕を持った借り入れが大事です。
住宅ローンを借りれる額の最大まで借りた人は、固定金利を選ぼうと、変動金利を選ぼうと、家のローンを返すのに苦労して、何かを犠牲にしなければいけなくなってくると思います。
団信を保険ととらえ、繰り上げ返済をする気がない人は、固定金利のほうがいいでしょうね。
または住宅ローンを払ったら、生活がかつかつになる人は、固定金利のほうが安心だと思います。
変動金利は、上がったら繰り上げ返済できる人向けだと思いますよ。

2018/2/8 09:22:18

住宅ローン金利比較サイトで、新生銀行が良いとのことでした。
同ホームページを見ると、新規時は0;98%ですが、次回の半年後には1.2%程度(基準1.6%-優遇金利0.4%)になるのではないでしようか?他の銀行は、そのようなことは書かれていません。
そうすると当初の金利が高くても、(保証料や事務手数料を加味しても)他の銀行が安いように思います。
金利比較サイトには触れられていません。
教えてください。
補足回答有難うございます。
あくまで比較サイトの金利で具体的に教えてください。
例えば住信SBIネット銀行は変動金利が0.875%ですが(実質1.075%)半年後の金利(金利が上昇しないと仮定)も変わらず0.875%ならばSBIが安いですね。
この点が金利比較サイトには触れられておらず、一見新生銀行が有利と判断しましたが、比較サイトが不親切と感じました。
このように半年後に明らかに金利が上がるのは新生銀行だけでしょうか?

「次回の半年後には1.2%程度(基準1.6%-優遇金利0.4%)になるのではないでしようか?」という理解は基本的に正しいです。
(ただし、基準金利が変わる可能性はありますが)ただ、それをもって他の銀行が有利とは限りません。
変動金利で比較するのであれば、何%の優遇を受けられるかがポイントになりますが、提携や申込者の状況などで大きく優遇幅は異なるからです。
他の都市銀行で仮審査を受けご自身の優遇幅がわかった上で、保証料を加味して新生銀行と比較されれば、優劣ははっきりしますね。

2011/7/31 20:14:09

りそな銀行のリフォームローンの金利について教えて下さい。
1、融資金額400万、10年返済、変動金利2、昨年秋借入、4.475%で、現在まで金利変更なし3、以前は、勤務先の社内融資制度がありましたが、廃止になり、会社提携の金融機関がりそな。
質問事項は下記になります。
1、住宅ローンに比べて金利が高いのですか?2、住宅ローンとリフォームローンは、取り扱いが異なるのでしょうか?3、リフォームローンは、これ以下の金利はないのでしょうか。
?4、借入名称を変えれば、低金利で借りる事が可能でしょうか?借入時に、ちょっと疑問に思った事。
1、借入れた金額を即時、リフォーム会社に振込むのは理解できますし、手間も無く、便利です が、振込手数料が1800円でした。
リフォーム会社に連絡し、経費処理して頂けたので、込みで良かったのですが振込手数料が 1800円って、信じられないのです。
2、カードローンの申し込みを勧められます。
リフォームローン等、借り入れたら、カードローンの申し込みも付随しているような感じでした。
以上です。
・・・それなら、借りなかったらいいと言う回答は無しでお願いします。

住宅ローンと比べるなら大きな違いは抵当権設定をするかどうかでしょうね。
抵当権を設定をするローンは手数料(初期費用)が高いです。
会社提携の金融機関がりそなならローン審査もスムーズにいきそうですね。
金利はどこも横並びです。
銀行もお商売ですからリフォームローンが通れば次はカードローンを薦めますよ。
振込手数料が1800円・・・振り込みに関する手数料ってことでは?

2014/8/28 00:17:55

住宅ローンの金利について、どなたかアドバイスをお願いいたします。
新築マンションの購入を検討しており、今の超低金利時期で今後の景気回復を考えれば上がる局面で有ることは、十分理解しております。
しかし、一方で1%以下の変動金利をみすみす見過ごすことや、近い将来固定金利を超える程、本当に上がるのか?幾ら考えても暗中模索のまま自分なりの答えが出ません。
お勧めのプロのアドバイザーの方などでも構いませんので、ご教示をお願い致します。
参考にフラット35のセミナーにて金利動向の講演に出ましたが、このフィナンシャルプランナーの方は、講演依頼もあってか圧倒的に長期をご推薦されておられました。

素人ですが、私は悩んだあげく変動にしました。
理由としては、・現在、大半の人が変動にしているため仮に金利を大幅に上げてしまうと破産者が続出し日本経済が大変なことになるため国はそこまでしてこないはず。
・固定金利は銀行(プロ)が決めた金利であるため、「これなら銀行は損しない」という設定であるはず。
つまり、フラット35は別としてそれ以外の固定は変動が逆転する可能性は低い。
・フラット35は現在2%前後の金利だが、仮に変動がこれ以上に上がるには景気がかなり向上しないといけないため、もしそうなったとしてもその時は自分の給料も上がっているはず。
(バブル期で最高8%くらい)以上の理由により私は変動を選びました。

2014/7/25 07:42:44

-ローン金利

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない