ローン金利

住宅ローンの変動金利への借り換えについて教えてください。 現在10年...ローン金利

住宅ローンの金利について借り入れ 3300万円固定金利35年1.44%変動金利0.74%団信込みの値段です。
皆様ならどちらを選ばれますか?周りの人にも営業マンにも変動金利を勧められます。
しかし変動金利は将来的に不安がありなかなかローン決定に踏み切れません。
ネットでもそれぞれのメリット、デメリットを読みますが、、繰上げ返済も考えてはいますが将来何があるか分からないので( ; ; )

私なら変動です。
私の考えですが変動で借りながら固定と変動の差額分を貯金しています。
ご質問は固定の支払額-変動の支払額は月々11000円位の差がありますよね?金利が上がったらその差額分を毎月貯金して繰上げ返済に当てれば金利上昇してもそんなにダメージ無いと判断したからです。
仮に住宅減税が終わる10年までにそんなに変動していなければ差額分を繰上げ返済に当てます。
考え方ですが、2017年3月と4月の金利の動向を確認してみてください。
私は固定で借りているつもりで差額分を貯金しています。

2017/3/27 12:21:52

住宅ローンの金利は今後10年間でどのような推移を見せるのでしょうか?

今後、金利は上がるとは予想しますが数年は現在のような金利が維持されると予想します。
個人的な見解ですが。

2017/8/29 23:29:21

投資ローンについて。
固定金利1.5%から変動金利に変更することになりました。
その際に借りている私は担当者の方に担当者が変わるまでは返済しないですよと伝えていましたが、担当者から意外にも、返済してもらっても構いませんよと言われました。
ちなみに返済するお金はその口座にありいつでも返せる状態です。
銀行は私はどうでもいい客と思われたのでしょうか?この手に詳しいかたいらっしゃいましたらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

投資ローンは極度額タイプではありませんか?返済だけで解約しなければ、極度額は残り再度利用できるので、簡単に返済の話をしたと思います。
むしろ質問者さまの事を大切に思っていると判断します。

2017/3/20 01:11:55

住宅ローンですが金利が底の状態でこれからは上がる要素のほうが多かったと思いますが先日の大震災で住宅ローンの金利はどうなるでしょうか

大手銀行の固定金利は不景気であっても上がっています。
変動金利は、リーマンショックを機に下がりました。
変動金利は、景気の波に左右される場合が多いので、景気が冷え込めば下がるかもしれません。
このように金利の考え方は、大手銀行と信金では、違うし、金利の種類でも違いますのでよく見ておく必要があると思います。

2011/3/27 09:26:24

住宅ローン金利について住宅ローンの早見表を見ると100万円あたりの月々返済額がありますがあの数字を自分で計算して出すことは可能でしょうか?可能な場合は計算式を教えて頂きたいです。

できます。
ローン電卓など持っていないので、関数電卓でやっております。
借入金額×年利÷1200÷(1-(1+年利÷1200)∧-返済回数)だったと思います。
記憶で書いておりますので、間違ってたらごめんなさい。

2017/11/16 23:09:14

住宅ローンの金利経済のことが無知なので教えて欲しいのですが、アベノミクス効果で住宅ローンの金利はどうなっていくのでしょうか?昨年8月に18年の住宅ローンを借りました。
当初、2年固定0.7%を選びました。
つまり来年H26年8月に更新時期を迎えます。
まだ1年半以上期間があるので、その頃の金利が大幅に上がっていないか?心配になって来ました。
未来のことは正確には誰もわからないと思いますが、どういう見込みになる可能性が高いのでしょうか?教えてください。

ご心配になるお気持ちはよくわかりますが、正直こればかりは、将来どうなるか確実なことは誰にもわからないと思います。
将来景気が良くなる兆しが出てくれば、住宅ローンの金利も当然上がる可能性はあります。
過去には2006年から2007年にかけて、変動型住宅ローンの金利(店頭金利)が上がったことがありました。
その時の金利の上昇幅は0.5%ほどです。
住宅ローン金利が上がったのは、住宅ローン金利と連動している短期プライムレートが上昇したからです(そもそも変動型の金利は、短期プライムレートをもとにして決められている)。
そして短期プライムレートは、インターバンク市場の貸出し金利であるコールレートをもとにして決められています。
コールレートは「短期金利」とも呼ばれ、国内の経済状況に応じて日本銀行が誘導目標を決定しています。
従って日本銀行が、「景気は順調に拡大している」とか「景気が過熱してきたのでインフレを抑える必要がある」などと判断すれば、将来短期金利は引き上げられる可能性があります。
2006年には、「景気が良くなってきたのでゼロ金利政策を続ける必要はなくなった」と日銀が判断した結果、短期金利の引き上げ(金利誘導目標の引き上げ)が行なわれました。
短期金利が上がれば、当然それと連動した短期プライムレートや住宅ローン金利も引き上げられることになります。
ですからこの先、「アベノミクス効果」によって日本の景気が上向き始め、同時にインフレ率が上昇するようになれば、日銀によるゼロ金利政策の解除と金利の引き上げ、そして住宅ローン金利の引き上げが実現する可能性はあります。
ただしあと1年半で、はたしてそうした状況になるかどうか・・・・安倍政権は、来年春と再来年の秋に消費税率の引き上げを控えています。
消費税率を引き上げるためには、景気条項によって「デフレからの脱却と経済状況の好転」という条件をクリアーする必要があるため、消費税率の引き上げを予定通り行なうために、安倍政権はなんとしてでもデフレからの脱却と景気回復を成し遂げる必要に迫られています。
質問者さんが固定金利の更新時期を迎える2014年の8月といえば、2015年10月から実施予定である8%から10%への消費税率引き上げの可否を判断するタイミング=2015年4月を目前に控えた時期です。
そのあたりの時期であれば、税率引き上げを予定通り行うために、時の政権がインフレを誘導しようとしてしゃにむにマネーのバラマキに走っている可能性もあります。
つまり財政政策では「公共事業」と「減税」の大盤振る舞い、金融政策ではより大胆な金融緩和政策の実施です。
金融緩和となれば、当然現在のゼロ金利政策は続けられることになりますから、2014年8月の時点では、まだ短期金利や住宅ローン金利が引き上げられる可能性は低いと言えるかもしれません。
私も個人的に、今から2、3年で短期金利が急激に上がる可能性は低いと見ています。
ただし先のことは誰にもわかりません。
「来年のことを言うと鬼が笑う」ということわざもありますからね・・・・・

2013/2/14 09:23:46

住宅ローンで固定金利か変動金利が迷っています。
結局の所どちらが得かという話は返済が終わってからでないと分からないので毎月の支払いを少なくし、安定を求めています。
固定金利だとフラット35を選択したいですが、団信もあるし、金利も変動よりは高いです。
団信に加入せず、民間の保険で代用でもいいかと思いますが。
借入金は3100万、フラット35Sにも対応する新築戸建てを購入。
やはり、今の時期だと変動金利がいいのでしょうか?よいプランを教えて頂けないでしょうか?

あなたの収入とかがわからないので、何とも言いがたいですが、収入が多くて借り入れ後にどんどん繰り上げ返済して借入期間35年だとしても20~25年で完済するつもりであれば、変動のほうが安いでしょうねそうでなくて、借り入れ期間35年なら35年かけて返済しなけりゃいけないくらいの収入、または繰り上げ返済しても1~2回で、せいぜい毎月の返済額軽減もしくは数年の返済期間短縮程度であれば、固定のほうがいいと思いますよ総返済額として金利負担分だけで損得を考えるか、それとも返済できるかどうかで考えるかによって、どちらが得か損かは変わってきます

2017/8/13 05:55:34

住宅ローンを固定金利で払ってきましたが来月で期間終了になり固定にするか変動にするか選ばないとだめなのですがどちらがよいのかアドバイス頂けたら有り難いです。
現在残高730万円。
適用利率1'550%。
最終期限平成36年。
で後7年残っています。
固定を選ぶなら今の1`550%になるかはわからない状態です。

現在の適用金利は分かりました。
ただ、固定金利にせよ変動金利にせよ、来月から何%になるのか分からないと、誰も回答できないのでは…(・_・;金利交渉はもちろんですが、借換も含めて考えても良いとは思います。
残り7年だと終わりが見えてますし、残金730万円くらいなら、ネット銀行の変動金利への借換とかを考えるかな。
金利0.5%くらいのとことかありますから。

2017/8/8 13:15:38

住宅ローン固定金利について先日の日銀マイナス金利の適用により長期金利が史上最低値を記録し短期金利との金利差があまり変わらなくなってきました。
実際のところ35年固定金利で限界の金利ってあるのでしょうか?たとえばフラット35で0.6%を下回ると35Sの金利優遇マイナス0.6の適用により場合によっては金利が0という可能性もあるのでしょうか?銀行の損益等でぎりぎりってどうれくらいの金利なんでしょうか?

金利に限界はあるかと言われれば、銀行の体力(自己資本)と固定比率次第で決まりますと言う解答になります。
実際、公開している銀行は株価の関係もあり、これ以上の金利の低下は難しいと思われます。
よって、回答は限界金利は各銀行によってあるが、0という可能性はないとなります。

2016/1/30 22:15:54

住宅ローンの変動金利への借り換えについて教えてください。
現在10年固定の支払い5年目ですが、現在の金利状況より変動金利に切り替えを検討しています。
利率としては【約1.5%】ダウンするのでかなり支払い額が軽減されますが、固定から変動に変更した場合、今後金利上昇になっても固定へ再変動できないデメリットがあります。
アベノミクス政策、消費税増税等金利変動の可能性が考えられますが、今のタイミングでの変動金利への変更は得策でしょうか?宜しくお願いします。
補足多数の回答ありがとうございます。
やはり【10年固定】から【変動金利】に変更した場合、【固定金利】への再変更は出来ないとのことでした。
つまり変動金利へ変更した場合は、他行への借り換えを行わない限り残りの約30年間【変動金利】になります。
子育てが終わる今後10年間おおきな変動が無ければ問題ないのですが・・・。

現在変動金利で住宅ローンを返済しています。
変動から固定はいつでも変更出来る筈ですよ。
逆は、契約した固定期間中は変更出来ない認識です。
私の場合、なかなか出世出来ず給料も上がらない中、多額のローンを抱え、大幅な金利上昇を気にしていますが変更金利出ないと払えないのが現実です。
銀行員に相談したら、ここ15年、変動金利は大きく上下していないとの事。
悩まれる気持ち、よくわかります。
また、銀行員は、あえて今、高い固定金利にする必要はないというアドバイスはもらいました。
結局払うのは自分ですけどね。
お互い、頑張りましょう!

2013/10/18 21:29:57

-ローン金利

© 2020 どうしたら金持ちになれるのか絶望しかない