ローン金利

住宅ローンの金利引き下げ交渉について。 2年前にろうきんで10年固定...ローン金利

住宅ローンの金利が上がったら返せなくなる人が増えてしまうから、そうなったらそれ以上は上がらないですよね?

えなんで、そう思うんですか?あがるときは、関係なく上がります。
というか、金利上昇で返済できなくなるようなローンを組む人が悪いんです。
そんな人は自己破産でもなんでもすればいいだけ。
普通の人は、返せないようなローンは組んでいません。

2017/6/11 17:13:36

銀行の人がそう言ってましたよ>

◆◇◆住宅ローン 比較 口コミ 借り換え 低金利住宅ローン借り入れ審査に通る方法を教えて下さい 銀行住宅ローン比較 住宅ローン固定金利ランキング住宅ローン(変動金利)ランキング住宅ローン借り換えランキングを教えて下さい。
住宅ローン審査で、借り入れ審査通りやすい住宅ローンを教えて下さい。
年収により住宅ローン審査に落ちる審査通過確率は大きく変わるでしょうか?住宅ローン借り入れの審査必要書類を教えて下さい。
あと、JA住宅ローン評判 JA住宅ローン審査 農協JA住宅ローン金利を教えて下さい 質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします

住宅ローンの審査、住宅ローン借り換えのことは、ミヤハシノリコさんのサイトがとても参考になりました特に参考になったコラムは、毎月12万円の住宅ローンが、借り換えによって月4万円になった補助金申請の記事ですかなりの人が補助金申請に成功しているようなので、私も申請の準備をしています自己破産して4年の人が、銀行住宅ローンを組めた記事なども、とても参考になりました

2011/3/4 14:29:11

住宅ローンの金利の引き下げをお願いしたいなと思っているのですが、電話で銀行に問い合わせるのはだめでしょうか?銀行自体が少し遠いところにあるので、電話で聞いてみようかなと思っています。
やはり、銀行に出向く方がいいのでしょうか?後、住宅ローンを組んだ支店でなくてもローンの金利相談にはいけるのでしょうか?アドバイスお願いします。

銀行員ですが、貴方は最低の人間であるという認識を持つことが大事ではないでしょうか?住宅ローンの金利は「契約」に基づいて決まります。
貴方は、契約に記載された内容に納得して承認したからこそ契約書に署名し捺印したはずです。
契約書の内容は絶対です。
それなのに、一方的に金利を引き下げしろ主張することは、この契約を完全に無視したものであり、日本という社会において許されるものではありません。
そんな、基本を身に持ち合わせていないことこそが、人間として基本を持ち合わせていないことです。
それでも、引き下げを主張するのであれば、引き下げを主張する根拠がきちんとあって、それを銀行に納得させることが必要です。
そのためにすることが、電話で済むと思っているとしたら、常識欠如。
人間として最低限の常識すらもちあわせていないということです。
アドバイスしてくださいの前に、自分自身が、いかに異常な主張をしているのか。
そして、それが日本という社会において、契約書の内容を一方的に無視して自分に有利なように変更しろとう常識がない主張をしているのかを知るべきです。
もちろん、貴方がそういう最低の主張をする以上、金利が上昇した場合には銀行の要求に従って、自身にとってマイナスの条件であっても、銀行が主張する条件変更に応じることを了承するということです。
ま、人間として、社会人として常識がない人が契約の重さが理解できるとはおもいませんが、そういう最低な人間であることぐらいは理解してください。

2016/10/20 22:11:23

住宅ローン金利はこれからもっと下がりますか?大手銀行の金利が先月より下がるそうです。
先月以前で住宅ローンを借りた人は損じゃん!↓<住宅ローン金利>一部大手行が引き下げ 駆け込み需要増で毎日新聞 8月29日(木)7時25分配信 一部の大手行が、9月の契約に適用する住宅ローン金利を引き下げる。
主力の10年固定型の最優遇金利を三井住友信託銀行が現行の年1.35%から1.25%に、三菱東京UFJ銀行も1.7%から1.5%に引き下げる方向だ。
住宅ローン金利の指標となる長期金利が低下傾向にあるうえ、住宅市場が活況なため、金利引き下げで顧客の取り込みを狙う。
三井住友信託は固定型の2、3、5年物もそれぞれ0.05%、15、20、30年物は0.1%引き下げる。
2年の最優遇金利は年0.45%と、同行としては過去最低の水準になる。
企業の資金需要が本格的に回復しない中、銀行にとって住宅ローンは有力な貸出先。
しかも、来年4月に予定される消費増税前の駆け込みで、住宅購入のための資金需要は盛り上がっている。
【工藤昭久】.

金利は上下はしますが、ここ20年ぐらいほぼ横ばいだそうです。
というのは不動産屋さんの話です。
そして銀行では、いろいろな商品が出ています。
10年確定のタイプもあれば、常に自分でインターネットバンキングを経由して一定の時期が来たら次に見直す時期を決めれるタイプもあります。
それと大手銀行の商品も悪くは無いですが、いろいろ比べると地銀の方が金利が安く設定できる場合もあり、一概には安いとも高いとも言えません。
自分に合った計画を立てて購入することが一番大事だと思います。

2013/9/2 17:32:12

住宅ローンの金利についての質問です。
2300万借りる予定で、まず10年固定で考えています、そして金利などを安い所にと思い、色々な銀行などを比べていたんですが、三月に探していた頃と比べたら 四月になって金利が少し高くなってました。
このままではどんどん金利が上がって行くのではないかと心配になり焦ってます!そしたら、知り合いが五月になったら金利がすごくさがるよ!と真剣に言ってたんですが、そんな事あるのでしょうか?新聞など、あまり読まない無知な自分であり、恥ずかしながら金利状況がわかりません。
どなたか詳しい方、回答よろしくお願いします。

金利予測は困難です。
金利も相場ですから毎日変わります、情勢に変化が無ければ毎日の変動幅も少ないのが普通です。
しかし今の状況は不安定ですね、今まで通りの金利下げ基調にはならないかもしれません。
今まで金利が下げ基調だったのは銀行や生保などが株式市場で資金運用が困難であった為、仕方なく国債を買い続けた結果、国債が異常に割高に買われたためです。
(国債が高いと金利は下がる) しかし最近の株式市場はおもしろいほど売買が活発になり上昇してきました。
つまり資金が国債から株式へシフトする環境が整ったわけです。
こうなると今まで買われた割高な国債は売られやすくなります。
(国債価格下落はすなわち金利が上昇) そしてその潮流ができ始めるとババヌキと一緒で割高に買った国債はすばやく売りに出され急激に金利上昇が始まる可能性があります。
過去を振り返れば金利が下がるのは長時間かかりますが、金利が上昇するのは急激に始まります。
住宅ローンの固定金利型は長期金利に連動して、変動金利型は短期金利に連動するそうです。
金利上昇局面では長期金利は真っ先に上昇して、短期金利は長期金利に追従するのでどちらも上がります。
この局面であわてて固定金利型を選ぼうとしても高いコストが上積されてしまうと思います。
まだ金利上昇局面にはなってないかもしれませんが、すでに固定金利型の上昇が始まったのは金利上昇が予測されるからだと思います。
そうなるとかつてのバブル期同様に住宅ローン金利と不動産価格がお互いに競争して高くなる可能性もありますね。

2013/4/13 23:28:33

銀行の住宅ローン金利が「過去最低」だからマンションを買う人は増えますか?都心のタワーマンションなど・・・どうよ?JーCASTニュースwww.j-cast.com/2012/12/01156309.html銀行の住宅ローン金利「過去最低」 消費増税前の「駆け込み建築需要」は起きるのか2012/12/ 1 13:00 大手銀行が2012年12月から、住宅ローン金利を一斉に引き下げる。
最初の10年間が固定の最優遇金利はメガバンクや、りそな銀行が年1.3%、三井住友信託銀行が年1.15%と、過去最低の水準だ。
消費税率が現在の5%から2014年4月に8%、15年10月には10%に、段階的に引き上げられる予定で、その「駆け込み需要」を狙ってセールスをかけるところも出てきた。
銀行にとっては不動産関連だけが有望分野 メガバンクなどの12月の住宅ローン金利は、足もとの長期金利が年0.710%と約9年ぶりの水準まで低下していることにあわせた動きで、0.05ポイント引き下げる。
住宅ローン金利はほぼ下限まで下がっていて、金利競争では他行と差別化しづらい。
そのため、繰り上げ返済をやりやすくするサービスや、収入が減ったり、健康を損ねたりしたときにも返済しやすいような商品を取り揃えた。
狙いは、家計の支出をできるだけ抑えようと、早めに住宅購入に走る「駆け込み需要」にある。
2014年4月からの消費増税は、それによる影響を考慮して1997年のときと同様に、増税となる日の6か月前の前日までに締結した請負契約の工事については、物件の引き渡し日が増税実施以降でも改正前の税率が適用される、「経過措置」を設けている。
つまり、2013年9月30日までに契約を締結すれば、引き渡し日が14年4月1日以降でも消費税率は5%でよいのだ。
ただし、建売り住宅や分譲マンションは、「引き渡し日」で税率が決まるので、経過措置は適用されない。
消費税の引き上げは2年先のこととはいえ、「大きな買い物」だけに消費者もじっくり考えて物件を選ぶ。
銀行が今から準備しても遅いことはなく、「先手先手で顧客を囲い込む」狙いがある。
また、みずほ証券チーフ不動産アナリストの石澤卓志氏は、「最近の不動産市場はマンション価格などで上昇気配があります。
景気悪化で資金需要が見込めない中にあって、銀行にとっては個人を含め不動産関連だけが有望分野という事情もあります」と、説明する。
石澤氏は、「駆け込み需要のピークは14年1月以降になるでしょう」と予測する。
住宅販売の現場は消費増税が「切り札」になるでは、肝心の「駆け込み需要」はどの程度あるのだろう――。
みずほ証券の石澤卓志氏は「住宅メーカーは冷静ですよ」という。
住宅メー

景気が問題ですね。

2012/12/3 20:41:00

住宅ローンの金利は上がりますか?日本の景気が良くなったら、住宅ローンの金利も上がりますか?すでに、長期金利は、上昇してると聞きました。
失われた20年で、低金利が長く続いて、今更、所得が上がって生活が良くならないのに、金利が上がっても、アメリカのサブプライムローン問題のように、返済出来ない人が、増えて銀行が、不良債権をかかえて、日本も結局は、景気が悪くなるので、住宅ローンの金利は、上げられないのでは?と言う考えもありますけど、さざなみ景気を超えて、戦後最高利益を出し、株価が2万円ぐらいまで、上がった時にも、所得は、増えませんでした。
日銀は、ゼロ金利政策を解除して、利上げしましたが、リーマン、ギリシャで、やられました利上げしても、中国やインドみたいに、バカみたいに上がらないでしょうが、上がっても1パーセントぐらいでしょうか?それぐらいなら、個人家庭も、しのげるレベルでしょうか?

銀行は慈善団体ではないから 国債の金利が上がればそれにあわせて貸出金利は上昇します長期国債は10年以上2%を超えてませんから それを超える上昇はよほどの事がおこならいとありえません今起こっている金利上昇は 景気回復への期待からのものではありません日銀が新規発行国債の7割超を買入れることによって 国債市場の流動性が著しく低下してます有名な話で海外のヘッジファンドが過去なんども 日本国債に売りを仕掛けてますがこれによる売り崩しに対して 今までは国内金融機関が買い支えていましたしかし 流動性の低下によって 国内の機関投資家までもが 海外勢と同じスタンスになりかけていることで 長期金利は一時1%を超えました今後は 0・8~1・0%レンジから ジリ上げすると思います異次元緩和といいつつ 結局アメリカの真似事で アメリカが出口戦略でつまづいて苦戦する姿をみると日本がまともな出口戦略を持っているとも おもえません日本の金融政策を 欧米が静観しているのは ただ日本の味方をしている訳ではありません教科書にない壮大な経済実験を 見守って将来わが身に起った場合の教材にしようと 見守っているだけです消費増税の実施が見送られ 基礎的財政収支の改善がいきだおれたら いずれ長期金利は制御を失うかもしれません今までの常識で物事を予測するのは 困難ですただ 長期金利の上昇=財政破たんですから 政府も指をくわえてみていないと思いますただし 本格的に破たんがみえてきたら 政府ができることなどなにもありませんそうならないことを祈るばかりです

2013/6/16 22:52:11

住宅ローンの金利について一戸建てを購入します。
頭金を払った残り2000万円をローンで支払いますが、共済組合の金利が、固定 1.79変動 0.725です。
20代後半夫婦で世帯年収は、1200万円くらいです。
みなさんならどちらを選びますか?共働きで、繰り上げ返済をどんどんしていけばそんなに長い期間にならないと思うのですが…素人なので、参考までに意見をお聞かせください!

meiseikukofuさんご質問の年収と年齢ならおそらく毎年200万程度の繰り上げ返済は可能でしょう。
それならば、変動金利を選ぶべきでしょうね。
10年程度で完済してください。
ただし、常に金利動向をウォッチしてくださいね。
常に動向を気にしていれば、変動金利の急激な上昇にも対処できるようになります。

2013/11/3 15:04:18

住宅ローンの金利が一番安いのはどこでしょうか?ランキングを見ると新生銀行が安いようですが、どうでしょうか?

ここはやばいですよ。
他の方が言うように安いのはたった半年です。
明確な嵌め込みがあります。
自分も2年前に新生銀行で住宅ローンを借りましたが変動で現在0.9%です。
これでも提携不動産会社による優遇を受けてですよ!提携不動産会社に紹介料5万を取られてこれです。
他はどれだけ金利を下げてもここの変動金利は安くなる事はありません。
初期費用が安いのは同意できますが、トータルは大損です。
他を検討することをお勧めします。

2016/7/28 10:30:25

住宅ローンの金利引き下げ交渉について。
2年前にろうきんで10年固定の1.6%で住宅ローンを組み、なんどか繰り上げ返済をして今の残高が600万くらいです。
手数料などを考えると、借り換えするほどの残高では ないので、今のろうきんのままで、出来たら金利を引き下げてもらいたいと思っているのですが、他行の金利シミュレーションなどを持っていったところで、借り換えするのにあまりメリットのない客のを引き止めるようなかたちで金利を下げてくれると思いますか?話が下手なので、自信がないのですが、ほんのわずかでも下がってくれたらいいなと思ってます。
何かアドバイスや、交渉話術など、なんでもいいので助言お願いします。

600万、微妙ですね。
金利下げてくれないなら借換するよと言ってもどうぞ。
借換ていいですよ。
って言われる可能性もある額でそうしたらもう借換しましょう。
余りメリットでないと思われますが。

2016/10/18 10:19:21

-ローン金利

© 2021 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない